ピムス(PIMM'S)カクテルの作り方

sIMG_6959.jpg


初めてのお家でピムス!です。

ピムス・カクテルは、イギリスの夏の風物詩的な飲み物・・なのだそうです。
実は以前パブで頂いた時の印象が今一つで、それ以来ずっと敬遠していました。
今日PDSAのチャリティーショップに行った帰り、急にオットがピムスを飲んでみたいと言い出し、初めてピムスを買う事に・・。
モチロン私は強く止めましたが・・。


ところが・・
初めて自分で作ったピムス・カクテルは、私の予想に反して、

ええ・・っ、何?!美味しい~!

ミントの爽やかさときゅうりの青臭さがたまらなくグッドです。
ミントはともかく、カクテルにきゅうりぃ~?!・・という方も多いと思いますが、この2つは絶対に外せません!


作り方はめっちゃ簡単。
①りんご・いちご・レモン・オレンジ、そしてきゅうりを全て薄切りにし、氷と共にグラス(数人分まとめて作る時にはジャグ)に入れます。
②そこにピムス1に対してレモネードを3注ぎ、摘んだばかりのミントの葉っぱをギューッと押し込んだら、ハイ出来上がりです~ にかー!


美味しく作るポイントは・・、
カットしたての新鮮なフルーツときゅうり、そして摘みたてのミント・・をた~っぷり入れるコト。
ぜひお試しあれ~



PDSAのチャリティ・ーショップ
このチャリティー・ショップの売り上げは、収入が無い(もしくは少ない)人たちのペットが無料で治療を受けられる動物病院を運営する為に利用されています。




sP1100349.jpg

庭で見かけたキジの子供。んー・・、カワユイですぅ~

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.06.01 | コメント | トラックバック | 伝統的な食べ物

ハンモックでお昼寝

1日中ぽかぽかで幸せですぅ~ にかー!

ハンモックの季節がやってきましたは-と
オットも私もハンモックでのお昼寝が大好きなのです。
始めは1つしかなかったハンモックですが、後から買い足し、今では2つのハンモックが庭でゆらゆら揺れています。


ランチの後、マスカットフレーバーの白ワインをいただきました。
夏の白ワインは大きなグラスに氷をたっぷり入れて・・がオットの流儀です。
私は普通にワイングラスで・・(笑)。

ふんわり良い気分になった頃、友人夫婦が旅行のお土産を持って訪ねてくれました。
折角なので(?)イギリスの夏の風物詩「ピムスカクテル」を作ってお出ししました。


・・が、 
2杯ずつ飲んではくれたものの、
なぜでしょう? 味についてはノーコメントでした・・ ・・・汗



sP1020024.jpg

庭のハンモックでお昼寝中のオット。


sP1100362.jpg

巣箱の赤ちゃんにせっせと餌を与える親鳥。


sP1100370.jpg

我が家のアイドル(?)、ボーダーコリーのモモ。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.06.02 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

川原でチャイティー

オットの春休み最終日です。

怪しい雲行きでしたがどうにか持つだろう・・と、高を括って蝋引きの帽子を持たずに出かけました。
行き先は私のお気に入り、ベンチのある川原まで・・
熱々のチャイティー(スパイス入りミルクティー)を入れたポットとカップ、HOVISのビスケットそして小さなテーブルクロス(?)を持って、いざ出発!です。


あぁ・・
イヤな予感が的中してしまいました ・・・汗
途中で突然土砂降りの雨になり、木陰で2人と1匹雨宿りをするハメになってしまいました・・。
(強い日差しも大雨も和らげてくれる、木陰は本当にエライです~ )


元々変わりやすいイギリスのお天気。
20分もすると雲の切れ間から青空が覗きました。
とはいえ、依然灰色の雲が垂れ籠めています。
私達は大急ぎで目的地へ向かって歩き始めました。


それなのに・・それなのにぃぃ~
到着直前、2度目の雨に降られてしまいました・・。
私達は雨のザーザー降る中、凄い勢いで柵を越え川を渡ってベンチ目指してひたすら走ります。
ここまできたら、もう意地です(笑)。
絶対にあのベンチでチャイティーを頂くのです~ ぬぬぬ
(幸いベンチは木陰にあるので、そこまで行けば濡れずに済みます)


んー・・
熱々のチャイティーが身体の隅々まで染み渡りますぅ~ にかー!



sIMG_7057.jpg

チャイティーとHOVISのビスケット。


sIMG_7088.jpg

ボーダーコリーのモモ嬢。


sIMG_7037.jpg

ブラックベリーの花

テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.06.03 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

アンティークショップのハシゴ

オットの春休みも終わったので、久しぶりに働きました(笑)。

お家での~んびり過ごす事も大好きですが、お仕事も大好きなワタクシです~。
私にとってアンティークの買い付けは、お仕事・・というよりもガーデニングやワンコのお散歩と同じような・・、生活の一部みたいな感じです。


さてさて・・
以前から写真を撮るのは好きだったのですが、1ヵ月半前にブログを書き始めてから「写真」も生活の一部になりつつあります。
どうやら写真の面白さにヤラれてしまったようです。
もっとも・・、思いっきり下手の横好きですが(笑)。

お仕事でアンティークショップに行った時も、ここに○色を加えたら・・とか、イスはここにあった方が・・など等、前よりも考えながら写真を撮るようになったような気がします。
モチロン写真はお店の方に許可を取り、動かした商品も元に戻して帰ります。
(でもでも、時々忘れてそのまま帰ってしまうことも・・。お店の方、ごめんなさいデス~)


今日は同じ街にある2件のアンティークショップをハシゴしました。
1軒はフランスのアンティークを多く扱っているお店。
もう1件は教会の蝋燭立てや古い家のドアやトイレなど等、不思議系アンティークを扱っているお店です。


ところで・・
前回このフランス系アンティークショップにお邪魔した時、気になりつつも買わずに帰った商品(子供用ロッキングチェア)があります。
買わずに帰ったものの(買わずに帰ったから?)、実はず~っと気になっていました(笑)。
もしまだ売れずに残っていたら「このコは私に買われる運命!」・・と、今日は出かける前から買う気満々。


・・が、
な、ない・・、ないですぅ~
元々あった場所にロッキングチェアがありません。
買う気満々だった私はがっくりと視線を落とし・・・、??


