ピーターラビットに逢いにイギリス湖水地方へ・・

奇跡です~

友人がお仕事で湖水地方に来ることになり、オットと私はモモ(我が家のワンコ、ボーダーコリー4歳女子)を連れて会いに行くことにしました。
モモにとっては初めてのお泊りです。


ところで・・
友人の予定がギリギリまで決まらず、私達が宿泊施設に初めて電話を入れたのは金曜日(お泊りの前日)の夜。
当然、全滅です(笑)。
イギリスでは週末のご予約はお早めに!なのです~。
週末のレストラン、そして宿泊施設は日本では考えられないほど混んでおり、観光地の宿泊施設は数ヶ月前の予約が一般的です。


金曜日の夜、電話をかけた先々で、
「今から犬も一緒に泊まれる宿泊施設を探すのは絶対に無理」と言われてもめげず、出発の朝11時まで電話をかけ続けたのですが、やはり全滅
もうキャンプサイトに泊まるしかないかも・・と思い始めた時、一本の電話が・・


電話を取ったオットは、鳩が豆鉄砲を食らったような表情の後、イエース!イエース!!を連発。
昨夜問い合わせをしたB&Bのご主人からでした。
どうやら突然キャンセルがあったようで、彼が開口一番に「まだ宿を探しているか?」・・とオットに尋ねたのがあの顔(豆鉄砲顔)の真相です(笑)。


さて・・
今回泊まれることになったB&Bは、まさに私達が探していたエリアでした。
湖までも近く歩いて行けます。
しかも1人£35(×2)&モモ(犬)が£5の合計£75です。
これは考えていた予算の約半額。


神さま、どうもありがとうございますぅ~
おかげさまで楽しい時間を友人と過す事が出来、幸せな週末でした



ssR0012410.jpg

湖には貸しボートやクルーズ船が・・。


ssR0012421.jpg

湖の鳥たち。ミョーに人間慣れしていて、近づくと餌をねだります(笑)。


ssR0012452.jpg

夕食を頂いたレストラン。モモもレストランデビューしちゃいました~。


ssR0012445.jpg

地ビール。
パッケージのお顔がモモ(我が家のワンコ、ボーダーコリー)に似ています (親バカです)


ssR0012460.jpg

B&Bの朝食。イングリッシュブレックファーストです アップロードファイル


ssR0012482.jpg

民家の門柱に埋め込まれたポスト。
小さくて一見おもちゃみたいですが、ちゃ~んと使えます(笑)。


ssR0012491.jpg

ピーターラビットの作者、ビアトリクスポターの暮らしたヒルトップの家。
日本では間もなく映画「ミスポター」が公開されるということもあり、日本人観光客の方を沢山見かけました~。


ssR0012669.jpg

遊び疲れたモモ。

kissDN もっと湖水地方のお写真をご覧になりたい方はこちらへ・・。


テーマ:イギリス旅行 - ジャンル:旅行

2007.09.02 | コメント | トラックバック | お勧めの観光地など

イギリスのダイエット用冷凍食品で-15kg!

あの頃のワタクシは、原因不明の足の裏の痛みに常に悩まされていました( ・・・ 遠い目・・)。

足の裏は常に白く、夏でも触ると冷たくて見るからに血の巡りが悪そう・・。
・・とはいえ、
足の裏の痛みも冷たさも若い頃よりふっくらした身体も、人間年を取れば誰でも少しくらい問題があるさ・・と大して気にもしていませんでした。


ところがある日、
偶然鏡に映った自分を見て、腰を抜かさんばかりに驚いてしまったのです~ !絵文字名を入力してください
いえ・・、最初は鏡に映っている“大きな女性”がまさか自分だなんて思いもしませんでした。


イギリスに住み始めて、最初の半年で5kg大きくなりました。
その後5年でジワジワと(合計)13kg・・。
・・が、
13kgも大きくなったというのに、本人にはほとんど自覚がありませんでした。

