案外お安いイギリスのクラシックカー!?

20171021_1.jpg

▲日本円で150万円くらい

インスタのフォローワーさんの写真で”英国フェア”なるものを知りました。

ハッシュタグによると阪急梅田で行われていた催し物のようで、そこにはイギリスよりもイギリスっぽい雰囲気が濃厚に漂っておりました。
その中でも特に目を引いたのがゲートらしきものの前に停まっているクラシックカーの写真で、眺めているうち不思議な親近感が・・。
こんな感じの車を以前よく見ていたような・・

えーー(この間、およそ2分半)ーー・・っと、・・そうです、そうです、そうでした!

5年くらい前にクラシックカーLOVEのお客さまのご依頼で、カーオークションに足繁く通っていた・・なんていうことがありました(遠い目・・)。
道交法だったか排ガス規制だかの関係で、そのお客様は輸入を断念されましたが・・。

意外かもしれませんが、イギリスでクラシックカーはそれほどお高くありません。
(写真の車で£10,000、日本円にして150万円くらいです)
古い物を大切にする国民性ゆえか、コンディションも良いものが多いです。
・・というか、普通にちゃんと走ります(笑)。

メカに強いアンティーク好きの皆さ~ん、次の車にクラシックカーはいかがでしょう??


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2017.10.21 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

食品見本の製作は実益を兼ねたウカジの趣味

20171018_1.jpg

▲ジャムデコとスコーンはウカジ作

食品見本(今はスウィートデコと呼ばれているんでしたっけ?)の製作は実益(?)を兼ねたウカジの趣味だったりします。

以前は商品撮影の度にお菓子を買ったり作ったりしていたのですが、ある時ふと、(横に)大きくなっている自分に気が付きました。

撮影後は全部食べてしまうのですから、当然(横に)すくすく育ちます💧

写真のサンドイッチは購入したものですが、それ以外はウカジ作です。

蓋に飾りが乗ったジャムは”ウィルキンソン&サンズ社”のミニサイズのジャムで、フルーツ飾りと中身はリンクしています。

中身を食べる前はペーパーウェイトとして、食べちゃった後は大瓶入りのジャムを移し替えて使う一回使い切りサイズのジャム容器として使ったりしています。


20171018_2.jpg

▲奥の蓋が赤いギンガムチェックのジャムはフランスのメーカーのもの

ところで・・
イギリスを訪れたことがある方ならご存知だと思いますが、イギリスの朝食のテーブルやアフタヌーンティーで添えられているのは大抵ウィルキンソン&サンズ社のジャムです。

巷では高級ジャムと言われていますが決して気取ったお味ではなく、何度でも食べたくなるナチュラルな美味しさが魅力です。
機会があったら、ぜひお試しください♡


20171018_3.jpg

▲お友達にプレゼントしてとてもウケたドリトスバージョン

ウィルキンソン&サンズ社
ヴィクトリア時代(1855年)に設立されたイギリスの会社で、広大な自社農園でとれた厳選された材料を使った製品は世界中で愛されています。
英国王室御用達。


三段ケーキスタンド(オリジナルプレート付き)

食品見本を乗せたケーキスタンドは当店の商品で、華麗な貴族の館を舞台にした英国の人気ドラマ、ダウントン・アビーの舞台と同じくらいの時代に作られたものです。
オリジナルのお皿が残ったいるものは非常に珍しく、また直径20㎝くらいまでのお手持ちのお皿も使えるので重宝します。

http://cart.victoriancat.net/ca97/2092/p-r-s/


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2017.10.19 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

気分が上がる、ウェッジウッドのクイーンズウェア♪

20171003_1.jpg

▲クイーンズウェアのトリオ

ウカジは食器を販売するお仕事をしている割には、あまり食器は持っていない方だと思います。

セットで使える食器(陶器)はブルーウィローとクイーンズウエア(ウェッジウッド)、1910年頃のディナーセット、イケア等で売られているような普通の白い食器、そして和食器くらいでしょうか。


20171003_2.jpg

▲ティーポットはヴィクトリア時代のもの

ブルーウィローとクィーンズウェアはお気に入りで、朝な夕なにかな~り頻繁に食卓に登場します♪

特にクィーンズウェアはテーブルが華やぐので、気分を上げたい時にお勧めです💕 (朝のテーブルに使えば、一日気分よく過ごせること間違いなし!)

ただ・・
クイーンズウエアを集めるのは、本当の本当に大変でした(遠い目・・)。

約20年前にカップ&ソーサー1客から集めはじめたのですが、当時はネットの情報も無く、またクイーンズウエアは結構な確率でレリーフに欠けやヒビがある為、12人分のお茶と食事の食器を集めるのに(なんと!)10年以上もかかってしまいました💧

あ、でも、今はヴィクトリアンキャットがあるので、1年かからないでフルセットを揃えられると思います❤️ (←宣伝です~)


クイーンズウェア(トリオ)の商品ページはこちら≫


20171003_3.jpg

▲半分に切ったスコーンにジャムとクロテッドクリームをのせたもの

ウェッウッドのクイーンズウエアとは・・

ウェッジウッドはイギリスで最も有名な陶磁器メーカーのひとつで、1759年にジョサイア・ウェッジウッドによって設立されました。

葡萄のレリーフが優美なクイーンズウェアは1920年頃に再製造が始まり、その人気は1940年頃から1950年代後半にかけて最高潮に達しました。

特にその期間には、ウェッジウッドらしいブルー(ウェッジウッドではラベンダーと呼ばれています)は勿論、その後クイーンズウェアでは扱われなくなってしまったグリーンやピンク、グレー等のものや単発的に製造されたと思われる一風変わったデザインのものが多種多様なサイズで製造されました。 *
ところで・・
あまり知られていませんが、英国が現女王のエリザベスⅡの結婚や出産、戴冠式などで沸いた1940年中頃から1950年代終わりにかけ、クイーンズウェアには色やデザインによって「エリザベス」や「アン女王」など英国王室にちなんだ名前がつけられていました。

ただしこういった名前で呼ばれていたのは最大でも1962年までで、1962年発行のウェッジウッドの製品カタログにはそれらの表記はなくなっています。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2017.10.03 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

世界にひとつの犬猫ムスメの顔バッジ♡

世界にたったひとつの刺繍バッジが、海を越えて日本から届きました。

写真は、 栗田准さんの刺繍バッジ”に一目惚れをして我が家の犬猫ムスメ達の顔で作っていただいたものなのですが、もぉ~可愛過ぎ&そっくり過ぎです💕


sP1280192.jpg

▲犬ムスメの眼の色やシャム猫ムスメの額に入った変な模様、茶トラ猫ムスメの微妙な毛の色合いまで見事に再現されています。

早々あちこちに留めては外し、外しては留め・・
ここは当初の予定通り私のバッグに・・、いやいや・・いつも目に入る場所の方が・・
とりあえず最近のお気に入り、庭のコテージの目につく場所(カーテン)に付けてみました。

あ、でも、やっぱり母屋の方が・・


栗田准さんは”PIKARI”というお名前でインテリア、布小物、イラストなどをオリジナルで制作、販売をされています。
栗田准さんのインスタページ
https://www.instagram.com/junkurita/


テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

2017.09.14 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスカントリーサイド、牛さん御用達の動物園。

P1260959.jpg

▲誰かに見られているような気がして、窓の外に目をやると・・

お庭のコテージでご飯を食べていたら、いつの間にか窓の外に牛さんたちが集まってジーっと私たちを見つめていました。
何かを観察している、そんな感じのおメメです。

んんん・・?
この光景、どこかで見たことがあるような気が・・??


P1260975_square.jpg

▲暗くなると牛さんたちが更に集まってきます。

えー・・・・っと・・

・・そーです!!
動物園ですっ!!

