FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅の ごはん

アンティークシルバーと和食器はベストマッチ♪

イギリスの古~いお家と和食器、そして和食器とアンティークシルバーはとても相性がヨイように思います。
実はウカジは和食器もかな~りLOVEで、アンティークシルバーの食器やカトラリーとよくミックスして使っています。

sP1330326_c.jpg

写真は我が家のラウンジで、オットと晩ご飯前のちょっと飲み用のセッティング。
つまみが乗っているのは和食器ですが、スパークリングワインが乗っているのはアンティークのワインボトルコースターです。

それにしても・・
アンティークシルバーをちょこっとプラスしただけで、パックを開けて乗せただけの生ハムやオリーブの実、普段飲みのスパークリングワインが高級そうに見えるから不思議ですぅ~。


店長宅の ごはん

料理研究家の上田淳子センセイからプレゼント♪

料理研究家の淳子センセイ(上田淳子先生)から嬉しいプレゼントが届きました💕

な~んと!
当店からセンセイの元に嫁いだお皿、ウィローパターンのお皿を使ったお料理が掲載された本をいただいちゃいました🎵

大好きなウィローパターンのお皿に乗った淳子センセイの美味しそうなお料理に、あぁ、もう堪りませんっ!

・・というわけで、早速「ぶどうのカプレーゼ」を作ってみました~✨
(材料がモッツァレラチーズとぶどう、オリーブ油、塩胡椒とシンプルな上、切って混ぜるだけなので作るのに3分もかかりません🎵)
使ったお皿は勿論、ウィローパターンのお皿です💕

20180624.jpg

どうでしょう?
本と同じに出来上がったでしょうか??


💡淳子センセイのレシピは超簡単なのにキチンと美味しい!
お料理初心者さんにもベテランさんにもお勧めです♬

本のタイトル
四季dancyu 夏の食卓。
発行
(株)プレジデント社

上田淳子先生のページ
インスタグラム @ju.cook
ホームページ http://juncook.com/


💡ウィローパターンとは・・

ウィローパターンの図柄は悲恋の伝説を元にしたもので、現世で結ばれなかった2人が鳥に姿を変え永遠にキスを交わしあう様子を描いています。

ウィローパターンは中国の図柄をまねて1779年にイギリスのThomas Turne (Shropshire)が作り出したもので、その後有名無名を問わず様々な窯元で製造されるように・・
そして18世紀後半には完全にパターン化し、窯元が違っても見分けが付かないほど似たデザインのものが作られるようになりました。

中国の図柄を真似てイギリス人が作り出したウィローパターンは、和洋中を問わず使えるのでお勧めです。


店長宅の ごはん

イギリスの6月、朝食はお庭で♡

20180620.jpg

▲お皿とティーカップ&ソーサーは一見セットに見えますが、実は違うメーカーのものです♬

ありゃりゃりゃりゃ・・
お友達とのおしゃべりに夢中になっていたら、ソーセージを(トーストも・・)焦がしてしまいました 😓

ええっと・・・(←この間およそ1分半・・)

(気を取り直して)
コホン・・
清々しい朝の空気が一番のご馳走💕 ・・ということで、”コゲ”は見なかったことにします(笑)。


店長宅の ごはん

気分が上がる、ウェッジウッドのクイーンズウェア♪

20171003_1.jpg

ウカジは食器を販売するお仕事をしている割には、あまり食器は持っていない方だと思います。

セットで使える食器(陶器)はブルーウィローとクイーンズウエア(ウェッジウッド)、1910年頃のディナーセット、イケア等で売られているような普通の白い食器、そして和食器くらいでしょうか。


20171003_2.jpg

▲ティーポットはヴィクトリア時代のもの

ブルーウィローとクィーンズウェアはお気に入りで、朝な夕なにかな~り頻繁に食卓に登場します♪

特にクィーンズウェアはテーブルが華やぐので、気分を上げたい時にお勧めです💕 (朝のテーブルに使えば、一日気分よく過ごせること間違いなし!)