モチロン、ワタクシの家にも鏡はあるのですが、鏡に映る時は「映るぞ、映るぞぉ~」と思いながら映るので、どうやら脳内映像補正装置が自動的に働いていたようです・・


この日、脳内映像補正装置が OFF の状態でうっかり鏡に映ってしまったワタクシの頭の中では、
ガー・・ン (←死語です~)という音が空しく響いておりました・・


さてさてダイエットですが、
最初の1ヶ月で8kg程痩せました。
後はジワジワと合計で15kg。
元より小さくなりました(笑)。


痩せてわかったのは、足の裏の痛みの原因は太りすぎだった・・ということ。
足の裏という面積の小さな部分に13kgもの余分な重さかかり、そのせいで足の裏が痛かったのです。

しかも偏平足だと思っていた足に、実は土踏まずがあったことも判明。
どうやら、重さのせいで足の裏が広がっていたようです(笑)。
長いこと偏平足だったので、自分に土踏まずがあるなんてすっかり忘れていました


そういえば・・
痩せてから10kg(5kg×2)の猫のトイレ砂をレジまで持って行った事があるのですが、ほんの数メートル歩いただけで足の裏がジンジン痛くなってしまいました・・。
10kgでも重いのに、13kgもの重り(お肉)をつけていたワタクシの日常は、過酷なウエイト・トレーニングそのものだったに違いありません・・


ところで・・
ダイエットで一番大切な事は 「強い動機」 を持ち続ける事ができるかどうか・・だと思いますデス。
この点、ワタクシはラッキー()でした。
挫けそうになる度、脳内映像補正装置 OFF 状態で見た自分の姿が

ガー・・ン という音と共に頭をよぎります(笑)。


ダイエット方法は当たり前過ぎですが、食事と運動。
食事は出来合いの冷凍弁当のようなものを利用しました。
ダイエット中はとにかく一日中ヒモジイです。
ヒモジイ状態でお料理を作るとつい作り過ぎてしまったり、(ダイエット中だということを忘れて)食べ過ぎてしまう事も・・


ssR0012991.jpg
イギリスの冷凍ダイエット食品イロイロ


その点、冷凍弁当はエライです~。
空腹を感じてから作り始めても電子レンジで約3分。
待ったなしで頂けます アップロードファイル
これだけでもダイエット中のストレスは、グンと減ると思いますデス


冷凍弁当を選ぶポイントは・・
一食分がパックされ一回の量がはっきりしているモノ。
揚げ物や油モノを避け、出来るだけ栄養価が高くカロリーが低い(400㌍以下)のモノ。


モチロン自然の食材で手作りできれば一番良いのでしょうが、ダイエット中のキッチンは鬼門なのです~。
また継続のためには多少(?)の手抜きは善なのです~


運動はダンベル体操を朝夕2回(10分)とモモも嬉しいお散歩を毎日10km。
運動オンチなので運動はこれだけでした。


結局合計15kg減って元より小さくなったワタクシですが、最近美味しいモノの食べ過ぎでまたジワジワきています・・
でもこの2~3kgを落とす・・というのが、なかなか難しいのです~


まずは 「強い動機」 を探さなくては!です~

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

2007.09.05 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリスのスタバは太っ腹?!

イギリスのスタバは太っ腹です~。

スタバにコーヒー豆を買いに行った時、新しい種類の豆を見つけました。
クラシックな人魚のパッケージがヨイ感じです(名前失念・・)。


ところで・・
私は甘い香りの重いコーヒーが好きで、いつも「カフェベロナ」を買っています。
新しい種類の豆を見つけると買って試してみるのですが、なかなかカフェベロナ以上に好みの味を見つけられずに現在に至っています。
味をハズしてしまうと悲しいので、最近は私も賢くなり(?)まずサンプルを頂く事にしています(笑)。

イギリスのスタバでは(お願いすれば)無料サンプルを頂けるのですが、ご存じない方も多いようです。
ある日私がレジで小さな袋に入ったサンプルを頂いていると、私の前に支払いを終えた女性から話しかけられました。


sR0013005.jpg


女性「それどうしたの?」
私「無料サンプルを頂いたのです~」
女性「えぇっ?!本当に??私も次回はもらわなくっちゃ!」


サンプルとはいえ、コーヒー3杯分くらいは余裕で作れます。
以前はサンプル専用の袋(今もあるのかはわからないです~)に入れコーヒー豆の名前のラベルを貼ってくれ、しかも(無料なのに!)50gくらい入っていました。


50gといえば大阪のスタバの販売最小単位です(さすが浪花の商人です~)。
(日本のスタバの最小販売単位は100gが一般的だと思います)
ちなみにイギリスのスタバの販売単位は、1パック:250gです(笑)。