でも見る側ではなく、見られる側(笑)。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2017.07.29 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスでは今も馬は立派な交通手段です♪

P_20170723_172638.jpg

▲我が家から車で5分くらいの場所です。

そこのけそこのけ、お馬様のお通りですぅ~

イギリスでは今も馬は立派な交通手段♪
今日もどこかで人を乗せ、優雅に一般道を走って(歩いて?)います。

この写真を撮ったのはオットの運転する車の中からで、この数秒後に車はお馬様を追い抜くのですが、人や自転車を追い抜く時以上にスピードを落として、お馬様を驚かせないようにするのがお約束なのでございます。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2017.07.23 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスの不動産(スティーブのお家探し③)

とうとう!ですぅ~
お仕事のパートナーで友人のスティーブがお家を買いました。

物件を探し始めて早3年。
とうとう念願の(悲願の?)お引越しが始まるのですね(しみじみ・・)。

ところで・・
彼がなぜ持ち家があるにもかかわらず今回お家を購入することにしたのかというと、今のお家が大量の古書やアンティークの食器で一杯になってしまい、荷物(か自分)を移動する必要性が生じた為(笑)。


P1250391.jpg
▲ダイニングルームに良さそうな部屋にサイドボードとテーブルを運び入れました。

物件は3階建てのヴィクトリアンハウスで、1階にはダイニングキッチンとリビングルーム+2部屋とトイレ・洗濯ルーム、2階に4部屋とバスルームが2つ、3階は2部屋とバスルーム(日本式に言うと8LDK)と充分な広さがあるので、ストレスなくお荷物の搬入が可能だと思います。


P1250377.jpg
▲日当たりの良い2階の部屋。ここがリビングルームになりそうです。

お引越しのお手伝いに行った時に何気なく見ると、1階の真ん中の日当たりのあまり良くない部屋がすでに物置になっていました。

ちなみもう一つのお家は築250年くらいファームハウスで、今回購入したお家に負けないくらい大きいのですが、部屋のほとんどが物置で開かずの間状態という・・。
その内いくつかは本人でさえ何十年も開けたことのない、正真正銘の開かずの間です。

そういえばファームハウスに2つあるキッチンの1つは”モノが一杯で危ないから”というよくわからない理由で、ドアを釘で打ち付けて開かなくしてあったりします。

今現在、新しいお家の物置はこの部屋を含めて2つ。
まだ開かずの間にはなっていませんが、今後を見守りたいと思います(笑)。


P1250502_1.jpg
▲物置部屋。

さてさて・・
彼が何を最初に移動するのかと興味シンシンで様子を窺っていたところ、一番最初に移動をしたのは古書でもアンティークの食器でも勿論自分自身でもなく・・・


P1250394.jpg
▲カーテン選びに余念のないスティーブ。

なんと”アンティークのカーテン”でした。
どうやらスティーブ的には、お家にはまずカーテン・・らしいです (;^_^A

2017.05.21 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスも春です

んー春ですね~

イギリスも日中は大分暖かくなり、週末はお庭でご飯やお茶をいただく機会が増えました。
(夜は暖炉を焚くほど冷える日もありますが・・)

ところで・・
私はいつも午後3時から4時くらいの間にお茶の時間を取るのですが、その時にもし晴れていたらとりあえず犬ムスメ(モモ)を連れてお庭に出ることにしています。
(モモも私も日光に当たって健康増進です♪)

今日はぽかぽか陽気だったのでお庭でお茶にしようと戸を開けたところ、猫専用の出入り口からすでにお出かけをしていた猫ムスメがお庭で元気に遊んでいました。

下の写真で彼女が乗っているのは鉄製の大きなバケツで、鉄で作られているところと形状から多分ヴィクトリア時代の家畜用の水飲みバケツだと思うのですが、詳細は不明です (;^_^A


P1000443.jpg


何しろ築500年以上の古ーーーい家なので、敷地のあちこちに何十年も何百年も置かれたまま勝手にアンティークになってしまったモノが色々あります。
(そもそも家自体がアンティークですね(笑))
年代が特定できるモノもありますが、いつからあるのか何に使うのかサッパリわからないモノも・・。

実は去年、庭に池を作ろうと穴を掘り始めたところ、ヴィクトリア時代のシャンパンボトルや薬瓶、拳銃、靴など、普通にアンティークショップで売られているようなアイテムがザクザク出てきて、ついヴィクトリアンキャットに掲載してしまいそうになりました(冗談です)。


P1000438.jpg


実はこの鉄バケツ、猫ムスメの水飲み場になっています。
水面が低いので後ろ足で踏ん張って身を乗り出して水を飲んでいるのですが、どうして私が用意した普通のお水を飲まないで大変な思いをしてココから飲むのかは超絶謎です。
もしかしたらこっちの方が美味しいのでしょうか??

お庭に出すとモモは勝手にお散歩に出かけるので(庭が2,500坪程あり結構広いので・・)、私はお庭のテーブルか温室で彼女が歩き飽きて戻ってくるまで待って、大体私の飲み物が無くなる頃に戻って来るので(30分~1時間)、一緒にお家に入ります。

さぁ、モモも戻ってきたし、お夕飯の前までに残りのパソコン仕事を片付けてしまいましょ♡


P1000396.jpg

クルミの木の前のテーブル。

P1000353.jpg

塀の上で何かを狙っている猫ムスメ。


2017.04.27 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

お花見に向かないイギリスの桜

今年は満開になるのでしょうか??

日本の桜は一気に咲いて一気に散って、その後葉っぱが出てきます。
一方イギリスの桜は咲き方に勢いがないというか・・、の~んびりと咲きつつ少しづつつ散っていくせいで、満開にならずに葉っぱが出てきてしまうことが多いのです。
これは桜の種類が違うのではなく、1年を通して冷涼で寒暖の差のない気候のせいだと思います。

モチロン運よくピンク一色の満開になることもないわけではありませんが、その時次第♪運次第♪なってみないとわからないので、お花見の予定は立てられません (;^_^A

ところで・・
日本でお花見の予定を立てる時にお世話になるものといえば気象庁の開花予想ですが、そこには地域ごとの開花予想日と 満開予想日 が記されています。
もしイギリスで同じようなものを作るとしたら、地域ごとの開花予想日と 満開になるか予想 になると思います(笑)。



P1000111.jpg

イギリスでよく見かける桜の咲き方。満開にならずに葉っぱが出てきてしまいました。


P1000140.jpg

我が家の庭の桜の木。
ビミョーに葉っぱが出てきているような・・
今年は満開は諦めて、今お花見をしてしまうべきでしょうか??


2017.04.14 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスでインプラント治療(4本目)

シクシク・・
ほっぺが痛いですぅ~

インプラントの治療の為、腕の良いお医者さまが集まるという”ハーリーストリート”にある専門の歯医者さんに行ってきました。

ムカシはもし歯を無くしてしまたったら、入歯かブリッジくらいしか選択肢がありませんでしたが、本当にヨイ時代になりました。
ちなみに私の初めてのインプラントは25年くらい前、まだ20代の頃でした(遠い目・・)。
子供時代からあまり歯が丈夫ではない私は、1/4以上がすでにインプラントなのです・・


sP1000041_1_201704120757054b7.jpg

▲外壁にハーリーストリートと書いてあるので、ここを曲がります♪


sP1000043.jpg

▲看板はないので、チャイムを押して開けてもらいます。


sP1000045.jpg

▲待合室でコーヒーを飲みながら、まったりと待ちます。
なんだかちょっとエステサロンみたいな感じです(笑)。


さてさてインプラントですが・・
最近は大分メジャーになってきたのでご存知の方も多いと思いますが、簡単に言うと歯がない部分に歯を作る治療です。

原理はとてもシンプル。
まず歯茎(骨)に穴を開けてそこに人工の歯の根を埋めます。
3か月くらいしてその人工のへの根と自分の骨がくっついたら、人工の歯の根の上に白い人工の歯を取り付けるだけ。

見た目も使い心地の自分の歯そのものなのですが、本物の歯のようなゆるみというか遊びみたいなものはないので、例えば食器やカトラリーがインプラントの歯に当たるとゴツンと歯の骨に響くような鈍い衝撃を感じます。
でも普段はインプラントがどの歯だったか忘れてしまうくらい馴染んでますが・・。

私は今回(自分の骨が少し足りなかったので)人工骨を入れる為に大きく歯茎を切っているので、ほっぺが破壊的に腫れています。
元々丸い顔ですが、今は顔の半分がラグビーボールみたいな形です。
大きさは当社比で130%くらいでしょうか?


sP1000036.jpg

▲このお店のケーキは日本のケーキっぽくて、時々めっちゃ食べたくなるのです~
お店の名前は 「BAKE&CAKE」 。
ヒルトンホテルのすぐそばなので、お近くに行かれた際にはぜひ♡


なぜかこちらでは抜糸までの2週間は乳製品が禁止なので、歯医者さんに行く前にお気に入りのケーキ屋さんでクリームたっぷりの苺ショートモドキをしっかりいただいてから手術に臨みました。

・・でも困りました。
さっき食べたばかりだというのに、また食べたくなってしまいました☆
(舌先がクリームを欲していますぅー)


あ、ヨイ考えが浮かびました!
持ち帰りで買って、2週間冷凍庫で休んでいてもらうというのはどうでしょう??