・・・・!!
隅っこのテーブルの下に隠れていました~っ!
うぅぅっ!良かったですぅぅ~ にかー!



豆電球 ところで・・
フランス系アンティークショップの方が絵にはなりますが、見て触って興奮するのは間違いなく不思議系アンティークショップです。
一体コレは何?的なイロイロが満載で、なかなかその場を離れられないのです~。
(不思議系アンティークショップでも)普通に素敵なモノも販売していたハズなのですが・・、う~ん、不思議系の印象が強烈すぎて思い出せません~ ・・・汗



sIMG_7207.jpg

1890年頃の子供用ロッキングチェア。購入できて本当に良かったですぅ~。


フランス系アンティークショップ

sIMG_7188.jpg

1950年代の食器戸棚。


sIMG_7187.jpg



sIMG_7173.jpg

お肉屋さんのテーブル。脇に肉をかけるフック付き。


sIMG_7183.jpg



不思議系アンティークショップ

sIMG_7161.jpg



sIMG_7165.jpg


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.06.04 | コメント | トラックバック | お仕事 バイヤーの仕事etc.

うわぁぁぁ~っ!

sIMG_7305.jpg


うわぁぁぁ~っ!!
やってしまいました・・ ・・・汗


探している商品があり、最近行っていなかったアンティークショップを久しぶりに覗いてみることにしました。


お店に入ったとたん、
「やぁ、久しぶりっ!」
アンティークディーラーのSさん(イギリス人)です。

「頼まれてたテーブルが入ったよ。連絡しようと思ってたんだ」
もし「テーブルトップが跳ね上がるテーブル(う~、名前が思い出せません・・)」が見つかったら教えて下さるよう、ずいぶん前にお願いしてあったのです・・。

「丁度良かった!」
Sさんの明るく弾んだ声が続きます。
彼の声が明るければ明るい程、私の気分は落ち込んでいきます・・


実は・・
お客様の都合でキャンセルになった事・・をお伝えするのを忘れていたのです。
彼の顔を見るまで本当の本当にすっかり忘れていました・・。


久しぶりにお会いするSさんは、相変わらず陽気で教えたがりの素敵なオジ様でした。
私が連絡を忘れた事を謝ると、ま、ま、とりあえず紅茶でも・・と手早く紅茶を用意して下さり、(今日は)「ビクトリア時代のトイレ」について(延々と!)お話をして下さいました。
次回は銀製品についてのお話をして下さるそうです(笑)。


今度は忘れないよう、
ちゃ~んと手帳に印を付けました(シャキーッン!)



sIMG_7307.jpg

ビクトリア時代のシルバープレートのティーセット。


sIMG_7295.jpg

1920年に特許を取得したジグソー。


sIMG_7271.jpg



sIMG_7275.jpg

問題のテーブルです・・


sIMG_7290.jpg

ビクトリア時代のお金持ちの方用のトイレ。
寝室に置いて使いました。
一見たんすですが、実はトイレなのです~。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.06.07 | コメント | トラックバック | お仕事 バイヤーの仕事etc.

イギリスの郵便局の副業とは?

sIMG_7216.jpg

近所の郵便局に行きました。

この辺りに日本人は(私たち以外に)住んでいないので郵便局の方も私を覚えてらして、こちらがお願いする前に「日本まで?」・・と尋ねてくださいます。
よほどの事が無い限り、私はいつもこの郵便局を利用しています。


ところで・・、
田舎の郵便局は牛乳やパンなどの食品や洗剤などを扱っている場合が多く、ちょっとした買い物ならスーパーに行かなくても事足りてしまいます。
大手スーパーでは見たことのないブランドや(パンなどは)ブランドネームがないものもあり、かえって面白かったりします(笑)。


sIMG_7217.jpg
 

しか~も!
こんなに素朴~な郵便局でも(驚くべき事に?)クレジットカードによる支払いが可能で、窓口にはカードマシーンがデ~ン!と設置してあります。
マシーンにカードを差し込み、ピンナンバー(暗証番号のようなもの)をピッピッピッ・・と押すとサインもなしに手続き完了。
超お手軽簡単なのです~ にかー!


さてさて・・
実家の母ににちょっとしたお菓子を送ったのですが、(案の定)中身より郵送代の方が高かったです ・・・汗
イギリスは郵送代がめっちゃ高いのですぅ~。




sIMG_7219_20071120023334.jpg

郵便局のドアを開けたところ。まるで普通のお店のようです~。


sIMG_7220_20071120023350.jpg

お店に入って、向かって左手が郵便局。


sIMG_7223.jpg

右手では日用雑貨と食料品を販売しています。


sIMG_7222.jpg


sIMG_7224.jpg



sIMG_7221.jpg

意外なことにウワサ好きのイギリス人。ゴシップ雑誌は生活の一部です(笑)。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.06.08 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

ロンドンの歯医者さん再び

ロンドンの歯医者さんへ行ってきました。

2週間前の治療の続きです。
我が家からロンドンの歯医者さんまでは片道約250km(往復500km!)の長距離ドライブ、運転してくれたオットには本当に感謝!です~ にかー!