でもでも根が小心者のワタクシ・・。
コーヒー豆を沢山買う時にしか、サンプル下さいと言えないのです~。

今回も「カフェベロナ」を3パックも買ってしまいましたんー汗



にぱ
コーヒーが不味いと言われるイギリスですが、そんなことはありません!
・・とお書きしたいところですが、本当の本当にイギリスのコーヒーは美味しくないです~(笑)。
不味いと言われるコーヒーの中では、スタバはかなりヨイ方なのです。

ただし!
スタバでも絶対にイギリス焙煎のモノを買ってはいけません!
全然香りがしませんデス~



sR0013016.jpg

もうカレコレ10年くらい使っているグラインダー。
エスプレッソから粗引きまで、イロイロなサイズに挽けて便利です~。


sR0013018.jpg

いざ、勝負ですぅ~


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.09.06 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリス発祥 ~スロージン~

今日の収穫。手前がスローベリー、後ろがブラックベリーです。
ssR0013076.jpg


今年は絶対に作らなくては!です~(キリリッ!)。

5年前に大量に作ったハズの「スロージン」が今にも底を尽きそうです
う~ん・・、一体いつの間にそんなに飲んでしまったのでしょう?

スロージンはその名前の通り、スローベリーを氷砂糖と一緒にジンに漬け込んだ果実酒です。
元々はイギリス人がスローベリーを安いジンに漬け込み、家庭用ドリンクとしたのが始まりだとか・・。
我が家では寒い季節のワンコ(モモさんボーダーコリー、女性4歳)のお散歩用です。
スロージンを頂ける・・と思うと、寒い季節のお散歩が逆に楽しみに・・(笑)。


今日はオットとスローベリーを摘みに行きました。
この季節、この辺りで自生するスローベリーがたわわに実をつけるのです


ssR0013110.jpg


ところで・・
私はスロージンを縦13cm横9cm厚さ2cm・・の平べったい「ポケットボトル」に入れて持ち歩いているのですが、コレがなかなかの優れモノ。
ただ平べったいだけでなく、ビミョーなカーブが付いているのです。
買った時には気が付かなかったのですが、使った瞬間にこのカーブの意味を理解しました。
ズボンの後ろポケットに入れると、丁度お尻の丸みに沿って実に違和感なく上手に収まる上、取り出すのもスムーズ。

ポケットから取り出して蓋を開けたら、そのままグビリ・・。
とろりとした甘い液体は口に含むとチュルリ・・と喉を通り、身体を素早く温めてくれます。
歩きながら、グビリ、チュルリグビリ、チュルリ・・・・


ふー・・、
何だか気持ち良くなってきてしまいました~




ssR0013033.jpg

我が家のワンコ、ボーダーコリーのモモに先導されて、家族総出(・・といってもオットと私だけですが・・)でスローベリー狩りです~。


ssR0013050.jpg


ssR0013049.jpg


ssR0013034.jpg

スローベリー


ssR0013038.jpg

ブラックベリー


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.09.09 | コメント | トラックバック | 伝統的な食べ物

イギリスでオークション3

ssR0013096.jpg

3度目のオークションです。
アンティークディーラーSさんに連れられ、またまたオークションに行ってきました~。(1回目と同じ会場です)

にこ 2度目のオークションは こちら です。 


3度目ともなるとワタクシも場の雰囲気に慣れ、あっちにウロウロこっちにウロウロ・・、会場を自由自在に歩き回れる余裕が出てきました。
トイレの場所だって、もうバッチリ(←死語デスカ?)です
(年のせいか、トイレが近いのですぅ~)


さてさて、オークションですが・・
前回前々回と同様、今回もガラクタからアンティークまで何でもあり~・・の宝探し気分を思い切り満喫できる、血湧き肉躍るめっちゃ楽しいオークションでした~ にかー!
ワタクシもノートとペンを片手にルンルン(←完全に死語です~)と会場を回り、気になる商品の番号を控えていきます。


そういえば・・
会場に入って真っ正面の壁に鎮座した掛け軸を筆頭に、なぜか日本のアンティークもチラホラ・・。
しかも素人目にも価値がありそうなものばかり・・。
こんな田舎で一体なぜ?