2017.04.08 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスの不動産(スティーブのお家探し②)

やっとですぅー・・

「イギリスの不動産(スティーブのお家探し①)」から早一年。
やっと条件に合いそうなお家が見つかりました♡

そもそも持ち家があるスティーブがなぜにお家を探しているのかといえば、それはズバリ!
喉から手が出るほど”スペース”が欲しいから(笑)。

今のお家もかなり広めのファームハウスなのですが、モノ(在庫?)で埋まった開かずの間が沢山あって実際に使えるスペースはかな~りビミョー・・。
そんなわけで、今回探しているのは倉庫として使える広ーーーーーーいお家。

さてさて・・
今回の物件はヴィクトリア時代のスパリゾートとして栄えた風光明媚な街にあります。
街にはヴィクトリア時代に建てられたホテルや当時のお金持ちたちがスパリゾートに滞在する為に別荘として建てられたお家が沢山残っており、今回スティーブが購入を検討している物件もそんなお家の1つです。

物件は3階建てで、1階にはダイニングキッチンとリビングルーム+2部屋とトイレ、2階に3部屋とバス&トイレが2つ、3階は2部屋とバス&トイレ・・と広めです。
車も建物の前に3台、裏に2台、道路にも駐車専用スペースが付いているいうなかなかの好条件。

実は「イギリスの不動産(スティーブのお家探し①)」と今回の②の間にも沢山の物件を見に行っているのですが、スティーブ的に全て検討の価値なし!・・ということで2度とお邪魔することはありませんでした

今度こそ決まりますように♡


sP_20170309_154301.jpg

ヴィクトリア時代に建てられた似た感じのお家が並びます。


sP_20170309_145554.jpg

キッチン


sP_20170309_150210.jpg

2階の部屋


sP_20170309_150411.jpg

3階のバス&トイレ


sP_20170309_150858_HDR.jpg

3階からの眺め


sP_20170309_154632.jpg



2017.03.09 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスの不動産(スティーブのお家探し①)

何か私でお手伝いできることはア~リマセンカ??(←死語デスカ??)

3年前に我が家を購入した時も最近隣接する土地を追加で購入した時も、交渉から契約までスティーブには沢山助けてもらいました。
友達とは本当に有り難いものでございます(しみじみ・・)。

そのスティーブが、今度は自分のお家(・・というか、モノ置き場)の購入を考えているようです。
彼には数年前にも”お家買いたいブーム”があったのですが、今回はけっこー本気みたいです(笑)。
現在住んでいる(所有している)のは200年くらい前に建てられた結構大きなファームハウスなのですが、モノで一杯で危ないので鍵をかけてしまった”開かずの間”が3~4部屋、残った部屋もモノで溢れていて有効利用面積がめっちゃ少ないのです~


1.jpg
建物の外観


・・というわけで、
写真のお家を一緒に見に行ってきたのですが、ヴィクトリア時代ラブの私にはなかなか興味深い物件でした。
外見も思いっきりヴィクトリア時代ですが、(ドアを開けて)エントランスに足を踏み入れると更にヴィクトリア時代で・・、もしかしたら私、ヴィクトリア時代にタイムスリップしてしまったのかも♡・・な~んて思っちゃいました(笑)。
出来ることなら、このヴィクトリアァ~ンなお家でヴィクトリアァ~ンなアフタヌーンティーをいただいてみたいものです♡


2.jpg
エントランス


さてさて・・
スティーブの一番の関心事、このお家の収納スペースですが、各ベッドルームに付いているウォークインクローゼットをはじめ、どうやって使うのかしら・・と思わず首を捻ってしまうような天井近くの巨大物入れ(人が寝れるほど広い!)や高い天井を利用したロフトスペース等など、家中あちこちに充分過ぎるスペースが点在しておりました。

これはもう、買うっきゃない!(←死語ですね~)

私にはお値引き交渉とか契約等のハイレベルなお手伝いは出来ませんが、物件までの運転や写真撮影、お引越し荷物の運搬etcの体力勝負のイロイロイで日頃のご恩をお返ししたいですぅ♡


3.jpg
長~い廊下。

4.jpg
天井まで3mくらいある、(上にも横にも)広々としたリビングルーム。

5.jpg
メインベッドルーム。

6.jpg
地下のセラーをチェック中!

7.jpg
バスルーム。今時の一般家庭では見ない「ビデ」が付いてます。

8.jpg
広いお庭には池もあって、めっちゃ素敵でした♡


2016.04.22 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

スイーツデコ(食品サンプル)でクリスマス・ハンパー♪

悩みますぅ~
 
クリスマスやお歳暮、パーティーのお呼ばれなど等、12月は贈り物の季節。
毎年この時期になると、無い知恵を絞ってアレコレ考えます。

形のあるものは好みもあるし、食べて(使って)なくなってしまうものの方が・・とか
必ず食べて(使って)もらえて、かつ喜んでもらえるものって・・とか

お歳暮のCMでありがちな「サラダ油セット」や「洗剤セット」みたいなものは、それなりに喜んではもらえて使ってももらえるだろうけれど、意外性や驚きは皆無だよなぁ・・
やはりプレゼントを贈るなら少しは驚いて欲しいし・・
驚きや意外性のあるサラダ油セット(生活必需品)、どこかにないかしらん?

う~ん・・・


・・な~んて悩んでいたら、アイデアの神様(?)が下りてきました~(笑)。

私の趣味は怪しい創作石鹸と食品サンプル(スイーツデコ)作りなのですが、普段は何の役にも立たないこの食品サンプル作りの趣味を生かして(?)、贈る相手が好きな(好きそうな)食べ物のパッケージに「ほんの少しおめかし」をしてプレゼントをすることにしました♪
これなら100%間違いなく食べてもらえます(笑)。

驚いてくれるといいなぁ



sP1220404400.jpg

おめかししたジャムやはちみつ、サルサソースの瓶を詰め合わせてクリスマス・ハンパー風にしてみました~。
飾りは粘土、クリームやサルサソースはお風呂とかで使うシーリング剤です。
サルサソースは透明のシーリング剤に赤と黄色のアクリル絵の具で着色します♪
奥の赤い包みはクリスマスプレゼント。

sP1220416400.jpg

小さなワッフルやクッキーにはピンをつけてあるので、チャームとして使えます♪

sP1220379400.jpg

苺ジャムの蓋には生クリームと苺、さくらんぼのジャムの蓋にはチョコレートソースを敷いて生クリームにさくらんぼをオン、はちみつの蓋にははちみつをかけたホットケーキetc. 中身のイメージでデコデコしちゃいますぅ!