豆電球 前回の日記「ロンドンの歯医者さん」は前回のロンドンの歯医者さんはこちらです。


ところで・・
歯医者さんの帰りにはお寿司を買って帰るのがお約束です。
3人前お持ち帰りで注文して、1つは車の中で頂きます。
お寿司を励みに、どうにか治療に耐えるのです~  

本当はお店で緑茶でもすすりながら頂きたいところですが、(何しろ家が遠いので)そうのんびりもしていられないのです ・・・汗


夜9時、我が家に到着。
外はまだまだ明るいので、お庭でお寿司&焼肉をする事に・・。
ワンコ(ボーダーコリーのモモ)とニャンコ(ジャム・チョビ)を周りにはべらせ、楽しい夕食の始まりです~  


それにしても・・
お寿司と焼肉の組み合わせって
ハワイ辺りの 怪しい日本食レストラン の食べ放題メニューにありそうです ・・・汗



sIMG_7352.jpg

高速道路のサービスエリア内、お菓子の量り売りコーナーです~。


sIMG_7366.jpg

サービスエリア内のスターバックスコーヒー。


sIMG_7373.jpg


sIMG_7375.jpg

スウィートの種類は日本と同じデスカ?


sIMG_6938.jpg

今日はトロがありました~。嬉しいですぅ~。


sIMG_7384.jpg

我が家の定番メニュー、炭火焼き韓国焼肉です~。

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.06.09 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

アンティークのカトラリーでドレスアップ?!

チーズケースが見当たりません・・ ・・・汗

一体どこにいってしまったのでしょう?
うっかりお嫁に出して(日本のお店に卸して)しまったのでしょうか??


今日はお天気も良いので、晩ごはんは「簡単なおつまみとワイン」で済ませてるコトに決定 にかー!
料理を作る時間も惜しんで日光浴なのです~。
何しろ我が家の掟の第一条は、
「晴れたら(何はともあれ)庭に出る」・・なので(笑)。


ところで・・
チーズケースですが、どこをどうさがしても見当たりません・・。
このチーズケースは2人家族の私たちに丁度良い大きさ(小ささ?)で、チーズを美味しそうに見せてくれる上に乾燥からも守ってくれるので、と~っても重宝なのです。


はー・・、 それにしても・・
今日のチーズはどこか間が抜けて見えます・・。
でも探す時間が惜しいので、今日のところは間抜けなチーズでもヨイことにしますデス。




アップロードファイル 今日の晩ごはん アップロードファイル

sIMG_7407.jpg



sIMG_7391.jpg

柄に動物の角を使用したナイフ。
刃の部分はシルバープレートです。


sIMG_7396.jpg

シルバープレートのバターナイフ。
ガラスのバター入れもアンティークです。
ぽってりとしたガラスがカワユイです~。


sIMG_7401.jpg

柄の部分がマザー・オブ・パールのピクルス用のフォーク。
今ではマザー・オブ・パールは希少です。
フォーク部分はシルバープレート。


sIMG_7402.jpg

今日はペラペラした物を取り分けるのに使っていますが、本来の用途は不明です(笑)。
シルバープレート。


sIMG_7405.jpg

サラダトング。シルバープレートです。


sIMG_7420.jpg

食後のリキュール&チョコレート。
チョコを乗せたお皿は19世紀のオールドウィロー。
(この絵柄、大好きなのです~)
鳥の足を模した小さなトングとケーキスタンドもアンティークです。
トングとケーキスタンドはシルバープレート。
リキュールとチョコレートは友人のナミビア(アフリカ)土産


テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

2007.06.10 | コメント | トラックバック | 暮らし おうちごはん

コレクタブル(?)な電動ティーメーカー、目覚まし時計&ランプ付き!

「チーズケース」を買いに行きました。

行き先はモチロン、アンティークショップです(笑)。
キッチン中探したけれどどうにも見つからないし・・、昨日のチーズもまだ残っているし・・、何より無いと不便なのです~ ・・・汗


う~ん・・、それにしても不思議です。
どうして探している時には、こうも見つからないものなのでしょう?
いつもは見かけるチーズケース、今日はひとつも見当たりません。


むふふ・・(←この笑い方、死語です~)
こういうのを「怪我の功名」・・というのですね
実は今日お邪魔したアンティークショップで、以前お客様からご依頼頂いたものの、どうしても探すことが出来なかった幻の商品・・にかな~り近いモノを見つけてしまいました。


sIMG_7493.jpg

上 この商品です~。
実際にお客様がお探しなのは、電動「自動ティーメーカー」です。


自動ティーメーカー
1902年に初めて発売された商品で、目覚まし時計、ヤカン、アルコールランプが一つになったものです。
使い方は簡単です。
まずベッドに入る前にヤカンに水を入れティーポットには茶葉をセットします。
朝目覚まし時計が鳴るとアルコールランプに火がつきヤカンの湯が沸き、(湯が)沸騰するとヤカンが傾きティーポットにお湯が入ります。
目覚めてすぐに熱々の紅茶がいただける、いかにも紅茶好きのイギリス人らしい発明品です~(笑)。
しかもヤカンが傾くともう一度目覚ましが鳴る実に精巧な仕掛けになっていたようです。


今回見つかったのはティーポットにお湯を自動では注がないものの、お客様のご希望通り電動です。
しかもランプが付いたなかなかの珍品(?)。
試してはいないので断言は出来ませんが、多分目覚まし時計が鳴るとランプが付くのではないでしょうか。
何しろイギリスの冬の朝は真っ暗で、まるで夜みたいですから(笑)。


8年間イギリスに住んでいますが、お客様がおっしゃるような電動の「自動ティーメーカー」は一度も見たことが無かったのです。
この商品が見つかったことで、お客様がお探しの商品も見つかるかも・・な希望が見えてきました~ にかー!