ただ・・
クイーンズウエアを集めるのは、本当の本当に大変でした(遠い目・・)。

約20年前にカップ&ソーサー1客から集めはじめたのですが、当時はネットの情報も無く、またクイーンズウエアは結構な確率でレリーフに欠けやヒビがある為、12人分のお茶と食事の食器を集めるのに(なんと!)10年以上もかかってしまいました💧

あ、でも、今はヴィクトリアンキャットがあるので、1年かからないでフルセットを揃えられると思います❤️ (←宣伝です~)


クイーンズウェア(トリオ)の商品ページはこちら≫


20171003_3.jpg

▲半分に切ったスコーンにジャムとクロテッドクリームをのせたもの


ウェッウッドのクイーンズウエアとは・・

ウェッジウッドはイギリスで最も有名な陶磁器メーカーのひとつで、1759年にジョサイア・ウェッジウッドによって設立されました。

葡萄のレリーフが優美なクイーンズウェアは1920年頃に再製造が始まり、その人気は1940年頃から1950年代後半にかけて最高潮に達しました。

特にその期間には、ウェッジウッドらしいブルー(ウェッジウッドではラベンダーと呼ばれています)は勿論、その後クイーンズウェアでは扱われなくなってしまったグリーンやピンク、グレー等のものや単発的に製造されたと思われる一風変わったデザインのものが多種多様なサイズで製造されました。 *
ところで・・
あまり知られていませんが、英国が現女王のエリザベスⅡの結婚や出産、戴冠式などで沸いた1940年中頃から1950年代終わりにかけ、クイーンズウェアには色やデザインによって「エリザベス」や「アン女王」など英国王室にちなんだ名前がつけられていました。

ただしこういった名前で呼ばれていたのは最大でも1962年までで、1962年発行のウェッジウッドの製品カタログにはそれらの表記はなくなっています。



 


店長宅の ごはん

週末ランチはチーズとパンと赤ワイン♪

P1260978_square.jpg

週末のお昼はチーズとパン、赤ワインがあればご機嫌♪

コテージで作業中のオットに、母屋からランチのケータリング(?)です~
(ウカジのお家は母屋の他に図書館やコテージ等の建物が大小合わせて7つほどあるのですが、キッチンがあるのは今のところ母屋だけなのですー・・)


P1270007.jpg

▲味を混ぜることなく盛れるので便利です。

オットが大好きな”シュロップシャーレッド”と私の好きなブルーチーズ等々6種のチーズ+カラメルドオニオンのチャツネ、パン、ポークパイ、フルーツ、赤ワインだけの料理とも呼べない超簡単ごはんですが、こんなにハッピーなのはワインを飲み過ぎたせいでしょうか?(笑)

今回の写真にはありませんが、”シュロップシャー・ブルー”というブルーチーズが私の一番好きなチーズだったりします。
(シュロップシャーはウカジの住んでいる県の名前です)


P1260997_cut.jpg

▲ポークパイ

チーズが乗っているシルバープレートのお皿は1960年頃のもので、イギリス名物(?)ポークパイとフルーツが乗ったブルーウィローのお皿はヴィクトリア時代のものです。

ポークパイに添えたマスタードの取り分けに使っている白蝶貝ハンドルの小さなスプーンは1900年頃のソルトスプーン(チャツネに添えたスプーンも同じくらいの時代のソルトスプーン)。
写真は全てウカジ私物(お店の商品ではないです~)。


店長宅の ごはん

バブリーな新年会

P1110559.jpg


めっちゃバブリー(←死語かもです)な夜でした。

お友達ファミリーと新年会をしたのですが、(なぜか)お土産が全員シャンパンだったのです~。
(2重の意味でバブリーですぅ!)
嬉しくて楽しくてカプカプいただいていたら、新年早々すっかり酔っ払ってしまいました・・
お土産に数の子もいただいたのですが、すで頭グルグル状態のワタクシは、数の子を切るのも鰹節を振るのもすっかり忘れて、そのままデン!デン!デン!と出してしまいました・・。
なんだか最近、お酒がまわるのが早いような気が・・(お酒の分解能力が低下しているのでしょうか??)。

そういえば・・
ヨーロッパで一番シャンパンを消費する国は、イギリスなのだそうです。
(フランス人の方がシャンパンを飲んでいそうなイメージですが・・)
日本でシャンパンというとパーティーのイメージですが、イギリスではスポーツ観戦をしながらシャンパンをいただくことも多いのでそのせいかもしれません。
王族が存在するイギリスでは「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」や「ヘンリーレガッタ」等キングやクイーンの名を冠したポッシュなスポーツシーンがたくさんありますし・・(笑)。

レガッタといえば・・
オットが学生時代に漕艇部だったので、いつかテムズ川で行われる漕艇の祭典、ヘンリーレガッタを見に行ってみたいと思っているのですが、いつも気がつくと終わっています・・。

今年は(今年こそは?)ヘンリーレガッタを観戦しながら優雅にシャンパンをいただいてみたいものです



P1100455.jpg
数の子がデン!デン!デン!ですぅ・・

P1100478.jpg
日本のお友達が送ってくれたチロルチョコでできた鏡餅。チロルチョコさんてば、めっちゃ進化しています!