2015.12.28 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

大いなる野望~滝と小川と池のある庭~

ガーデンディナーやバーベキュー、温室のお茶会など等、楽しい夏のイロイロで短~~い英国の夏は慌しく過ぎてゆき、気がつくともう秋の気配が・・。

IMG_8405.jpg
温室でのお茶会

IMG_8396.jpg
お庭のバーベキュー

ありゃりゃ・・
うっかり遊び呆けていたら、今年の夏もガゼボ(東屋)が組み立てられませんでした。
(前のお家から持ってきた藁葺き屋根のガゼボ、まだバラバラさんなのです~)
いえ、ガゼボを建てるだけならそれほど難しくはないのです。

・・が、

実はワタクシには大きな大きなヤボウ(ムボウ?)が・・。
それはお庭に滝と小川そして池を作って、ガゼボを池にせり出した形で設置すること!(キリリッ!)
その為にはまず、池を掘らなくてはいけません。

夏の日の午後、滝の水しぶきを浴びながら小川に架かった橋を渡ってガゼボに向かうワタクシ・・(うっとり~)。
夢(妄想?)はどこまでも広がります(笑)。


IMG_8681.jpg
温室とキッチンガーデンのある前庭。右側はリンゴと胡桃の木。
(ガゼボは裏庭に建てる予定です~)

IMG_8764.jpg
今日の収穫。
夫婦2人なので、お庭の野菜でけっこう間に合ってしまいます。

IMG_8561.jpg
仙台長なすを栽培しています♪

IMG_8562.jpg
オットが植えた苺。
味も香りもグッドなのですが、やたら小さいです☆

IMG_8757.jpg
シシトウ。

IMG_8754.jpg
かぼちゃ。

IMG_8783.jpg
ジャガイモもたくさん出来てます♪(食べる分だけ掘り出してます~)


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2014.08.25 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

お誕生ウィーク+α ~幸せだから健康!?~

んー・・、なんだか幸せですぅ~。

毎年お誕生ウィークには、お友達が訪ねてくれたりオットからちょっとスペシャルなプレゼントをもらったりするのですが、今年はお誕生日の週だけではなくそのまま楽しいイロイロが続いています。

実は今年の春に突然オトートが急性白血病を発症し(”急性”なので”突然”なのは当たり前ですね・・)、私の骨髄を移植できるのかどうかを調べる為に日本へ行ってきました。

検査の結果は、4つある因子のうち2つのみの一致。
私の骨髄を移植するのは現段階ではリスクの方が大きいということで(緊急事態では使う場合もあるようですが・・)、結局抗がん剤による薬物療法を行うことに・・。

心配をし過ぎたのでしょうか?
それとも(骨髄タイプが合わなくて)ガッカリしたのが原因でしょうか??

イギリスに戻ってすぐ人生初の胃潰瘍で病院のお世話になり、ひどい激痛は1ヶ月のお薬で治ったものの、それ以来ちょっとしたことで胃が痛くなる・・を繰り返していました。

そんな中で迎えたお誕生日。
当日は普段よりちょっぴり豪華な晩ごはんをオットといただき、翌々日は恒例(?)のHちゃんと彼女の天使ちゃんたちとのお誕生日会、スティーブ(当店のバイヤー)とお誕生日のレストラン・ディナー、アフタヌーンティー・・とお誕生ウィークは慌しくも楽しく過ぎてゆき、その週末には日本とオランダから翌週末には2年ぶりにお友達夫婦が日本から、翌々週末にはタイに住むお友達ファミリーが訪ねてくれ、幸せ~な時間を過ごしました。

その間にも普段なかなか会う機会のない友人が急に連絡をくれて遊びに来てくれたり、長らく音信不通だった知人に出先でバッタリ会ってそのままお茶をしたり・・。
ふと気がつくと、お誕生日以降は一度も胃が痛くなっていなかったのです!

”笑う(楽しい/幸せ)”とナチュラルキラー細胞(病気と闘う細胞)が増えると聞きます。
もしかしたら”健康だから幸せ”なのではなく、”幸せだから健康”なのかもです。


P1180476_20140725100932047.jpg
日本からのお客さまには思いっきりイングリッシュな晩ごはんです~。
使っている器はウェッジウッドのクイーンズウェアです。

P1180548_201407251009332f8.jpg
朝食は当然、フル・イングリッシュブレックファースト!(笑)
トーストラックは必須アイテムです(キリリッ!)。

使っているお皿はヴィクトリア時代のブルーウィロー。
写真のカップ&ソーサーもヴィクトリア時代のものですが、ティーポットとミルクジャグは1930年代のものです。
どの時代に作られたものであっても、メーカーが違っていても、図柄はほとんど同じなので違和感なく使えます。
ただし近年のものは絵の線の太さがキレイに均一に揃い過ぎていて(古い時代のものは線の太さがまちまちだったり、部分的に線がつぶれていたりします)混ぜると違和感を感じるかも・・?

IMG_8153.jpg
お天気が良かったのでガーデンパーティーを開きました。
いただいたシャンパンで、タイのお友達と1年ぶりの再会を祝して乾杯!

P1180459_2014072510093087a.jpg
ミニ図書クラブ(ミニ送別会?)でお友達が持ってきてくれたクロワッサンサンド。
めっちゃ美味しくて、またリクエストしたくなるお味です。


R0040328.jpg
スティーブとお誕生日ディナー。
私の大好きなタイご飯です♪
この時期ヨーロッパは、夜の10時くらいまで明るいのです~。

R0040322.jpg
スティーブからのプレゼント。
リトグラフです。

R0040292.jpg
Hちゃんと天使ちゃんたちからのプレゼント。
お庭に植える花の咲く木です♪

IMG_8146_20140725100856a4a.jpg
お友達からお誕生日のお祝いにいただいたシャンパン。
どちらもほんのり甘くて美味しかったですぅ~。

R0040336.jpg
飛行機に乗ってやってきた(笑)、40年来の大親友からプレゼント♪
すみれのカップ麺や私の大好物のミニあんドーナッツなど等、うふふなイロイロの詰め合わせです。


今年のオットからのバースディープレゼント♪
IMG_8193_20140725100859246.jpg
今年のオットのバースディープレゼントはキッチンのミニ改装です。
夏場はアーガオーブンがあまりに暑いので(アーガはオーブン全体を温めないと上にあるコンロが使えないのです・・)、電子レンジを置いていたスペースに電気の調理器を付けてもらうことに・・。
写真はカウンターに設置の為の穴を開けたところ。

AGA(アーガ)オーブンのトンでもない弱点!?はこちら≫

IMG_8195_20140725100900b15.jpg
穴に調理器が収まりました~(パチパチパチ~)。
スペースの関係で2口コンロです。

IMG_8233_201407251009282f5.jpg
行き場のなくなった電子レンジは壁にオン♪

IMG_7679.jpg
キッチンガーデンも作ってもらいました~(まだ完成していませんが・・)。

2014.07.25 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

ジャパニーズ・ツーリストの秘密

ジャパニーズ・ツーリストはパワフルです~。

先週末から今週初めにかけ、40年来の大親友が彼女の友人と一緒に遊びに来てくれました。
・・が、滞在予定はわずか5日。
(日本からヨーロッパに5泊で来るなんて)まるでビジネスマンの出張みたい~・・と言うと、前回より2日も長いわ~!と逆に胸を張られてしまいました(笑)。

そうでした!
彼女は今から5年前、企業戦士ジャパニーズ・ビジネスマンでさえ怖気付きそうな”3泊”という信じられない日程でイギリスにやって来たツワモノなのでありました。

さてさて・・
ジャパニーズ・ツーリストの1日は過酷(?)です。
まるで回遊魚のようにひとつの場所に留まるということを知りません。

ある日の日程

車で1時間30分
博物館&美術館(時間がなくてランチは抜き☆))
巨大ショッピングモールでお買い物&街中クルーズ
レストランで夕食
車で50分
パブでビール
車で50分


ジャパニーズ・ツーリスト(それとも彼女たちだけ?)は動作が機敏です。
今まで隣にいたと思ったのに次の瞬間には離れた場所にいたり・・、走っているというわけではないのに”動き”そのものが早いのです。
そしてこの”早送りのビデオのような動き”こそが、短い日程で観光イロイロを可能にする秘密に違いありません!