気分はグー (←たぶん死語)ですぅ~。




sIMG_7435.jpg

実際にパブで使われていたパブサイン。中に電球を入れると可愛いです


sIMG_7436.jpg

1950年頃のピクニックハンパー。



sIMG_7453.jpg

1930年頃のライティング・ビューロー。


sIMG_7454.jpg
    
天板を前に倒して机にしたところ。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.06.11 | コメント | トラックバック | お仕事 バイヤーの仕事etc.

アンティークのお茶道具でアフタヌーンティーをしませんか~?

買い付けのお仕事に行ってきました。

今日購入した商品はビクトリア時代後期の「ティーポットセット(ティーサービス)」などなど・・。
アフタヌーンティー関連商品の買い付けは、俄然燃えてしまう私です(笑)。
実はワタクシ、ティーサービスやティーナイフなどのアフタヌーンティー関連のお道具が大好きなのです~ ラヴ ハート


そういえば・・
以前、面白いアフタヌーンティーを主催した事があります。
テーマはトコトン手を抜きゴージャスに~!・・です(笑)。
例えば・・
サンドイッチもスコーンもケーキもぜ~んぶ既製品。
参加メンバーがそれぞれ、「自分が美味しいと思うお店」で担当の食べ物を買って持ち寄ったのです。


食べ物は全て既製品でしたが、周辺機器(?)はお気に入りのアンティークたちでがっちりと固めました。
ティーセットはウェッジウッドのアンティーク、勿論ティーナイフやケーキナイフなどのカトラリー類も全てアンティーク。
サンドイッチは小さく一口大にカットしてウェッジウッドのお皿に・・、ビクトリアンケーキもアンティークのケーキスタンドへ可愛く鎮座させます。
勿論、スコーンも熱々をサーブ・・。


すると・・
あ~ら、不思議
何やらゴージャスに見えてきました~ にかー!



豆電球
実を申しますと・・
このティーパーティは(ず~っと探していた)ウェッジウッドのティーポットを手に入れたお祝いだったのです~。
初めて同じシリーズのカップ&ソーサーを購入した日から4年、ポットまで道のりは本当に長かったです・・ ( ・・・ 遠い目・・)
探しても探しても見つからず・・。※
4年の間にカップ&ソーサーも8客集まり、いつも間にかディナーセットまで揃ってしまいました(笑)。

結局、(探しているのを知っていた)友人がアンティークフェアで見つけて買っておいてくれました。


探していればいつかは見つかる~
イギリス アンティーク大国イギリス恐るべし! です(笑)。




sIMG_7575.jpg

スコーン半分に切る&クロテッドクリームやジャムを塗るのに使うティーナイフ。
ティーナイフはビクトリア時代のアフタヌーンティーで使用された唯一のカトラリーでした。
(指先でつまめるものが基本だった為・・)
これは1920年頃のWalker&Hall社のもので、柄の部分が
マザーオブパール。
現在は作ることが難しい、貴重な一品です。


sIMG_7307_20071121103901.jpg

ビクトリア時代後期、シルバープレートの「ティーサービス」。
今日買い付けた商品の一部です。


やじるし↓美味しくいれるには沸騰したお湯が不可欠な紅茶。
アルコールランプ付きのケトル(やかん)は、アフタヌーンティーの席には
欠かせませんでした。

sIMG_7508.jpg

熱いお湯はた~っぷりありますし、


sIMG_7509.jpg

ささ・・、もう一杯、如何ですか?    


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.06.13 | コメント | トラックバック | アフタヌーンティー

パイン家具職人、Jさんはヨイ人です~

Jさん~“家具職人”納期は守れないけれど仕事の出来はピカイチ~(笑)のところに行ってきました。

実は・・
先月のコンテナに載せるつもりでオーダーしたものの到着が遅れ、Jさんの倉庫に置いたままになっている商品があるのです・・。


ところで・・
コンテナへの積み込みをJさんの会社にお願いしている関係上、コンテナ出荷が近づくと様々な日本へ向けた商品がJさんのお店宛てに届くことになります。
届いた商品全てがコンテナに載せられればノー・プロブレムなのですが、今回のようにコンテナに載せ損ねてしまうと保管の問題が・・。

ずっと気にはなってはいたのですが、なかなかJさんにお会いする機会がないまま1ヶ月が過ぎてしまいました・・ ・・・汗


そんな中、日本のお店からその中の1つを船便で(日本へ)送るようにとの依頼が・・。
そろそろご挨拶に伺わなくては~!と思いつつ・・な状態だったので、背中を押してもらったような感じでJさんのお店へと向かいました。
次のコンテナ出荷はまだ未定なので、商品をJさんの倉庫に置いたままにもできません。
とりあえず全ての商品を持ち帰り、次のコンテナまで我が家の2階(スタディルーム)にでも置いておこうかと考えていたのですが・・。


う・・、うぎゃ~っ! !絵文字名を入力してください
あ・・甘かったです・・。


まず全ての商品を車に積む事自体が難しそうです・・。
(私の車はボルボなので、結構大きい方だは思うのですが・・)
実はこれらの商品は日本側が直接イギリスの会社にオーダーした物で、私は今日までどのくらいの大きさなのかを知らなかったのです・・。