店長宅の ごはん

子供は美味しい?不味い??あるイギリス人男性の告白

外国の方同士が日本語でお話をしている光景は、なんとも不思議な感じです~。

お友達のお宅のBBQパーティーで何気なく周りを見回すと、女性は全員日本人ですが男性はその家のご主人とワタクシのオットだけが日本人で残りの方たちはイギリス人とフランス人。
日本人×イギリス人×フランス人だったらフツー英語でお話ランランラン♪になりそうなものですが、なぜか公用語(?)は思いっきり日本語。

しか~も!
日本人妻のボケに絶妙なタイミングで突っ込みを入れるパートナー氏たち(笑)。
私の周りの“日本人ワイフを持つ外国人オット”たちは日本語が堪能な方が多いです。
(たとえ話せなくても話している内容は理解している感じです)
もっともそんな彼らも時には日本語で失敗をすることもあるそうな・・。


某Nさん、年齢:アラフォー国籍:イギリスの場合。

「くだもの(果物)は美味しいですね。
最近食べてないから食べたい。」


・・と言ったつもりが


「こども(子供)は美味しいですね。

最近食べてないから食べたい。」


周りは一瞬凍ったそうな・・(笑)。


そう・・
“くだもの” と “こども”、確かに発音は似ています。

・・が、 

大変な違いです。
果物は美味しいですが、子供は食べたらマズイ(不味い)です ・・・汗



sP1000715.jpg
前菜イロイロ。この後にも続々美味しいイロイロが

sP1000758.jpg
お久しぶりです、苺大福さま
お会いできて大変嬉しゅうございますぅ~。


店長宅の ごはん

イギリス版「ゆく年くる年」を見ながらシャンペンで乾杯~

お友達のお家で年越しパーティーです~。

美味しいお料理と楽しいお喋りで盛り上がり、午前0時丁度にシャンパンで乾杯して・・。。
食べて喋って飲んで喋って食べて喋って飲んで喋って・・、めっちゃ楽しいひと時でした。

家に戻ったのは午前3時少し前。
このまま起きて初日の出を見ようと頑張っていたのですが、あれれれ・・、いつの間に眠ってしまったのでしょう?
目が覚めたら午後2時過ぎ、朝日どころかもう日が傾いていました・・ ・・・汗


コホン・・(気を取り直して・・)
明けましておめでとうございます 初日の出 pkk
今年もどうぞ宜しくお願いいたしますデス~。




29981231

Rさん、お料理がとても上手なのです。


sR0018564.jpg


sR0018570.jpg


sR0018574.jpg

Rさんのご主人お手製のパンプキンパイアップロードファイル
クリーミーでワタクシ好みのお味でした~。


sR0018584.jpg

イギリス版「ゆく年くる年」(?)。


sR0018586.jpg

今年初めてのシャンパンです~。
辛口で美味しかったですは-と


sR0018608.jpg

2010年元旦。
目が覚めたら雪が積もっていました。


店長宅の ごはん

赤(ピンク)白シャンパンで紅白歌合戦!?

んー・・、幸せですぅ~。

クリスマス前に届いた超大型本棚(幅:4mX高さ:2m20cm)の本の整理に終われ、クリスマスディナーがうっかりピザとコールスローサラダ、イギリス庶民の味方(?)サイダー(リンゴから作った発泡酒)になってしまった我が家、せめて大晦日くらいは少し贅沢を~・・とピンク色のシャンパンを開けました は-と


本当は紅白歌合戦を見ながら赤(ピンク)白2色のシャンパンを頂くつもり(笑)で冷やしてあったのですが、ワタクシの頭がグルグルしてしまいピンク1本でギブアップ・・ ???
(オットはもっと飲みたそうでしたが・・)


年のせい・・でしょうか??
最近、お酒が弱いです・・。

朝起きるとまずビール・・なムカシの生活がウソみたいです( ・・・ 遠い目・・)。
あの頃はビールを飲みながら朝食を作っていました。
お昼にワイン1~2本も日常茶飯事。
(アルコール依存症ではありません~)
ちょっと不経済なヤツでした(笑)。