Sさんの戦利品リスト

鎧兜の武将の絵が描かれた大皿
浮世絵っぽい絵の描かれた花瓶
久谷焼きの小さな花瓶×2

今回のSさんの戦利品は、全て日本のモノ。
もしかしてSさん、日本贔屓なのでしょうか?



ところで・・怪しい英語 を巧みに操るワタクシですが、

日本語もソレに負けないくらい怪しい
です・・


どうかワタクシに漢字の意味を尋ねない下さい~っっ
Sさん、お願いプリーズですぅ・・ ???絵文字名を入力してください




ssR0013099.jpg
私の今回の戦利品。ビクトリア時代の小さな瓶イロイロ。

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.09.10 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

アンティークのおままごとグッズ

sR0013117.jpg

最近、ミョーにおままごと用のイロイロが気になります。

特に1950年頃のレトロな感じのするものに弱いです。
実用性も必要性も全くないのに、見つけるとつい買ってしまいます・・。


それにしても・・
おままごと用品の分際で、モノによっては実用品より高のはなぜなのでしょう?
実はこのおままごと用の調理器具セット、同じ年代(1950年代)の普通サイズのセットが買えるお値段でした・・。
見た目はめっちゃカワユイですが、お値段は全く可愛くありません・・ ・・・汗


(遠い過去に思いを馳せる目・・)
おままごと用品をぼんやりと眺めていると、いつの間にか少女時代にトリップしてしまいます。
近所の女にコ達と飽きもせず繰り返し遊んだ、おままごと。
ママになったり子供になったり、時にはパパになったり・・。
(パパの役はみんな嫌がったものです・・)
こうして考えると、おままごとは今でいう「ロールプレーイングゲーム」だったのですね~(笑)。

それにしても・・
泥のお団子や雑草のサラダを食べる振りをしながら、ミルク飲み人形をあやす不思議な遊び・・がなんであんなに好きだったのかは、今では全く謎です・・。


将来ママになる準備・・という説もありますが、ワタクシは「ママ」ではなくモチロン「パパ」でもなく、「ミルク飲み人形」になりつつあります・・。
(年のせいか(?)トイレがミョーに近いのですぅ~ ???絵文字名を入力してください





sR0013128.jpg

おままごとの調理器具のアップ。


sR0013129.jpg

おままごと用のティーセット。よ~く見ると、全て柄違いなのです~。


sR0013121.jpg

おもちゃっぽい1950年頃のピクニックバスケット。
セットされたカップやお皿の柄が、おままごとっぽくて超可愛いのです~
でもでも・・
お皿類が全部陶器なので非常に重く、実用的ではないかもです・・。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.09.12 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

イギリスでオランダ土産のトロ握り

アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0013169.jpg

前菜イロイロ。

sR0013140.jpg

生ハム盛り合わせ。


sR0013147.jpg

オットの好物、モッツレラチーズ&トマト。


sR0013150.jpg

焼きマッシュルームのオリーブオイル漬け。


sR0013151.jpg

サーディンの酢漬け。 入れ物は1950年代のアイスクリームカップ。


sR0013166.jpg

ガーリックブレッド&グリルドトマトのオリーブオイル漬け。


sR0013165.jpg

極ウマ、オランダ土産の「トロ握り」。

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

2007.09.14 | コメント | トラックバック | 暮らし おうちごはん

イギリスのお風呂事情

小さなバスタブが欲しいですぅ~

大体イギリスのバスタブは浅く長いのですが、我が家のバスタブは格別に長いのです・・。

長さは私の背丈ほど。
そのまま横になれるほど長いです。
形といい大きさといい、まるで棺桶のようです(笑)。
実際、入浴中にうっかり居眠りしかけては、何度アッチの世界へ行きそうになったことか・・ ・・・汗


ところで・・
イギリスでは、どこの家にも「給湯タンク」があります。
瞬間湯沸かし器が一般的でないイギリスでは、給湯タンクに溜めたお湯で家で使う全てのお湯をまかなうのですが、一旦タンクのお湯を使い切ったら(タンクにお湯が溜まるまで)しばらくお湯は使えません。


さてさて・・
皆さんもご存知のように、イギリスのお風呂はバスタブとシャワールームが同じ場所にないのが一般的です。
(バスタブの傍らにシャワーブースの付いたバスルームもあるにはありますが、非常に稀です)