私は持って帰るとはどうしても言えず(保管場所がありません・・)、もう少し預かってもらっていい?と言ってそのまま逃げるように帰ってきてしまいました・・
(Jさん、本当にすみませんデス・・)


Jさんは本当にヨイ人です~
これで納期さえが守れればパーフェクトです~(笑)。



sIMG_7596.jpg

Jさんのお店の庭のディスプレー。


sIMG_7588.jpg

Jさんのお店の庭のディスプレー。


sIMG_7590.jpg

Jさんのお店の庭のディスプレー? 外に放置された古い暖炉の枠。



※Jさんの本職(?)は家具職人ですが、彼のお店ではアンティークも扱っています。
そしてなぜかコンテナへの荷物の積み込みもやっています(笑)。

テーマ:雑貨・インテリアの紹介 - ジャンル:ライフ

2007.06.14 | コメント | トラックバック | お仕事 バイヤーの仕事etc.

洪水~道が通れないです・・~

道が・・通れないです~ ・・・汗


昨日から続く豪雨で地盤が緩んだのでしょう。
午後になって日が差してきたのでお散歩に出たら・・ !絵文字名を入力してください
大きな木が倒れ、我が家から公道に抜ける2本の道のうち1本が塞がれた状態になっていました。
(人は屈めば通れますが、車はどうにも無理そうです・・)


それにしても・・
2本とも塞がれなくて良かったです~
2本とも塞がれたら、オットは会社に行けません。


そういえば、
家の近くをセバン川が流れているのですが、雨が降ると川が氾濫しよく洪水になります。
この辺りの被害はそれほどでもなかったのですが、数年前の洪水では1階部分がすっかり浸水してしまった地域もありました。
その時地元の新聞で「羊を自宅に非難させている農家の方」の記事を拝見したのですが、掲載記事の写真がとてもシュールでした(笑)。


よく洪水になる地域のパブなのですが・・、
そのパブは♪柱~のキ~ズは、一昨年の~♪・・のように、ドアに洪水の記録(何年にどこまで水がきたか)を残しています。
(以前、お店の前で証拠写真(?)を撮ったハズなのですが、どこに行ってしまったのでしょう?う~ん、見つかりません・・)


実は今の家に越す前、 
の側に住みたいと思っていたのですが、 の側にしておいて本当に良かったですぅ~ にかー!



sIMG_7627_20071127130744.jpg

道が倒れた大木で塞がれていました・・。


sIMG_7615.jpg

オットはスープ・ダイエット中。果物(だけ)食べ放題の日なのです~。


sIMG_6637.jpg

お散歩の途中で採った花。きっと(絶対?)雑草(笑)。



sIMG_7701.jpg

2日後には倒れた大木は片付けられていました。(ほ・・っ)

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.06.16 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスのティータイム~紅茶には牛乳!~

あ・・、牛乳が切れてます~ ・・・汗

今日は午後からKさんとNさんが訪ねてくれる事になっているのに、牛乳切れはマズイです・・。
(オットのダイエット騒動(?)ですっかり忘れていました・・)

とにかく買いに行かなくては・・
熱い紅茶に新鮮な牛乳をた~っぷり用意するのが、イギリス流おもてなしの基本なのです~ にかー!


・・というわけで
家から一番近い郵便局 まで牛乳を買いに行ったのですが、残念な事に無脂肪牛乳しかありませんでした・・。

日本の方は不思議に思われるかもしれませんが、こちらの郵便局は牛乳やパンなどの食品を販売している事がよくあるのです~。

豆電球 家から一番近い郵便局は こちら です。


仕方がないので、その先の郵便局までひとっ走りです。
お客様がみえるままで、あと15分・・。
焦りますぅ~  
ちなみに隣村の郵便局は食品だけではなく、ガソリンや薪も販売しています。


ところで、
私は本が大・大・大好きで、蔵書はおそらく3千冊?もっと??あるのではないかと思います。
それで時々、この辺りに住む日本人の方々に私の蔵書を開放しているのです~。
実はKさんとNさんは、本を返し&借りに来て下さったのです


お客様が本を選ばれている間、私はいそいそとポットを温めお茶の支度を整えます  
ミルクとお砂糖た~っぷり・・の紅茶を頂きながらの楽しいおしゃべり、う~ん、至福の時ですぅ~ ラヴ ハート



豆電球
日本の方は紅茶をブラックで飲まれる方が多いようですが、ミルクとお砂糖た~っぷりバージョンもぜひ一度お試し下さいマセ。

幸せホルモン、ドパ~! 間違いなしです(笑)。




sIMG_7739.jpg

お茶がはいりました~
ティーセットは全て私の大好きなウェッジウッドのアンティークです


sIMG_7746.jpg

さぁ、どーぞデス


sIMG_7758.jpg

蔵書の一部。 蔵書はこの10倍くらいです~。


sIMG_7711.jpg

牛乳を買いに行く途中、またまた「野良(?)孔雀」に遭遇~。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.06.19 | コメント | トラックバック | アフタヌーンティー

クレマチス~あぁ、愛しのエリザベス~

嬉しいサプライズです~ にかー!