R0038786.jpg
この先に博物館&美術館があります~。

R0038800.jpg
手前はウエッジウッドのショーケースです。

R0038798.jpg
私の大好きな銀器の展示。

R0038830.jpg
パブの外観

R0038827.jpg
ハイ、チーズ♪

テーマ:イギリス旅行 - ジャンル:旅行

2014.02.09 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

憧れの英国カントリーハウスに暮らして・・

憧れのカントリーハウス暮らしを始めて早2ヵ月半。
イロイロなことがありました(遠い目・・)。

温度設定もタイマーもない使い方が超ミステリーなアーガオーブンと仲良くなる為、アーガが主催するクッキングクラスに参加したり、人生で初めて♪チムチムニ~チムチムニ~♪の煙突掃除の人に来てもらったり、(念の為)井戸水の消毒をお願いしたり・・。

次のプロジェクト(野望?)は、表庭にある小さな建物を改装してゲストハウスにすること、そして裏庭に池と小川を作ること
前のお家から持ってきたガゼボを池に浮かべる形で設置したいのですぅ~(うっとり~)。

あ、その前に図書室を作らなくては!
(ダンボール40箱分の私の愛蔵書数千冊が、ガレージに放置されたままなのですぅ・・)
なぜかこの家には4台分のガレージがあるので(我が家には車は2台しかありません)、そのうちの一棟を改装してライブラリーにしちゃいます♪
日常から離れ(母屋から離れているので、片付いていないキッチンもお部屋も見えません!)図書館気分で読書が楽しめるなんて、想像しただけで幸せ~。

夢(野望?)はどんどん広がります(笑)。


sP1170017.jpg
裏庭から見たところ

sP1170015.jpg
ダイニング

sP1170022_20131028060839933.jpg
キッチン

sP1170006.jpg
2階のバスルーム
200年ほど前に火事に合い、建物の一部を消失したそうです(バスルームあるスペースは火事の後に増築されたと思われます)。
バスルームの柱に焦げ跡が残っているらしいのですが・・。

sP1170008.jpg
オットの書斎&寝室

sP1170005.jpg
私の寝室(以前使っていたウォーターベッドは重すぎて(多分1トンくらい)古い家では危険なので、現在お気に入りを探している最中なのです~。

sP1170004.jpg
私の寝室用のベッドが見つかるまで、3階のシングルベッドで寝ています(笑)。
このベッドはヴィクトリア時代のもので真鍮製。可愛いのでお気に入り♪

sP1170021.jpg
表庭
手前の大きな木はくるみの木で、その後ろに小さな果樹園とグリーンハウスがあります。


肝心(?)なことを忘れていました~。
このブログは“カントリーサイド ヴィクトリアンコテージ便り”というタイトルだったのですが、お引越しをしてヴィクトリアン(ヴィクトリア時代の)コテージではなくなってしまった為、タイトルを変えました(笑)。
※ヴィクトリア時代は1837年から1901年まで

ちなみにこのお家は一番古い部分が15世紀頃で(その後何度も増改築が加えられたようです)、中世の船を解体して作られたと隣のお屋敷(ホール)に住むP夫妻に聞きました。
元々このお家はP一族の所有で、1700年代に現在のお屋敷(とても美しいジョージアン様式のホールです)を建てる前はここが母屋だったそうです。
その後1970年代に彼らのお父様が税金対策の為に売却し、回りまわって(?)私たちのお家になりました~。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2013.10.28 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

ハーフアンティークのバースディー(お家をプレゼントしてもらいました~)

先週末にハーフ・アンティークのお誕生日を迎え、今週はバースディーウィークということで幸せな日々を送っております。

お掃除が苦手な私の為にオットの〝お掃除〟のプレゼントから始まったバースディーウィークは、遠くに住む友達が突然会いに来てくれたり、ここ数年いただいたことのないような大きな花束を贈られたり、ずっと探していた本をいただいたり等など、沢山のサプライスがありました(本当にありがたいことです~)。

IMG_6177.jpg
お友達のHちゃんにいただいた手作りのバースディーケーキ♪チョコレートとマジパンで作られたシッェドの中にケーキが入っています。

IMG_6154.jpg
モモとチョビもいます(笑)。

IMG_6157.jpg

IMG_6160.jpg

そしてバースディーウィーク最終日の今日、オットから新しい家・・というか、めっちゃ古い家(一番古い部分は15世紀らしいです)をプレゼントしてもらいました~。

BUT!
お家獲得までの道のりはけっこう険しかったです(遠い目・・)。
このお家は歴史的建造物ということでイギリスのグレードⅡ(重要文化財みたいなもの)に指定された物件なのですが、このグレードなんとかというのが厄介で・・。
(ちなみに私の大好きなエリ様が暮らすバッキンガム宮殿はグレードⅠです)

例えば・・
購入にあたってグレードⅡに詳しい建物の構造を調べる専門の方をお願いしたり、やけに高い建物の保険が必要になったり・・。
また購入後も建物が建てられた当時と同じ素材を使った同じ工法での修繕が義務付けられていたり、家の改装にカウンシルの許可が必要だったり・・と気が抜けません(笑)。

そう、グレードなんとかは政府の懐を 全く 痛めることなく後世に残したい建物を保存するアッパレな仕組みなのです!
所有者の意向と関係なく勝手に指定され(指定をお断りしたくても)辞退はできません☆

このお家は1987年に指定をされたのですが、その後、前の家の持ち主さんがカウンシルの許可なく窓を作ってしまったようで、今後その部分の変更をカウンシルから要求される可能性が・・(窓を塞げと言われるのでしょうか??)

でもこのお家に一目で恋に落ちてしまった私にとって、障害は恋ゴコロを更に燃え上がらせるだけ・・。
ああ、今の気分は、降りかかる様々な困難を乗り越え美しい姫をその胸に抱いた勇敢な王子そのもの

姫(家)はすでに思いっきりアンティークですが、私もあと50年悔いなく生きて立派なアンティークになりたいものです(キッパリ!)。
※イギリスでアンティークは製造後100年を超えたものを指します。


IMG_4707_20130627204049.jpg

R0037053.jpg

R0037018_20130627204054.jpg
憧れのAGAストーブ(オーブン)です♪


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2013.06.27 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

インスタント韓国ヨモギ蒸し〝パット〟

日本に住む大親友からお誕生日のプレゼントが届きました。

今年はめっちゃ可愛い靴やシルク肌になるという韓国製のクリーム等をプレゼントしてくれたのですが、オットも知らない私の靴のサイズを知っている彼女はいったい何者なのでしょう?(笑)

おおっ!
プレゼントの中に何やら怪しげな箱を発見♪
説明を読もうと箱をひっくり返すと、ありゃありゃ・・、そこには見慣れない文字(ハングル文字)が・・
(文字は 全く 理解でないので)描いてあったイラストから、これは中年女子がこれからお世話になるという〝〇漏れパット〟に違いないと(勝手に!)判断。

R0035525.jpg R0035527.jpg

・・で、
彼女のママンのような(?)優しい気遣いにサンキューメールを送ったところ、彼女は大爆笑☆
実はソレは〝〇漏れパット〟ではなく、〝パット型ヨモギ蒸し〟でした・・。
早々韓国通の彼女に使い方を聞き、お風呂上りに試すことに・・。

うぉ~、気持ちエエ~
↑オットいわく、最近私の反応が(オバさんをすっ飛ばして)オジさんなのだそうです(笑)。

めっちゃ気持ち良いという本場の韓国ヨモギ蒸しの経験はまだありませんが、インスタント韓国ヨモギ蒸しも充分気持ち良かったです
いつか韓国でヨモギ蒸しが試してみたいですぅ~。



ステファンと真ん中お誕生日会♪

R0035515.jpg
買い付けスタッフのステファンとはお誕生日が近いので、毎年一緒にお祝いをしているのです~。
いつもは2人のバースディーの真ん中辺りでお祝いをするのですが、今年は思いっきり私寄りです。

R0035517.jpg
今年のメインディッシュは〝焼きソバ〟です。
ステファンは箸でソバと戦っていました(笑)。


Hちゃん作:今年のバースディーケーキ

P1130327.jpg
友人のHちゃんから〝巨大ハンバーガー型ケーキ〟をいただいちゃいました~。
バーガーパテはなんとレーズンチョコレート。
Hちゃんは毎年手作りのバースディーケーキをプレゼントしてくれるのですが、以前のビクトリアンケーキ等のトラディショナルなケーキが一変、ここ数年は猫がケーキをよじ登っていたり、ケーキがシマウマ模様だったり・・、何だか年々すごい事になっています(笑)。

P1130330.jpg
まるで本物のハンバーガーみたいですぅ。
飾り(トマトやレタス、チーズ等)はお砂糖でできているので、ぜ~んぶ丸ごと食べられます。

IMG_3278.jpg
・・というわけで、ハンバーガーケーキ型ケーキを囲んでHちゃんファミリーとハンバーガーパーティーです


テーマ:おすすめ商品案内 - ジャンル:ライフ

2012.06.28 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスで不動産 ~お家探し、再開!~

イロイロな事情で中断していたお家探しを再開です~。
(長年のイギリス的食生活のせいで自分自身が大きくなってしまったせいなのか、ハタマタ荷物が増え過ぎてしまったせいなのかは不明ですが、なんだかお家が狭いのですぅ・・)