お酒が弱くなった今、少量を味わって頂くようになりました。
お財布にも肝臓にも優しいこの飲み方、ヨイかもです~ にかー!



sR0010436.jpg

チーズナイフとピクルスフォークは1900年頃のものです。
取り皿も洋食器ブランド「ミントン」のアンティーク。
イギリスのアンティークは和食器との相性がバッチグー(←死語です~)なモノが多いです。


sR0010407.jpg

「モッツレラチーズとトマト」


sR0010409.jpg

「牛肉とブロッコリーのオイスター炒め」


sR0010411_20090105120603.jpg

「なんちゃって(←死語デスカ?)カフクエビ」
ハワイ名物、カフクエビです~。


sR0010415.jpg

「チーズ2種」
このマザーオブパールハンドルのチーズナイフ、お気に入りなのです は-と


sR0010417_20090105120711.jpg

「オリーブ」
ピクルスフォークもアンティークです。


sR0010427.jpg

イギリス人も大好き~!なオニオンフライ。
んまーっ!です。


この日のメインデッシュは肉食獣のワタクシ仕様(?)「肉だらけすき焼」でした~(笑)。


sR0010421.jpg
暖炉の前で眠りこけるモモ。
もぉ、可愛過ぎ!(←親バカです~)

店長宅の ごはん

国際結婚カップルは出会いも国際派?!

三組の友達夫婦を招いてお庭でBBQをしました。
なんと!私たち夫婦以外は全員国際結婚カップルです。


奥さま方は全員日本人ですが、パートナー氏たちは全員ガイコク人。
公用語は日本語と英語のチャンポン、時々フランス語(笑)。
イギリス人・フランス人・・、あれれ、そういえばR君の国籍を聞きそびれていました。
(R君はこの日が初対面でした)
イギリス生まれだと言っていたのでたぶんイギリス人だと思うのですが・・、そういえば奥さんのSさんとはドイツで知り合ったと言ってたような・・?(もしかしてドイツ人??)

ご主人がイギリス人のRさんカップルはアメリカで出会い、ご主人がフランス人のMさんは日本、ご主人が(たぶん)イギリス人のSさんはドイツ・・、皆さん出会いも国際派です~ にかー!
ちなみに我がオットは生まれも育ちも国籍も日本、モチロン私たちが出会ったのも日本です(笑)。


それにしても・・
いつもは多数派のワタクシたち(日本人同士のカップル)が少数派・・
何ともミョーな気分ですぅ~



sR0012832.jpg
近くの街に買出しに・・。


sR0012838.jpg
市場でお買いもの中のオット。


sR0012839.jpg
お花も売っています~。


sR0012843_20080817113548.jpg
いつものお肉屋さん。
相変わらず混んでいます・・。


sR0012849.jpg
お友達のお土産のお花・・ではなくて、


sR0012907.jpg
実は果物なのです~。


sR0012880.jpg
雨が降ってもへっちゃら(←死語デスカ?)です。
ガゼボには雨風避けのカーテンも付いているのです~ にかー!


店長宅の ごはん

ひと月遅れのバースディー

嬉しいですぅ~ にかー!

今年もHちゃんと彼女の天使ちゃんたち(Z君&Aちゃん)がお誕生日をお祝いしてくれました。
パーティ会場(?)は我が家のガゼボ。
天使ちゃんたちは初めて見る見慣れぬタテモノ(ガゼボ)に大はしゃぎ。
(うぅ・・っ、カワユイですぅ~ )


Hちゃんと私の予定がうまく合わず、約1ヶ月遅れのバースディパーティです。
お誕生日自体はあまり嬉しくないお年頃のワタクシですが、お誕生日をお祝いしてもらうのはいくつになっても嬉しいものです(しみじみ・・)。


・・と
突然Z君が「ねぇ、ハンモックは~?」

うぎゃぎゃぎゃぎゃーっ! 