実はワタクシ、あと数日で〇〇才のお誕生日なのですが、大好きなお友達の1人、Hちゃん(イギリス人)が愛しの“エリザベスちゃん”をプレゼントしてくれました。
エリザベスちゃんを頂けるなんて、大・大・大感激ですぅ~。


5月初めHちゃんのお家に遊びに行った時、庭でひときわ目を引くピンク色の花がありました。
その愛らしい容貌に惹かれて近づくと、どこからともなく甘~いバニラの香りが・・。
香りを辿るとその“ピンク色の花“から・・でした。
早々花の名前を尋ねたところ、“Clematis Montana(クレマチス モンタナ)”という花で品種は“Elizabeth(エリザベス)”とのこと。


週末に買いに行こうかなぁ・・と私が言うと、
バニラの香りがするのは“Elizabeth”だからね~。
買う前にちゃんと確認して
花の形が同じでもあまり香らないのもあるから
・・と強~く念を押されました(笑)。
(Hちゃんの方が年下なのですが、やけにしっかりしているのです~)


その後何件かグリーンショップをまわったものの、(他の品種はあるのですが)エリザベスちゃんはどうしても見つける事ができませんでした・・。
苗の販売時期が過ぎてしまったのだと(勝手に)解釈し、もうすっかり諦めていました。


先週Hちゃんのお家に遊びに行った時のことです。
「そういえば“Elizabeth”は見つかった?」
私が 「ううん、もう売ってないと思う・・」 と答えると、
彼女は 「ふー・・ん」 とだけ言うと、(もうその話題には触れずに)別の話を始めました。

彼女はいつも真摯な態度で人と話をする人なので、この時微妙な違和感を感じたものの、今日まですっかり忘れていました。
・・が、こういうことだったのですね。


エリザベスちゃんは玄関ドアの横に植える予定です。
近い将来、その愛らしいピンクのお花がドア周りをぐるりと縁取り、素晴しい香りで我が家を訪れる人々を幸せな気持ちにしてくれますように・・



sIMG_5856_20071127183040.jpg

Hちゃんの庭のエリザベスちゃん。


sIMG_5853_20071127183135.jpg

エリザベスちゃんのアップ。


sIMG_7768.jpg

Hちゃんの天使、Z君。顔にモンスター・シールを貼るのがマイブーム・・らしいです(笑)。

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.06.19 | コメント | トラックバック | 暮らし ガーデニング

アンティークのお手入れ(真鍮・シルバー等)

うぅぅ・・臭いです~。

夕方から銀器(シルバー&シルバー・プレート)と真鍮磨きを始めたのですが・・。
何とも言えないニオイです ・・・汗

このニオイ、どうにかならないものでしょうか・・。
(この「ニオイ」は漢字で書くと「臭い」です~。そのまんまですぅ~)
シルバー・ポリッシュもプレス・ポリッシュも、どっちも臭いです・・。


悪臭に耐えつつ・・、
次から次へ、とにかく一心不乱(?)に磨きます。
実はこの単純作業、キライじゃなかったりします。

磨きながら、
このコたちは一体どこにお嫁に・・などと思ったら、あらら・・、いつの間にか妄想の世界にトリップしていました(笑)。


舞台(?)は現代、マダ~ムな方々のちょっとポッシュなアフタヌーンティーバーティ・・。
招かれたお客様の1人が、“ティーナイフ”を目の高さまで持ち上げ、ためつすがめつ眺めながら・・

「あら・・、ビクトリア時代の正式なアフタヌーンティーで使われたカトラリーがティーナイフだけだったなんて、ワタクシ今日初めて知りましたわ~。
ふ~・・ン、そうですの?これでスコーンを半分に切って、クロテッドクリームもこのナイフで塗るというわけですのね。 柄は何でできているのかしら・・?

え・・っ、マザー・オブ・パール・・と今おっしゃったのかしら?きらきら光って、まるで宝石みたいですわ~。なんて素敵なのかしら~ (ため息を吐きながら、うっとりとした表情で・・)。
ワタクシもそのティーナイフとやらが欲しいですわ!(キッパリ!)
どちらでお求めになったのか教えて頂けないかしら?

ビクトリアン・・キャット??
あら、ワタクシそのお店でしたら存じておりますわ~」

なーんて褒められているウチのコたちを想像して、ひとりニヤニヤ・・。
妄想の世界はどこまでも広がります(笑)。


う・・っ ???
鼻を突く悪臭が、私を現実へと引き戻します・・。

いけない、いけない・・。
キレイにしっかりお色直しをしなくては!
美しいコはより美しく、そうでないコもそれなりに・・。
・・なんてCMがムカシありましたね ( ・・・ 遠い目・・)


え・・ご存じない? !絵文字名を入力してください




sIMG_7789.jpg

銀器&ブレス磨き。画面右側と右下は「ティー・ナイフ」。


sIMG_7793.jpg

磨き終わったイロイロ。


sIMG_7794.jpg

磨き終わった「フルーツ用フォーク&ナイフのセット」。
柄の部分はマザー・オブ・パール。
カトラリーが収納されている木箱もとても美しく、モチロン鍵もちゃんと付いています。
グッドな状態です~ にかー!


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.06.20 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

ビミョーなお仕事 ~アンティークバイヤー~

働けば働くほど、ビンボーになっていきます~。

働けど働けど我が暮らし楽にならず、じっと手を・・
手を見ると・・と、
・・あら、私ったらいつの間にこんなに買ってしまったのでしょう?
両手いっぱいアンティークが~(笑)。


こんなわけで、働けば働くほどビンボーになっていく私です ・・・汗

アンティークの買い付け・・、アンティーク好きの私にとってはビミョーなお仕事かも・・。


今日はアンティーク・ディーラー、Sさん(イギリス人)にカトラリーを見せてもらう約束になっていました。
この間はビクトリア時代のトイレのお話を熱弁して下さったSさん。
今度はどんな楽しいお話がお聞きできるのでしょう?