バスタブの中で軽くシャワーで身体を流してからそのまま(身体にシャワーをかけながら)お湯を溜めるのが私の流儀なのですが、とにかく我が家のバスタブは大きすぎるのでお湯が溜まる前にタンクのお湯が切れてしまうことも多いのです・・汗
お風呂の前の「洗い物」は要注意!です(笑)。


・・というわけで
実は今、探しているモノがあるのです~。
それはビクトリア時代の「座浴槽」


sR0013209.jpg



「イギリスの生活誌~道具と暮らし~」によると、腰湯は疲れが取れるということで、特に馬に乗る人の間で人気があったようです。
アームチェア型のお風呂に腰掛けるように座って、足だけ出して・・
何とも気持ちが良さそうですぅ~
座浴槽ならお湯も少しで済みそうですし・・。


何よりも バスタブが棺桶になる心配 がなくてグッドですぅ~ にかー!




アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0013169.jpg

前菜イロイロ。

sR0013140.jpg

生ハム盛り合わせ。


sR0013147.jpg

オットの好物、モッツレラチーズ&トマト。


sR0013150.jpg

焼きマッシュルームのオリーブオイル漬け。


sR0013151.jpg

サーディンの酢漬け。 入れ物は1950年頃のアイスクリームカップ。


sR0013166.jpg

ガーリックトースト&グリルドトマトのオリーブオイル漬け。


sR0013165.jpg

極ウマ、オランダ土産の「トロ握り」。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.09.14 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

オットと晩ごはん

アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0013394.jpg


sR0013385.jpg
ファームハウスブレッド with パテ&ペースト

sR0013387.jpg
ハム with 胡椒&蜂蜜 / パルメザンチーズの薄切り

sR0013388.jpg
オリーブ / いわしの酢漬け

sR0013389.jpg
ひじきのキムチ和え


sR0013391.jpg
マカロニグラタン


テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

2007.09.16 | コメント | トラックバック | 暮らし おうちごはん

アイアンブリッジ(1)

sR0013262.jpg

世界遺産として有名(?)な、アイアンブリッジに行ってきました~。

本当は「コールブルックデール橋」という立派な名前があるのですが、「世界最古の鉄の橋」ということもあり一般的には「アイアンブリッジ」という名前の方が有名です。


この橋は名前の通り「鉄」で出来てはいるものの、実は溶接されていません。
木の橋を作ると同じように「鉄」を組み楔などの部材で固定した、「鉄」を「木」に見立てて作ったユニークな橋なのです。


橋の完成は1779年。
200年以上も前に川に「鉄の橋」を架けてしまったイギリス人、本当にアッパレ凄いです~
その頃日本は江戸時代真っ只中。(江戸時代は1867年まで)
頭にチョンマゲ乗せてました・・ ・・・汗


ところで・・
1986年にユネスコによって世界遺産に登録されたアイアンブリッジ(を含むアイアンブリッジ渓谷)は、特産品も名物も特別な見所もないこの辺りで唯一外国人観光客が訪れる世界的(?)観光地です。
橋の近くではアイアンブリッジマーク入りのマグカップやキーホルダーなどを販売する店もあり、観光気分を盛り上げてくれます
(でもでも、欲しい方いらっしゃるのでしょうか??)

sR0013451.jpg
アイアンブリッジマーク入りのバスです~。


さてさて・・
産業革命発祥の地として大いに栄えたアイアンブリッジとその一帯ですが、時代の流れと共に廃坑や工場跡がそのまま放置され、いつの間にかゴーストタウンに・・。
その後も街は荒れる一方だったのですが、元々あった施設などを利用した博物館が次々とオープンし、現在は観光の街として生まれ変わりました。
私のお気に入りの場所のひとつ、「ビクトリアンタウン」もこの博物館の中のひとつです。


皆さん~!
湖水地方」や「コッツウォルズ」だけでなく、(超)マイナーな世界遺産「アイアンブリッジ」もどうぞ宜しくお願いしますデス~ にかー!