うっかりすっかり忘れていました
いつもならとっくに設置が終わっているハズのハンモックですが、今年は度重なる雨で地盤が緩み(ハンモックの)支柱が抜けたりで設置が先延ばしになっていて・・。
前回遊びに来てくれた時にユラユラできずガッカリするZ君に「次に遊びに来てくれるまでに・・」と約束をしていたのに・・。(Z君、本当の本当にゴメンナサイですぅ・・)

でも怪我の功名(?)か来週もZ君たちが遊びに来てくれることに
来週までにハンモックを設置しなくては!です(キリリッ!)。


それにしても
最近、記憶力が著しく低下しているような気が・・・。
やはり年のせい・・でしょうか?
(それとも元々??)


え・・っ?
またうっかりするのでは?・・デスカ??
イエイエ、
今回はしっかり手帳に書き込んだから大丈夫!


・・が
手帳を開く事を忘れないかが心配だったりします・・ ・・・汗



sR0011700.jpg
向かって左のお花のバースディカードはZ君とAちゃんの手作り。


sR0011702.jpg
中からはガゼボにぴったりのキャンドルとカカオ100%のチョコレートが


sR0011682.jpg
バースディケーキも頂きました~。


sR0011704.jpg
円柱形の形がキュートです~。チョコの下はレシピ。
このチョコレートはこのままでは食べられません(お砂糖が入っていないのです~)。
一緒に頂いたレシピによると、イロイロなお料理に使えるようです。
王道(?)のホットチョコレートも美味しそうですが、チョコレート入りガスパッチョやリゾットもぜひ試してみたいです
毎日板チョコ1~2枚は食べるほどチョコレートラブ なワタクシですが、お料理にチョコレートを使うのは生まれて初めて。
ドキドキですぅ~。



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル
sR0011697.jpg
今日の晩ごはん


sR0011693.jpg
《モッツレラチースのにんにくマヨ醤油ソースかけ》


sR0011694.jpg
《豚の味噌漬け焼き》


sR0011692.jpg
《鶏胸肉のフライ》


sR0011690.jpg
朝の残りのソーメンで《ソーメン炒め》

店長宅の ごはん

行者にんにくで家が建つ?!

んー・・、美味しそうな眺めですぅ~ ハート

今年も行者にんにくが立派に育っています。
例年通り、濡れ手に粟の採り放題。
採っても採っても無くなりませんデス~!


オットいわく、
収穫して近くの市場に売りに行ったら?
(このセリフ、ブラックベリーが鈴生りの時にも聞いたような気が・・・)

う~ん・・
日本の市場なら売れるかもですが、ここではたぶん(絶対?)無理です  
何しろ行者にんにく(ワイルドガーリック)を食べるイギリス人は非常~に稀。
ちなみにもしイギリス人が行者にんにくを食べるとしたら、「葉っぱ部分」ではなくて「球根部分」・・らしいです。


それにしても・・
もしこの見渡す限りの行者にんにく・・をもし日本で販売できたら、毎年新車が買えるかも・・(笑)。
いえいえ、数年で お家が買えちゃう かもかも~ にかー!
(↑ただいま妄想中・・)



sP1130957.jpg

野を越え山を越え(?)、行者にんにく狩りに行くのです~。


sP1130964.jpg

見渡す限り行者にんにく。
日本だと一束500円以上で売られているらしいので、う~ん・・、この量だと車が買えてしまうかもです(笑)。


sP1130963.jpg

葉っぱのアップ。


sP1130959.jpg

川遊びLOVE なモモ嬢、5歳。


sP1130973.jpg

前菜イロイロ。
今日は(今日も?)お友達と行者にんにくパーティーです~。


sP1130976.jpg

頂いたお土産。
向かって右端はチャ-ルズ皇太子ブランドのレモネード。
初めて頂いたのですが、レモンの風味が生きていて美味しかったです~。
(普通に売られているレモネードは甘ったるくて、ちょっと苦手な私です・・)


sP1130977.jpg

頂いたお土産。
きゃーん、焼酎ですぅ。


sP1130994.jpg

遊び疲れて眠りこけるモモ嬢。

店長宅の ごはん

行者にんにく尽くし

怖いですぅ~ ・・・汗

(私の知る限り)最もよく食べるメンバーで飲み会を開催しました。
このメンバー、よく食べるだけでなくよく飲みます。
以前友人宅で(ほぼ)同じメンバーで開催した飲み会では、ビール1樽(5L)・チンタオビール1ダース・ワイン15本(!)・・・。
あの時は持ち寄ったワインだけでは足りず、友人宅のワインストックまですっかり飲み尽くしました( ・・・ 遠い目・・)


その最強のメンバーが集うのです~。
油断(?)は禁物!です。
メイン料理「行者にんにくシャブシャブ」用のお肉は2kgほど用意しましたし、(写真にはカワユク写してありますが)行者にんにくも山ほど収穫してあります。
準備にぬかりはありませんデス~!
いざ、勝負ですぅ~っ!!