不動産屋さんから、いい物件がありまっせ~のメールをもらいながら、ちょっと無理めのお値段にそのままになっていたお家の値段が1割近く下がったので、思い切って室内を見せてもらいに行ってきました~。
ちなみに私は古~~いお家を探しています。

古い建物のほとんどがそうであるように、やっぱりこの家も2階の床が思いっきり斜めっていました(笑)。

この建物の記録は17世紀の中頃に始まりますが、一番古い部分は16世紀に建てられたようです。
16世紀といえば日本はちょんまげ江戸時代~!の更に前・・の安土桃山時代、イギリスはシェイクスピアが生まれた辺りの時代・・とそう考えると、床が斜めっていても床が落ちていてもそう不思議ではないかもです。

ところで・・
この家は1960年代に購入した現オーナーによって増築などの改装が行われたのですが、その後グレードⅡにリストされたせいか新たに手は加えられてない(手が加えられなくなった?)ようです。

このあまり聞き慣れない「グレードナントカ」というのはイギリスの古い建物を保存する為に考えられた グレートな仕組み で、うっかり(?)コレに指定されると許可なくしていかなる改装も、それどころか当時と同じ方法で行わないのならば修理さえもままならないという、プチ文化財の保存/修理を持ち主に丸投げする(すなわち国の懐を全く痛めない)すごいシステムなのです(笑)。

う~む・・
(プチ文化財の保存に)貢献すべきか、すべきでないかそれが問題だ!
(↑ハムレットの有名なセリフ風に



R0032065.jpg
建物

R0032067.jpg
お庭からの風景(絶景です~)

R0032041.jpg
リビングその①の暖炉(もう一部屋リビングがあります)

R0032043.jpg
ダイニング

R0032045.jpg
キッチン

R0032049.jpg
ユーティリティー

R0032055.jpg
2階の踊り場


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2011.10.03 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

やりたい放題の一週間 ~バースウィーク~

朝からシャンパン!・・のウハウハ(←死語です~)なバースウィークが終わり、今日からいつもの日常です。
あっちでこっちで1週間で6本シャンパン開けちゃいました。
(バースウィークはやりたい放題なのです~)

先週の火曜日、○8歳のお誕生日を迎えました。
ココロはいつでも夢見るエイティ~ン♪ なのに、ワタクシったらいつの間にこんな年に・・!?
(夢見るお年頃から30年も過ぎてしまったなんて、アンビリバボー!です~)

それにしても・・
年を取れば自然にオトナらしく振る舞えるというわけではないのですねぇ。
実はワタクシ、未だにうっかりキャピキャピしてしまい、「ハッ!」とすることがあります・・。
でももっと「ハッ!」とするのは、予期せずうっかり鏡に映ってしまった時(笑)。
これは驚きます。
(普段鏡に顔を映す時は「映るぞ、映るぞ~」とココロの準備を整えてから鏡を見るので自動補正が入るようです)

顔といえば、子供時代、ものすごぉぉぉ~~いツリ目だったせいで「ねこ」と呼ばれていたのですが、最近は年のせいでフツーのツリ目になりました。
たぶん今は猫ほどツリ目じゃないです。(本物の猫と比べてどうでしょう??)

BUT! BUT!おーごんBAT!!(←死語です~)
目元が優しくなったのは嬉しいですが、カラダのラインまで優しくはなりたくなかったです・・。



P1070103+1.jpg
今でも私を「ねこ」と呼ぶ、小学校時代からの大親友から海を越えて嬉しいプレゼントが・・

P1070000+1.jpg
お庭でシャンパン

R0031452+1.jpg
Hちゃんから手作りのビクトリアンケーキとビクトリアン・プラムの木を頂きました
ビクトリアンケーキは私の大好物なのですぅ~。

R0031457+1.jpg
チョコレートフレーバーのビクトリアンケーキは初めてです。

P1070078+1.jpg
おうちでシャンパン♪平日はいつも午前様のオットが夕方に帰ってきてビックリ!
テーブルの赤い花はお庭と森の境目に自生していた野生の(?)バラ。

P1070064+1.jpg
最近、ハマっている生ハム&シュロップシャー・ブルー(チーズ)のサラダ。
オリーブオイルと煮詰めたバルサミコ酢をかけて頂きます。


P1070128+1.jpg
ビジネスパートナーのステファンとシャンパン♪
お誕生日が一ヶ月違いなので毎年一緒にお祝いをするのです~。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

2011.06.28 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

友人Yちゃんがイギリスのテレビに!

オットの高校時代の友人でフリーのジャーナリストであるYちゃんとご主人でカメラマンのSさんが、我が家に遊びに来てくれました。(こんな僻地まで本当にありがたいことです~)
お二人にお会いするのは実に3年ぶり!
本当に久しぶりです(しみじみ・・)。

前回Yちゃんたちにお会いした時のブログ
ピーターラビットに会いにイギリス湖水地方へ・・

前回同様Yちゃんたちの渡英の目的は雑誌の取材ですが、今回はYちゃん自身が取材を受けるというハプニング(?)が・・!
取材をする側のYちゃんがなぜに取材をされる側に??
真相は日本からのジャーナリストとして「東日本大震災チャリティーランチ」に招かれたYちゃんが取材に来ていたTV局の人にインタビューをされた、から。
(我が家にはTVがないので)私はその様子をインターネットで見たのですが、真摯にそして堂々とインタビューに答えるYちゃんに同じ日本人女性として誇らしい気持ちになりました。

実は私の実家は東北地方太平洋沖地震で被害を受けた宮城県の仙台市にあります。
幸い家族や親戚、親しい友人で酷い被害を受けた人はいませんでしたが、行方不明になった方や亡くなった方、そして動物たちのことを思うと胸が苦しくなります・・。

(他の地域でもそうかもしれませんが・・)仙台では今も毎日のように余震が続き、また4月7日には余震というには大きすぎる震度6弱の地震もあり、実家の母たちは落ち着かない日々を送っているようです。
ゆっくりお風呂に入りたい!という母の願いが早く叶うとよいのですが・・。

3月11日の地震以来続く暗いニュース、そして個人的にも悲しい出来事があったりで気落ちしていたのですが、Yちゃんたちの訪問で久しぶりに明るく楽しい時間を持つことができました。
本当にどうもありがとうございました!

日本の皆さんが一日も早く普通の日常に戻れますように・・。



P1060263+1.jpg
お土産に頂いたシャンパンは、何かヨイことがあった時に開けたいですぅ~


Yちゃんたちには今年1月に大人買いをした、我が家のハウスシャンパン(笑)を飲んでいただきました
(お気に入りのシャンパンがアフタークリスマスセールで安くなっていたのです~)
オットが2箱、ワタクシが10箱購入を主張し、結局間をとって6箱購入したのですが、やはり10箱・・、いえ、思い切って20箱くらい買えばよかったです・・ ・・・汗



テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

2011.04.16 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

エミレーツ航空で日本食♪ ~イギリス発→ドバイ経由→日本行き~

明日、飛行機に乗ってドバイへ向かいます。

ドバイは生まれて初めて
私の中のドバイのイメージは高級ホテル、マダ~ム、青い海、白いモスク、砂漠・・

・・が、

残念なことにドバイが最終目的地ではなく、ドバイで(飛行機を)乗り換えて日本へ・・(笑)。
(乗り換えの数時間ではなく、せめて1日・・いえ2日は滞在したかったですぅ・・)


さてさて・・
お仕事関係の事務的な手続きなど等、やらなくちゃ!がたまっている日本へ久しぶりにお邪魔することにしました。
古物商の書類やら印鑑やら普段は引き出しの奥のお大事袋の中に大切にしまっているイロイロを持って、いざドバイ・・、いえ、日本へ!