Sさんは約束通り、シュガートングやバターナイフ、ティースプーンなど等、私好みのカトラリーを沢山持ってきて下さっていました。
今日の(私の中での)大ヒットは、1860年製のティー・スプーンです
柄の部分に(元々の)持ち主のイニシャルが刻まれています。

(あ・・、またまた妄想が~)
ビクトリア時代、栄華を極めた貴族がその後没落し・・(以下略)。


は・・っ
(妄想からふと我に返り・・)

おやゃ・・
この手に握り締めているモノは何でしょう?
どうやらアンティーク・・のようです~ ・・・汗



にぱ
来週火曜日、Sさんがオークションで落札したという家具をみせてもらいに、彼の出店する(もうひとつの)アンティーク・センターがあるウェールズへお出かけすることにしました

ところで・・
今日の彼のお話は“最近落札した自慢の家具たち”がいかに素敵か・・についてでした~(笑)。
それをお聞きして、私も直接見てみたくなってしまったのです。

彼の家の近くの町、日本のガイドブックでも“古本の街”として有名な「ヘイオンワイ」で待ち合わせをし、(ここでSさんの車に乗せてもらいます)そこから30マイル先のアンティークセンターへ向かう予定です。

どんな家具たちに出会えるのか、今からとても楽しみです~ にかー!




sIMG_7347.jpg

Sさん。


sIMG_7816.jpg

レミンスターの街。


sIMG_7819.jpg

アンソニー発見~!(笑)。
スコットランドの民族衣装で歩いていた男性。
思わず「キャンディ・キャンディ」を思い出してしまいました~。
・・って年がバレてしまいますね ・・・汗


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.06.21 | コメント | トラックバック | お仕事 バイヤーの仕事etc.

マダ~ムな午後 ~Simpsons(ミシュラン1つ星)~

ん~、幸せです~ にかー!

今日は久しぶりの「Lの会」です。
「Lの会」のLはランチのL。
決してレディスの集会ではありません~。


実はこの会、イギリスで美味しいレストランを探そう・・という趣旨の会なのですが、「無謀さ」ではレディースの方々とヨイ勝負かもしれません ・・・汗
日本の多くの旅行ガイドに書かれているように、一般的なイギリスのレストランは値段が高い上に美味しくない事が多いのです・・。


さてLの会ですが・・、
(本人は否定していますが)主催はXさんです。
オリジナルメンバー(?)は彼女と年下のお友達2人と私・・の4人なのですが、今回いつものメンバーはXさんと私だけで残り2人は少し年上のお友達です。
(時々レストランを外観で選ぶ・・など、うわぁぁ~・・な「やんちゃ」をする事もあるXさんですが、今回は年上のお友達を誘ってのランチなので手堅く「ミシュラン(ミッシュラン?ミッシェラン??)の星付きレストラン」です)

今回のLの会ですが、元々はイギリス食の街として名高い(?)ラドロウの「ハイビスカス(ミシュランの2つ星)」で開催予定だったのですが、なんと「ハイビスカス」、ロンドンに引っ越してしまっていました・・。
めっちゃ美味しいのに、本当に残念です(ロンドンは遠いですぅ)。
もう一回くらい行っておけば良かったです・・。

その後「ジェシカ(1つ星)」を予約して、お邪魔する日を心待ちにしていたのですが、なんと予約日の3週間前にお店から電話がありキャンセルに・・。
なんと急にシェフが辞めてしまったのだそうです。
う~ん・・、シェフの方、オーナーと喧嘩でもしたのでしょうか?


さてさて
スッタモンダした挙句、結局今回お邪魔したのお店は「Simpsons」。
ミシュランでは星を1つ獲得しています。
お店はバーミンガムの中心部から少し離れた閑静な住宅街の中。

外見の地味さに一抹の不安を感じながらもドアを押し開けると・・
(イギリスのドアは内開きです。押して開けるのです~))


おぉぉ・・!
高級感溢れる空間が出現しました~。
う~ん、もしかしてこの地味~な外観はこんな風にお客様を驚かせる為・・でしょうか?


迎えてくれた男性にXさんが名前を告げると、ソファーがいくつか置かれたラウンジに案内されました。
ここで飲み物と軽いおつまみを頂きながら、何を注文するのかを考えるのです。
(まずここで前菜とメインを注文し、デザートはメインを食べ終わった後で注文をします)

注文が決まり、さぁ、ダイニングへ移動です。
案内の男性の後をついて、皆でゾロゾロ大移動ですぅ~。


にかー!
すばらしいタイミングで供される美味しいお料理たち。
上げ膳据え膳・・、う~ん、気分はマダ~ムです(笑)。
前菜からデザートまで、全てが素晴らしく美味しかったです
デザート後にゆっくりコーヒーと小さなお菓子を頂いて、お店を出たのは夕方4時過ぎ・・。


夕方6時くらいに家に帰ると・・。
あ・・、
クマ(オット)とワンコが仲良くソファーで寝ています~。
(珍しくオットの帰りが早かったようです)

オットの鼻いびきを聞いた途端、
一気に現実の世界へ 手書き風シリーズ矢印下


私のマダ~ムな午後を返してですっ 炎ぬぬぬ炎



店名:Simpsons (ミシュラン1つ星
住所:20 Highfield Road, Edgbaston, Birmingham B15 3DU
電話l:0121- 454-3434 Fax: 0121-454-3399

HPアドレス:www.simpsonsrestaurant.co.uk


sIMG_7892.jpg

最初に案内されるお部屋。
飲み物と軽いおつまみを頂きながら、何をオーダーするかを考えます。


sIMG_7896.jpg

オーダーが決まると、ダイニングに案内されます。


sIMG_7903.jpg

私がオーダーしたデザート。美味しかったです~。

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.06.22 | コメント | トラックバック | お出かけ(外食など)

祝・キッチンガーデンの初収穫!