sR0013242.jpg

このパブの近くに車を止めました。


sR0013243.jpg

アイアンブリッジに向かって、坂を上ります~。


sR0013264.jpg

このお店のお勧めは「ポークパイ」・・らしいです。



sR0013271.jpg

さぁ、渡りますデス。


sR0013290.jpg

橋の逆側から見た景色。美しいですぅ~  



おにぎり 今日の晩ごはんはこちらです アップロードファイル

テーマ:イギリス旅行 - ジャンル:旅行

2007.09.16 | コメント | トラックバック | お勧めの観光地など

アフタヌーンティーの真実!?

sR0013426.jpg

↑ダイニングとして使用していますが、本来はスィティングルームです


少し年上のお友達を招いて、アフタヌーンティーパーティーを開きました。

午後1時スタート・・とアフタヌーンティーにしては少し早い始まりだったので、お招きした皆さんにはお昼を抜いてきて下さるように事前にお願いしておきました。


シルバーの3段のケーキスタンドにサンドイッチとスコーン、そして生クリームをはさんだクッキーには粉砂糖をふんわりと振って・・。
スコーンにはクロテッドクリームとジャムを添えます。
ケーキスタンドに鎮座するのは、ビクトリア女王が大好きだったというビクトリアンケーキ(ビクトリアンスポンジ)。
ミルクとお砂糖たっぷりの紅茶を頂きながら、遅い午後にスタートする女性の社交場、アフタヌーンティー。

おぉぉ~
これぞまさにワタクシたち日本人がイメージするアフタヌーンティーです~ にかー!


ところが・・
実は現代の一般的なイギリス人の間には、私たち日本人が憧れイメージするようなアフタヌーンティーの習慣は(全く!)ありません・・

モチロン・・
イギリス人の皆さんはスコーンを頻繁に食べますし、スコーンにはジャム・・そして時にはクロテッドクリームを添えることもあります。

・・が、決してサンドイッチやスウィートと共にスコーンを3段のケーキスタンドに盛ってサーブしたりはしないのです~。


友人のイギリス人Hちゃんに尋ねたところ、家でアフタヌーンティーをする習慣を持っていたのは、彼女の祖父母(ビクトリア時代に生まれた親を持つ)世代が最後のようです。
アフタヌーンティーは前時代的な習慣なのです。

彼女いわく、(上流階級の方々はわかりませんが)庶民は自宅でアフタヌーンティーパーティーを開いたりはしないそうです(笑)。


う~ん・・
イギリスの「アフタヌーンティー」は、日本の「茶の湯」に似ているような気がします。
日本人なら誰でも「茶の湯」を知っていますが、ほとんどの日本人は家でお茶を点てたりはしません。


つまりワタクシのやったことは・・
イギリス人がイギリス人を招いて茶事を催すようなもの・・ ・・・汗

ガビー・・ン! (←死語です~)



sR0013427.jpg

ティーセットはすべて私の大好きなウエッジウッドのクイーンズウェアです~。


sR0013430.jpg

ケーキスタンドにサンドイッチ・スコーン・クッキーを盛って・・。


sR0013431.jpg

私の大好物、ビクトリアンケーキです~。
ケーキスタンドはスタンドの下に台のついた珍しい形。アンティークです。


テーマ:簡単おもてなし料理&デザート - ジャンル:趣味・実用

2007.09.22 | コメント | トラックバック | アフタヌーンティー

アイアンブリッジ(2)~超マイナーな世界遺産~

sR0013575.jpg


先週に引き続き、(たぶん)イギリス1マイナーな世界遺産アイアンブリッジに行ってきました(笑)。

お目当ては
アイアンブリッジ名物 (?) ポークパイ

先週食べ損ねてから、ずっと気になっていました(笑)。
モモ(我が家のワンコ)のお散歩を兼ねて、アイアンブリッジ再び!です。


キョロキョロ・・
奥には店主と思しきオジさまと明らかに店員な若者が見えます。
店内にお客さまはいらっしゃいません。
本当に美味しいのでしょうか?
よく「名物に美味いものなし」などと申します。
今日はせっかく(?)お腹を空かせてやってきたので、とにかくドキドキしながらも店内へ・・。


ところで・・
(先週の日記にお書きしたのですが)一般的にイギリスのポークパイはケモノ臭く、ほとんどの日本人の方は臭いが気になって食べられないのではないかと思います。
私も先週からポークパイが気になってはいたものの、味には全く期待をしていませんでした。
そんなわけで、
保険として味にハズレのなさそうな「ペースティー」も一緒に買う事に・・(笑)。