食べ食べ、飲み飲み、食べ飲み飲み・・
(この間およそ4時間弱)


うぎゃぎゃ・・ っ !絵文字名を入力してください
ま・・、まさか食べ切るとは・・・。
(自分を含めて)怖すぎです、私たち。


でも一番怖いのは・・
皆さまを送り出した後で、一人夜食を食べた私自身です(笑)。




sP1130935.jpg

前菜イロイロ


sP1130929.jpg

定番(?)海の幸サラダ


sP1130931.jpg

アボカドとタクワンのディップ
アボカトと小エビ、千切りにしたタクワンをタレ(マヨネーズ・ワサビ・醤油)であえます。


sP1130916.jpg

鶏南蛮


sP1130918.jpg

蒸しカボチャの小豆生クリーム
蒸したカボチャを冷まして、小豆缶を混ぜた生クリームで和えるだけ。
お菓子みたいで美味しいですぅ~。


sP1130921.jpg

ワカメの酢のもの


sP1130926.jpg

梅セロリ
たっぷりの油を熱し、叩いてペースト状にした梅干とオイスターソースを入れ、セロリに軽~く火を通します。
セロリ一束くらい、ペロリ(←死語デスカ?)とイケてしまうかもです~。


sP1130919.jpg

ラディッシュの甘酢漬け
鍋に酢・砂糖・塩を煮立ててラディッュを入れ、火を止めそのまま冷まします。


sP1130922.jpg

行者にんにく
本日のメイン、行者にんにくシャブシャブ用です~。
シャブシャブの写真はうっかり忘れてしまいました・・
(メインなのにぃぃっ~!)


sP1130940.jpg

豚の角煮
下に敷いたのは茹でた行者にんにくです。


sP1130942.jpg

行者にんにく餃子
ニラの代わりに行者にんにくで作ります。


sP1130944.jpg

行者にんにくワンタン
餡にみじん切りにした行者にんにくを混ぜました。
ワンタンを茹でたらお皿に取り、その上にたっぷりの白髪ネギを盛ったら、熱々に熱した油をジュッ!
お醤油をかけて出来上がりです。
味付けがお醤油だけとは思えない美味しさです。
(自慢しちゃいました~)


sP1130941.jpg

牛の大和煮


sP1130943.jpg

カレーパイ
普通のカレーを耐熱容器に入れてパイ皮を被せて焼くだけ。
簡単なワリにウケます(笑)。


sP1130947.jpg

〆の釜飯

店長宅の ごはん

「行者にんにく餃子」150個完成です~

sP1130536.jpg
<庭の池>今日は鵞鳥が遊びに来ていました。彼らの好物は食パンなのです~。


「行者にんにく」のストックがないですぅ~ !絵文字名を入力してください

夕方ゴルフから帰ってきたオットが急に餃子を食べたい・・というので、急いで行者にんにく(韮のようなもの)を採りに行かなくては!です。
日が落ちるとこの辺りは文字通り真っ暗になってしまうので、急がなくては・・!!

・・と申しましても
いつものように(野生の)行者にんにくが密集するモモのお散歩コースの川原・・へ採りに行くのではなくて、庭の池の畔なのですが・・(笑)。


実は・・
一昨年、件の川原から行者にんにくを20株ほど(池の畔に)移植したのです。
オットと私の野望(?)は池の周りを行者にんにくで埋め尽くす事なのです~。
思惑通り、まんまと増えています(笑)。


行者にんにくが密集する川原までは往復40分ですが、庭の池なら・・

音符1すぐ美味しいぃ~ 凄く美味しいぃぃ~ 音符1

・・の「チキンラーメン」が出来上がる時間より短い、 わずか 30秒


行者にんにくを根ごと掘り起こしているのをイギリス人に見られるとめっちゃ恥ずかしいですが、今年も頑張って出来るだけ沢山移植しなくては・・(笑)!