すっかり酔っ払ってしまいました~。

キッチンガーデン、今年初めての収穫。
収穫した野菜で料理(?)を作って、シャンパンで乾杯です~ 白ワイン


sIMG_7972.jpg


本日の収穫は、春菊とレタス、ラズベリー&ブラックカラント。

春菊が沢山収穫できたので、サラダとゴマ和えの2品を作りました。
サラダは熱々のゴマ油をジュ・・ッ!・・とかけ、塩を振るだけ。
ゴマ和えも(春菊を)茹でて和えるだけの(超)簡単料理です。

レタスサラダに至っては洗ってお皿に盛っただけ・・、もはや料理と呼べるシロモノではないかもです
・・・汗


sIMG_7984.jpg


でもでも、
晴れたら庭 ・・が家訓の我が家、キッチンに籠もっているわけにはいかないのです~
上 すんごい言い訳です(笑))。


試しに“アンティークのテーブルクロス”を敷いてみたら・・。
(麻なのでシワがちょっとアレですが、それは見なかった事にして・・)

んー・・、ヨイ感じです~ にかー!
超手簡単抜き料理が一気にレストランチック(チック・・・は死語デスカ?)になっちゃいました~(笑)。




アップロードファイル 今日のオットと晩ごはん アップロードファイル
sIMG_7993.jpg



sIMG_7987.jpg

オットの大好物、生ハム。


sIMG_7980.jpg

春菊の胡麻和え。


sIMG_7990.jpg

エビご飯。ニンニクが効いてて美味しいですぅ

①ナベにかな~り大目の油と塩適量(塩気を感じるくらい)を入れて、弱火でゆっくりとニンニクのみじん切りを炒めます(油でニンニクを茹でるような感じです~)。
②別のナベで「皮をむいて背ワタを取ったブラックタイガー」をさっと茹でます。
③①に②をいれたら火を止め、冷ます過程で塩気とオイルをしみこませます。
④食べる直前にまた火をいれ、熱々をオイルごとご飯にかけていただきます。


sIMG_7989.jpg

堅焼きソバ。


sP1100465.jpg

初収穫のお祝いで開けたシャンパン。


sIMG_8002.jpg

食後の甘いリキュールとチョコレート。
使用している器はウィローパターンのエッグスタンドとバター皿。
アンティークです。


sIMG_7927.jpg

昨夜のオット・・とオットを見守る我が家のワンコ、モモ。
昨日の天気予報では「明日は雨」・・だったので、それを信じて大慌てでエリザベスちゃん(クレマチス)のラティスを製作するオット。
ライトをつけて頑張る姿が健気ですぅ~。


テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

2007.06.24 | コメント | トラックバック | 暮らし おうちごはん

大洪水

sIMG_8092.jpg
今日の収穫、大根場とチョコレートミント。

私ったら・・、なぜにこんなところで「大根葉」を摘んでいるのでしょう ・・・汗
本当なら今頃、Sさん自慢のアンティークコレクションを見せて頂いている時間です。


朝9時過ぎに家を出て、私はSさん(知り合いのアンティークディラー)との待ち合わせ場所、「ヘイ・オン・ワイ」へ向かいました。
我が家からヘイ・オン・ワイまでは約100km、そこでSさんの車に乗り換え更に50km。
最近アンティークのオークションで落札したという、「Sさん自慢のムスメたち(アンティーク家具)」に会いに行くロングドライブです。


(あ・・・ !絵文字名を入力してください
イヤな予感が無かった訳ではないのです・・。
実は昨日もアンティークの買い付けのお仕事に出かけたのですが、道が水没していてすごすご(←もう死語デスカ?)引き返してきたのです。


今日は天気も良く、また水も引き始めていたので油断していました。
まさか先がこんな事になっていようとは・・。
これでは 道路 じゃなくて 水路 ですぅ~ ぬぬぬ




家に戻るともうお昼。
お昼は「大根葉」雑炊デシタ(笑)。




sIMG_8006.jpg


sIMG_8084.jpg


sIMG_8085.jpg


sIMG_8086.jpg




sIMG_8094.jpg

収穫した「チョコレートミント」でいれた生の葉っぱのハーブティー。
甘~いチョコレート&すっきりミントの香りが、んー・・、たまりませんデス~

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.06.26 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

お庭でごはん ~レモンチッロ~

今日の前菜には甘~いお酒が気分だったので、オットと「レモンチッロ(本来なら食後酒です~)」をいただきました アップロードファイル
アルコール度数が30%と高めなせいでしょうか・・。
少し酔っ払ってしまったみたいですぅ~。


アップロードファイル お庭で晩ごはん アップロードファイル

sIMG_8278.jpg

前菜イロイロ


sIMG_8282.jpg

クスクス


sIMG_8284.jpg

アスパラの生ハム巻き


sIMG_8292.jpg

モッツレラチーズとトマト


sIMG_8291.jpg

シード入りのパンとバター


sIMG_8295.jpg

オリーブの実


sIMG_8297.jpg

庭に咲いてたワイルドデイジー


sIMG_8317.jpg

グリークヨーグルト with ラズベリー&ブラックカラント

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

2007.06.29 | コメント | トラックバック | 暮らし おうちごはん

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


05 ≪ 2007/0607
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png