ムフフ・・(←死語です~)
辛いものラブ な私は店の入口に書かれた「ホットペースティーあります」の文字を見逃しませんでした~(笑)。
(イギリスの「HOT」はよく「辛い」という意味で使われます)
私は期待でいっぱいで若者に尋ねました。

「あの~、ぺースティーとホットペースティーは何が違うんですか~?」(ワクワク・・)

な、なんと・・
HOT=熱い・・でした。
うっかりしていました・・ ・・・汗
HOTには「辛い」の他に「熱い」という意味もあるのを(故意的に?)忘れていました・・。

若者は私の問いに一瞬キョトンとした顔をした後に、
「ただ熱いだけ」
・・と、ヒーターが付いたショーウインドーを指差しました・・。
(恥ずかしいですぅ~)。


ホットペースティーは予想通りフツーに美味しかったです。
外のテラス席で頂いたので、温かい(熱くはなかったです~)ペースティーはじんわりお腹を暖めてくれました。


さて、
問題の(?)「ポークパイ」ですが、
これが予想に反して、めっちゃ美味しかったのです~
心配していたケモノ臭さは全くありません。

サクッとしたパイ生地に香辛料の効いたジューシーな豚肉。
お肉の周りはプルプルの(肉から出た)ゼリー・・。
今までイギリスで頂いたどのポークパイよりも、ダントツ一番で美味しいかったです。


皆さん~っっ
超マイナーな世界遺産、アイアンブリッジにお越しの際は「ポークパイ」をぜひ!です~ にかー!




sR0013264.jpg

ポークパイが美味しいと評判のお店。


sR0013563.jpg

店主らしいオジさまと店員の若者。


sR0013561.jpg

ショーウィンドーの中。


sR0013566.jpg

「アイアンブリッジマーク」入りの袋に入れてくれます。


sR0013569.jpg

アイアンブリッジ名物(?)ポークパイ。


sR0013572.jpg

プルプルのゼリー、見えますか??


sR0013570.jpg

ホットペースティー。


sR0013571.jpg

ホカホカです~。


テーマ:イギリス旅行 - ジャンル:旅行

2007.09.23 | コメント | トラックバック | お勧めの観光地など

イギリスのマナーハウスでアフタヌーンティー in CREWE HALL ~銀の3段ケーキスタンド~

マナーハウスにアフタヌーンティーに行ってきました。

ssIMG_4869.jpg


実は友人が日本へ本帰国をすることになったのですが、彼女は7年もイギリスに住んでいたというのに、なんとアフタヌーンティーに行ったことがないというのです・・  
・・というわけで、
急遽「CREWE HALL」で送別会をすることになりました~


銀の三段トレーには、スコーン・ケーキ・サンドイッチ・・。
いわゆる日本人が期待し憧れる バリバリの (←死語です~)アフタヌーンティーです(笑)。
(あれ・・、 どこか で同じような事を書いた気が・・)


実はワタクシ、「CREWE HALL」は3回目。
不思議なことに、何度お邪魔しても初めての時の感動は全く色褪せず、毎回その優雅で凛とした雰囲気には畏敬の念を禁じえませんデス!
でもこれって・・
外国人が「茶室でお抹茶~」に意味もなく感動する様子と非常によく似ているような気が・・(笑)。


さて・・
「CREWE HALL」ですが、我が家から車で約1時間・・とそう遠くない場所にあるんので、ちょっとした特別・・例えば日本からお客様がいらっしゃる時などには、今後もヨイ仕事をしてくれるに違いありません にかー!


そういえば・・
前回日本からのお客様をお連れした時も(予想通り!)とても喜んで頂けました

モチロン今回の送別会メンバーにもめっちゃウケていました
何しろ一流ドコロに引けを取らないゴージャスな雰囲気なのに(紅茶の種類が少ないなどの不満はあるものの)、値段はリッツやサボイの半額以下(£15.50)
グラスシャンパンを付けても約£22と超リーズナブルなのです~。


皆さぁぁ~ん
イギリスにお越しの際は、マナーハウス ~CREWE HALL~ でゴージャスで優雅な午後のひと時・・を
意味もなく感動して 過ごしてみませんか~?