イギリス人はフツー行者にんにくを食べないので、オットと私は「雑草」を掘り起こしているヘンな東洋人に見えるかもです・・。
行者にんにくをハサミでチョキチョキしている時も、イギリス人に「何してるの~?」とよく聞かれます(笑)。



食べたい時に食べたいモノが すぐ 食べられるって本当に幸せですぅぅ~。
ただ1つの難点は行者にんにくは収穫の時期が短い(2月末~4月頃まで)事・・でしょうか・・?!



sP1130547.jpg

今日の収穫、行者にんにく。


sP1130544.jpg

餃子150個完成です~。

残った分(・・って一度に150個も食べられないですよね・・  )はつぶさないように冷凍して、凍ったら20個ずつ小分けにします。
焼く時は凍ったままフライパンに並べてお湯を適量注ぎ(餃子の高さの2/3くらい)、蓋をして15分蒸し焼きにします。
15分したら蓋を取ってゴマ油を回しかけ、焦げ目が付くまで2~3分焼いたら出来上がり。
焦げ目を上にして盛り付けます~。

材料:
豚挽き肉1㎏・(A/酒・醤油・砂糖・ゴマ油)・ニンニク・生姜・白菜/1個・行者にんにく/1束

① 豚挽き肉にA加えてよ~くコネコネ。
② 野菜は全てみじん切り。行者にんにくと白菜・スプリングオニオンには塩を振って脱水。
③ ①に②をこねないようにマゼマゼ。
④ 餃子の皮に包みます~。


sP1130531.jpg

このエール、めっちゃ香りがヨイのです。



店長宅の ごはん

5秒で出来る超簡単サラダ

うぅ・・、ヨダレが~。

久しぶりの焼きそば、オットもワタクシも目がハート ラヴ ハート です。
日本の方は不思議に思われるかもですが、ワタクシたちにとってはめっちゃご馳走なのです~。
今日の焼きそばは憧れのマルちゃん は-と 冷凍で買いました。


実はワタクシ、
イギリスに住むまで焼きそばを冷凍・・なんて考えた事もありませんでした。
ココでは日本食は何でも冷凍されて売っているのです~。
そういえば・・
初めて「冷凍納豆」を見た時はめっちゃ驚きました( ・・・ 遠い目・・)。


そんなワタクシも
今では自分で冷凍弁当を作るまでに・・(笑)。



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sP1120677.jpg

前菜イロイロ。
シャンパンは食べ物を選ばないのでグッドです~ にかー!
問題は値段だけです(笑)。


sP1120665.jpg

レタスのサラダ。
レタスは手で2つに割って、ゴマ油と岩塩・白ゴマをかけるだけ・・の5秒で出来る超簡単サラダ


sP1120668.jpg

チーズと洋ナシ。


sP1120669.jpg

スモークサーモン。


sP1120671.jpg

いかリング。


sP1120674.jpg

焼きそば。

店長宅の ごはん

まるで工場?冷凍弁当を大量生産!

冷凍弁当を作るデス~。

先週、そして今週・・と、オットがずっとイギリスに居たので(出張に行かなかったので)、冷凍弁当が底をついてしまいました ・・・汗


・・と申しますのも、
帰りが遅いオットは、昼の分と夜の分、お弁当を2つ持って会社へ行くのです。
しかも!目を離すと朝からお弁当を食べていることもあったりします(笑)。
そんなわけで、オットが出張に行かない日が続くと、あ・・っという間に冷凍弁当がなくなってしまうのですぅ~。


さてさて・・
我が家の冷凍弁当ですが、同じ内容のものを4個ずつ大体5~10種類作ります。

トンカツ弁当×4
3色ごはん×4
ハンバーグ弁当×4
    ・
    ・
    ・
・・といった具合で、一度に20~40個のお弁当が出来上がります。
(巨大冷凍庫を持っていた頃は、一度に80個作ったことも・・)


モチロン・・
冷凍弁当を作る日・・にもお料理はしますが、予めこの日に備えて普段の食事を多めに作って余った分を小分けに冷凍してあるので、お料理自体はそれほど大仕事ではなかったりします。
どちらかというとこの日の作業の中心は「お弁当詰め」です。
彩り良く・・が目標なのですが、これがなかなか難しいです・・

豆電球
オットは冷凍状態のまま会社に持っていって、食べる前に会社のレンジでチンして頂くので、ごはんも詰めた状態で冷凍してしまいます。
もし食べる前にレンジを使えない場合は、ごはんだけ朝に詰めます。
(ごはんは冷凍(冷蔵)すると、ボソボソになってしまうのです~)



冷凍弁当のメリット

<持って行く側>
①凍ったまま持って行くので夏でも安心。
②朝の気分で好きなおかずを選べる。

<作る側>
①一度作ったら数週間は作らなくOK やじるし→ 朝ゆっくり出来る
②残り物を無理して食べなくていい(お弁当へ入れる )やじるし→ ダイエット


・・なのですが、
う~ん・・、普及しないのはなぜでしょう?
やはり イメージ 良くないのでしょうか??