ところで・・
お大事袋をゴソゴソしていたら、同じ場所から去年のヘルスチェックの結果が出てきました。
改めて見直すと・・
ありゃりゃ・・、ビミョーにコレステロール値が高い・・
気がつきませんでした。
人間、見たくないコトは目に入っていないものなのですね(笑)。


(キリリ・・!)
人生をとっくに折り返したワタクシ。
この辺でしっかりお手入れをしておかないと立派な(?)アンティーク※になれないので、この際、歯医者さんや眼医者さんetc.気になるトコロは全部チェックしてこなくては!です~。
※イギリスでは100年を越えたものをアンティークと呼びます。


・・えっ?
なぜにドバイ経由なのか・・デスカ?
それはズバリ!(←死語です~)
ドバイから日本へ飛んでいるエミレーツ航空では機内食で日本食が頂ける&シートがゆ~ったりらしい・・とオットに強くすすめめられたからです~ にかー!


もっとも・・
当のオットは犬ムスメ&猫ムスメたちとお留守番ですが・・(笑)。

テーマ:飛行機(航空機) - ジャンル:旅行

2010.03.05 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスは大寒波、またまた大雪!

雪に閉じ込められています。

今朝オットを会社へ送り出してしばらくたってから電話がかかってきました。
とっくに会社についている時間なので、もしかして忘れ物でもしたのかしらん?と思ったら・・
雪のせいで(車が)進むことも戻ることも出来なくなり、家から100メートル地点で遭難(?)してしまったのだそうです・・ 汗


公道から1マイル(1.6km)離れた森の中にポツンと建っている我が家。
当然ながら家の周りの道に融雪剤が撒かれることも除雪が行われることも 絶対に ありません。
寒い日が続くと雪がどんどん重なっていきます。
どうやら家の周りはオットが考えていた以上に雪が深かったようです。
結局彼は車を乗り捨て、すごすご(←もしかして死語デスカ?)歩いて帰ってきました(笑)。


天気予報によると、今週金曜日にはお天気が回復・・というか、雨になるらしいです。
本当に金曜日までに雪が止めばヨイのですが、もしそのまま降り続けたらどうしましょう?
実はトイレットぺーパーが3巻きしかないのです ・・・汗
(田舎過ぎて新聞配達がこないので)新聞も取っていませんし、やはり庭の葉っぱ・・でしょうか??
(うー・・、考えたくないですぅ・・)


それにしても・・
この間といい今回といい、トイレに関する悩みが尽きませんデス~。




アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0018857.jpg


sR0018846.jpg
南蛮漬け


sR0018847.jpg
アボカド&エビのわさび醤油マヨネーズ和え


sR0018849.jpg
豚キムチ


sR0018850.jpg
(味は)チンジャオ・ロースー


sR0018858.jpg

sR0018862.jpg
今日のシャンパン
ほのかにリンゴのような香りがします。
やや辛口。
★★★


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2010.01.14 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスは大雪!30年ぶりの寒波

バチ が当たったのでしょうか?

クリスマスのお片付けはクリスマスから数えて12日目(1月6日)までにしないと良くないことが起こる・・らしいです。
(3月3日を過ぎてもお雛様を飾ったままにしておくとお嫁にいきおくれる・・にちょっと似ているような・・?)


さてさて・・
イギリスは30年ぶりの寒波です。
家の中は暖炉でぬくぬくなのでノープロブレム!
・・なのですが、
あまりの寒さに井戸が凍ってしまい、水栓をひねっても泥水しか出てきません。
一瞬ひるんだものの、たとえ泥水でも(水が)出るだけマシなのかも・・?


そう・・
あれはイギリスにしては暑かったとある夏のことでした( ・・・ 遠い目・・)
我が家の先のフィールドで牛さん達が水を飲み過ぎたせいで(牛さんと私たちは同じ井戸水をわけわけしています)、夕方になると水が全く出なくなるという日がしばらく続いたことがありました。


あの時は本当に大変でした・・。
洗濯や洗い物は朝のうちにやれば大丈夫なのですが、トイレの水が・・ ・・・汗
本気で今も庭に残る「ビクトリア時代のどっぽんトイレ」を使おうかと考えました(笑)。
(我が家はビクトリア時代に建てられたコテージで、庭に当時のトイレが残っています)


少し(かな~り?)不便ですが、とりあえずトイレが流せるのでヨシとします(笑)。




sR0018806.jpg

まず水を買わなくては!です~。


sR0018763.jpg

一面銀世界で物思いにふけるモモ嬢、もうすぐ7歳。


sR0018784.jpg

夏にモモが水遊びをした川もこの通り。
今はアイススケートができてしまいます(笑)。


sR0018751.jpg

笑うモモ。


クリスマスの片付け

やっとクリスマスのお片づけをしました~(笑)。



テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2010.01.12 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

ボタン付きの「白鶴(日本酒)」の瓶!? in イギリス

箱を開けてビックリ仰天(←すでに死語?)!

え・・っと、コレって・・
あの~、もしかして忘れたのでしょうか?


sR0017555.jpg

sR0017557.jpg
目 じぃー・・


・・・!にかー! 豆電球

洋服ならインクが出てくる仕組みなのでしょうが、コレは太目のワイラーでボタンのようなものが付いているだけ。
ワイヤーをペンチで切れば大丈夫なハズ!

ハズ ・・だったのですが、

当たり前ですが、ワイヤーはペンチで切れるようなやわな代物ではなかったです ・・・汗
お料理用なので人様にお見せするモノでもなし、そのまま使うことにしたのですが・・


冷蔵庫を開ける度にココロの中で「お金はちゃんと払ってるんですってば~」と言い訳をしてしまう、小心なワタクシなのですぅ・・。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.12.02 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

あぁ、青春!昭和、思い出の喫茶店 ~カップ&ソーサー~

このミョーに懐かしい感じはなんなのでしょう?

いつものようにお仕事の合間にコーヒーを飲もうとすると、突然、不思議な感覚に襲われました。


懐かしいような切ないような・・
一言で表わすと「胸キュン(死語です~)」(笑)。

それにしても・・
感情だけが蘇って元になった出来事が思い出せないなんて・・。
年・・、年なのでしょうか!?


目の端にぼんやりと映っていたナニカに何気に焦点を合わせると、なぜか更に胸がキュンキュンしだし・・(笑)。
それらは今日、ビクトリアンキャットの新着アンティークとしてHPに掲載したカップ&ソーサーたちで、調べ物をする間(キケンなので(笑))とりあえず机の前の棚に並べたものでした。


sR0017441.jpg


ん・・?
奥行きの浅い棚・・
一列に並んているカップ&ソーサー
デザインが全て違う・・

・・んん??
今一瞬何かを思い出しかけた・・?


ジー・・ じー<br /><br />

・・やはりダメです、思い出せません。
うー・・、すっきりしないですぅ。


ふ・・っと
コーヒーを飲もうとカップを口元に近づけた瞬間、コーヒーの香りが強烈に鼻腔をくすぐり・・
一気に遠い昔のイロイロを思い出しました(笑)。
(香りは強力に記憶を呼び覚ます・・という説は本当かもです~)


そう・・
ワタクシが青春(←死語デスカ?)真っ只中だった頃、デート中のひと休みの定番といえば「喫茶店」、世の中にはまだスタバのようなタイプのお店が存在しなかった時代(昭和です、ハイ)のことです。
長居の出来る雰囲気のヨイ喫茶店を知っていることは男子のたしなみ、いわばデートの必須科目のようなものでした(遠い目・・)。


当時憧れていた先輩に何度か連れて行ってもらった喫茶店、名前も場所もう忘却の彼方ですが、そこはコーヒー専門店で店の外まで良い香りが漂っていたのを憶え・・と申しますか、たった今、思い出しました(笑)。

壁一面に取り付けられた浅い棚には色とりどりのカップが「これでもか~!」というほど並び、お客サマはそこから気に入ったカップを選んでコーヒーを入れてもらえる仕組みで、どのカップも1客しかない為に人気のカップはいつも出払っていて・・。


うっく・・(←昭和的表現?)。
カップ&ソーサーも(女のコも)結局見た目が大切なのね~と、ココロの中で呟いたことまで思い出してしまいました・・ ・・・汗



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

2009.11.18 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスでシャーロック・ホームズ(コナン・ドイル) と再会!?