ssR0013702.jpg

マナーハウス ~CREWE HALL~


ssR0013653.jpg

フロント


ssR0013670.jpg

アフタヌーンティーを頂いたお部屋


ssR0013672.jpg

高さのある椅子の背もたれが人目を遮り、個室っぽい感じです



CREWE HALL
住所: Weston Road,Crewe,Cheshire CW1 6UZ
電話: 0845-0740061
HP : http://www.qhotels.co.uk/hotels/crewe-hall-crewe-cheshire.aspx


kissDN もっとCREWE HALLのお写真をご覧になりたい方はこちらへ・・。


テーマ:アフタヌーンティー - ジャンル:趣味・実用

2007.09.24 | コメント | トラックバック | アフタヌーンティー

ミシュランの星間近? ~la Becasse~

「Lの会」です

Lの会のLはランチのL。
食事が不味いと悪名高いイギリスですが、探せばきっと美味しいレストランも見つかるハズ・・と結成されたムボーな会です。


実はこの「Lの会」、オリジナルメンバー(?)の「Lの会」とそれよりも年齢が少し上のメンバーで構成された「SLの会」なるものがあります。
参加資格は○歳以上・・。
ご察しの通り「SLの会」の「S」はsenior(シニア)のS‥。
何だか書いていて少し悲しくなってきました(笑)。


今回はフツーの「Lの会」です。
お邪魔したのは「la Becasse」。
レストランの場所は、イギリスではグルメの街として名高い「ラドロウ」のハイストリート。
この街は日本の雑誌でも紹介された事があるので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。


今年になってロンドンに引っ越してしまったミシュラン(ミッシュラン?ミッシェラン??)の2つ星レストラン「Hibiscus」の後釜(?)としてオープンした「la Becasse」。
「Hibiscus」が引っ越したと知った時はあまりのショックにめまいがしましたが、その後に入るレストラン「la Becasse」も本店はミシュランの星付きと・・聞き、気を取り直して偵察に行くことに・・(笑)。
(ミシュランは店舗ごとに評価をする為、オープンしたばかりの「la Becasse」にはまだ星はありません)


お昼のコースは£24~。
もっとお高いアラカルトメニューもありましたが、初めてのお店なので慎重に!です(笑)。
前菜・メイン・デザート、それぞれ3種類あるメニューの中から好きなものを組み合わせてオーダーします。
飲み物はお店の方が進めて下さったアルコール度数3%のナントカ(名前失念。年は取りたくないものです~)という飲み物を頂きました。


さて・・
前菜の前にプレ前菜としてデミタスカップに入ったスープが運ばれてきました。
これがめっちゃ美味しいかったです。
あまりの美味しさに全員言葉を失ったほど・・(笑)。
この時の私たちの確信通り、とにかく全てが素晴らしく美味しかったです。
※ ただひとつ言わせて頂けるのならば・・、コーヒーと一緒に運ばれたチョコに一工夫欲しかったです。

これで一人£24。
食後のコーヒーの分とチップを入れても£33くらい・・?
この内容なら、ソレってけっこーお徳かも~・・とメンバー全員が思っていました。

・・が、
私たちが支払ったのはひとり£41.5・・ ・・・汗


あのナントカという飲み物、アルコール度数が3%のくせにワイン並みのお値段(£30ちょっと)していました・・。
いえ・・、オーダー前に確認しなかった私たちが悪いのですが・・。
(値段とお味から察するに、アルコールが強くない方用のシャンパンのようなもの?だったのかもです)


でも、まぁ、お料理がめっちゃ美味しかったのでヨカッタことにしますデス。




sR0013758.jpg
プレ前菜(スープ)


sR0013761.jpg
前菜(鴨)


sR0013763.jpg
揚げた茹でタマゴを割ると中から黄身がトロ~リ・・


sR0013766.jpg
メイン(オックステールの赤ワイン煮)


sR0013767.jpg
プレデザート(アップル&カスタードクリーム)


sR0013772.jpg
デザート(マンゴーアイス)


sR0013774.jpg
コーヒー


sR0013775.jpg
コーヒーと一緒にサーブされたチョコレート



la Becasse
17 Corve St. Ludlow, Shropshire, SY 1DA
01584-872325

www.labecasse.co.uk

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.09.28 | コメント | トラックバック | お出かけ(外食など)

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


08 ≪ 2007/0910
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png