きゃい~ん!(←死語です~)

今夜はワタクシ、眠れないかもです は-と
(同じ台詞を随分前にも言ったような気が・・)

そう・・
あれは3年前~♪(←お若い方はご存じないかもです~)
・・ではなくて、1年前の「図書クラブ」。

あ、ワタクシ、
数年前から「図書クラブ」なるものを主催しております。
本好き&読む速度が異常に速い、しか~も!一度読んだ本は(よほどのことがない限り)読み返さないので本は増える一方なのですが、日本語の本を処分するとバチが当たりそうで捨てるわけにもいかず、・・かといって新品同様ピカピカの本をただ飾っておくのも勿体無いような気が・・(笑)。
(漫画からビジネス書まで全て合わせると3000冊はあるでしょうか?)
そんなワケ(?)でこの辺りにお住まいのマダームな奥様方に時々我が家にある本を借りて頂いているのです~ 本


さてさて・・
なぜにワタクシが今夜眠れないかと申しますと・・
実はこの図書クラブ、時には(人だけでなく)本との再会や出会いもあったりします。
当会では読み終わった本をご寄付頂く事も少なくないのですが(有難いことです~)、今回ご寄付頂いた本の中にビクトリア時代の偉大な作家の一人、コナン・ドイル(シャーロック・ホームズ)を見つけた時はそれはもう、ウハウハ(←死語デスカ?)状態。


子供時代、夢中になって読んだシャールックホームズ物語。(子供向けに編集されたものでしたが・・)
あの頃はまさか自分がイギリスに・・、そしてシャーロック・ホームズが活躍した時代(ビクトリア時代)※に建てられた家に暮らすとは思いもしませんでした( ・・・ 遠い目・・)。

ホームズの最初の事件(処女作ではなくて・・)は1874年の「グロリアスコット号」で最後の事件は1914年の「最後の挨拶」ということになっているので、彼が活躍したのはビクトリア時代の後期からジョージ5世の時代にかけてということになるのですが・・


物語の中にはガス灯や馬車、シリング(今はもう使われていないお金の単位)等、物語のアチコチにワタクシの大好きなビクトリア時代がちりばめられ・・、ひー・・ん、たまりませんデス~。
感化されやすいワタクシ、ビクトリアンキャット(私の運営するネットショップ)の洋古書コーナーでシャーロックホームズを扱うことを固く決意(笑)。
その夜、友人のアンティークディーラーさんにシャーロックホームズ物語のオリジナル版(雑誌)を探してくれるようにお願いプリーズしました(笑)。


そう遠くない将来、ビクトリアンキャットの洋古書のカテゴリーにシャーロックホームズ物語が並ぶかもです~ にかー!


sR0016541.jpg

今回ご寄付頂いた本の一部 上



豆電球
現在、当店の洋古書コーナーではビクトリア時代のカリスマ主婦ミセスビートンのレシピ本、同じくビクトリア時代のルイス・キャロルの不思議の国のアリスを中心に扱っています。
ここにコナン・ドイルのシャーロック・ホームズを加えて、ビクトリアンワールドを作るのですぅ~。



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0016473.jpg


sR0016483.jpg

今日のシャンパンはやや辛口。
★★★
※★の数は最大で5個ですが、あくまでおワタクシの好みです(笑)。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.10.24 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスは異常気象?!

シクシク・・・
暑くて眠れないです・・。

一体どうしてしまったというのでしょう?
地球温暖化?ハタマタ異常気象??
イギリスに住んで10年になりますが、こんなに暑い日が続くなんて初めてかもです。

しか~も!
ただ暑いのではなく 蒸し暑い のです。
もっともいくら日中暑かろうと夜ともなればグン・・と涼しくなるのですが・・。
そう・・、窓を開ければヨイのは、よぉぉ~くわかっているのです。


でもでも、網戸がないのですぅ~。


ところで・・
我が家は森の中の一軒家。
どのくらい山奥なのかは、時々庭に鹿やアナグマがいることからご想像くださいマセ(笑)。
山奥なので動物だけでなく虫もイロイロ棲んでいます。

そう・・
ワタクシ的には文字にするのさえ恐ろしい (←うぎゃぎゃ・・、書いちゃいました !絵文字名を入力してください) がそれはもう沢山いるのです・・。
オットは電気を点けなければ大丈夫と申しますが、もし入ってきたら・・と思うと想像しただけで冷や汗が・・ ・・・汗
蛾に比べたら暑い方が1000倍(もっと?)マシなのですっ!(きっぱり!)。


あぁ・・
それにしても暑いです。
思わず溶けてしまいそうですぅ・・。



sR0014273.jpg

チョビ(我が家のにゃんこ)が日向ぼっこしてます。


sR0014036.jpg

でもあまりの暑さに間もなく涼しいキッチンへ避難(笑)。


夜はしんどいですが、日中はサイコー!です。
週末度に(時には平日も!)お友達とBBQを楽しんでます~

sR0014280.jpg


お客様がイギリス人の場合は、BBQの王道ハンバーガーで・・。
(悪名高い?)イギリスの柔らかソーセージもジュージューしてホットドックを作ります。


お客様が日本人の場合は、日本式にまず軽いもので一杯ヤッてからBBQへ・・。 
BBQもハンバーガーではなく、炭焼き焼肉です~。(・・って韓国式?)


sR0014365.jpg


sR0014345.jpg

定番(?)の<海鮮サラダ>


sR0014353.jpg

<ロートビーフのワサビ醤油マヨネーズ>
簡単で美味しいのでお宅でもぜひ~。


sR0014351.jpg

<赤カブの甘酢漬け>
漬け・・などと申しておりますが、実は甘酢を煮立ててそこにカブをいれるだけです(笑)。


sR0014350.jpg

<ベビーポテトの丸ごとポテトサラダ>


sR0014347.jpg

最近ハマってる<チョリソー>
どこのモノが一番美味しいかお試し中~!


sR0014354.jpg

お土産に頂いた前菜、めっちゃ美味しかったです~。
ウェイトローズといお店のものなのですが、残念ながら我が家の近くにはないのです・・。


sR0014364.jpg

<千切り大根のキムチマヨ和え>
ワタクシ、思いっきりマヨラーなのです~(笑)。


sR0014361_20090703105241.jpg

<中華はるさめサラダ>
オットの好物&簡単だからいつもつい作ってしまいます。


sR0014358_20090703105241.jpg

<卵の醤油漬け>


sR0014355.jpg

<キノコおろしあえ>
オーソドックスにポン酢で頂きます~。


sR0014343.jpg

お土産に頂いたシャンパン。
美味しくて幸せでした~。



テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2009.07.03 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

オットの春休みは・・

休日の方が何かと大変だ・・。(by オット)

オット的には会社に行っている方がラクらしいです(笑)。
(会社でどんなお仕事をしているのでしょう?謎ですぅ~。)


オットが春休みなので思い切って(?)ウッドデッキのお掃除をすることにしました。
冬の間に生えた緑コケが洗っても(色が)落ちないので、専用洗剤を使っての大掃除!です。
本当はもっと早くにやってしまいたかったのですが、寒かったり(オットが)忙しかったりでなかなか取り掛かれなくて・・。


それにしても・・
テキパキ!テキパキ!音が聞こえてきそうなオットの動き。
分身の術でしょうか?
オットが何人にも見えます !絵文字名を入力してください


さてさて・・
良くも悪くも中庸の無いオット。
やる時は徹底的!
デッキはモチロン、ガゼボもガーデンファニチャーも 総塗り替え です。


もっとも・・
やらない時も徹底的!なのですが・・ ・・・汗



sR0013782.jpg

専用洗剤でゴシゴシ!


sR0013813.jpg

保護用のオイルをペタペタ・・。


sR0013824.jpg

ガーデンファニチャーのお手入れにも余念がありませんデス!



オットとごはん♪

sR0013803.jpg

お昼の「なんちゃって(←死語デスカ?)手巻き寿司」。


sR0013733.jpg

おやつの「カツサンド」。
からしバターた~っぷり&ソースはすりゴマを加えてコクをアップ!が我が家流。
パンも焼きたて熱々ですぅ~。


sR0013833.jpg

夜は「炭焼き焼肉」です~。



今日の野性動物~!

sR0017842.jpg

グースの親子。
普段は庭(池)にいるのですが、今日は家から少し離れた麦畑で発見!

sR0013744.jpg

鹿たち。
家の周りでは人間遭遇率より鹿との遭遇率の方が高いです、たぶん。(笑)



テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

2009.05.31 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


10 ≪ 2017/1112
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png