アップロードファイルオットの冷凍弁当アップロードファイル

sP1120365.jpg

ハンバーグを焼いています~。
焼きあがったら、トマト味と和風味のそれぞれのタレをからめて、見た目を変えます(笑)。


sP1120373.jpg

当日作ったおかずと予め作って冷凍しておいたお弁当素材。


sP1120375.jpg

オットの好物「3色ごはん」は8個作りました~ にかー!


sP1120379.jpg

こんな感じで同じ内容のものを4つずつ作っていきます。


sP1120384.jpg

出来上がりました~。
冷めるまでこのまま放っておきます。


sP1120389.jpg

冷めたら同じ内容ごとに重ねて冷凍庫へ・・。
(中身のおかずがわかりやすいようにに並べます~)



アップロードファイルオットの冷凍弁当 ~番外編~アップロードファイル

sP1120440.jpg

今日の晩御飯の残り、「鰻チラシ」をお弁当箱に詰めます。


sP1120441.jpg

ジャーン!(←死語デスカ?)
あらかじめ作って冷凍してある「お弁当素材」登場!です。


sP1120445.jpg

適当(テキトー?)なおかずを「お弁当素材」から選んで、お弁当箱の隙間を埋めたら一丁上がり~!ですぅ~。


sP1120366.jpg

実は普段頂いているごはんも冷凍なのです。
一度にまとめて10合炊きます。
美味しく保存するコツは、炊き上がったらすぐに容器に詰め(すぐ)フタをすることです。
水蒸気を逃がしてはいけないのです~。


sP1120369.jpg

ごはんパックは冷凍庫。
翌朝食べる分はお皿に入れて冷蔵庫へ・・。

店長宅の ごはん

2日続けておもてなし~

アップロードファイル 超簡単手抜きおもてなし料理アップロードファイル

おおわらわ(大童)~、2日続けて おもてなし~
五七五です(笑)。

2日続けてお客様をお招きしました。
作り慣れたものを駆使して(笑)、超・超簡単おもてなし料理です~。


sR0017697.jpg

前菜イロイロ。


sR0017686.jpg

金時豆。
水煮のキドニービーンズを黒砂糖で味付け。
少しずつ砂糖を足して、煮立てて冷まして・・を4回ほど繰り返します。


sR0017672.jpg

カラーピーマンのオリーブオイル焼き。


sR0017681.jpg

味付け卵。
ビニール袋に漬け汁(酢・醤油・砂糖)とゆで卵を入れ、出来るだけ空気を抜いて口を縛ります(こうすると少ない漬け汁で済むのです~)。


sR0017685.jpg

中華サラダ。


sR0017676.jpg

雪山サラダ。
インパクトの割りにめっちゃ簡単です(笑)。
缶詰の鮭にマヨネーズをたっぷり塗り、玉ねぎの薄切りを満遍なくまぶします。
ポイントはマヨネーズを塗る前にキッチンペーパーなどで鮭の水分を拭き取っておく事!です。


sR0017673.jpg

海鮮サラダ。
洗わずにそのまま使えるサラダミックスを利用して時間短縮なのですぅ~。
ドレッシングはまとめて作って冷凍してあるものを利用


sR0017715.jpg

カレーパイ。
普通のカレー(夕飯の残り)に冷凍パイ生地を乗せてオーブンで40分。
カレーパンのないイギリスでは、けっこー受けます(笑)。


sR0017712.jpg

ガーリックブレッド&トマト(オリーブオイル焼き)。
前菜のピーマンのオリーブオイル焼きを作る時に一緒に焼いておいたトマト・・をガーリックブレッドに乗せてオーブンで10分。


sR0017714.jpg

酢豚。
お肉はまとめて揚げて冷凍しておいたものを、オーブンで8分ほど焼いてカリカリにして使います。
お肉を温めるている間に野菜を炒めるのです~。


sR0017711.jpg

事前に作ってレンジでチン!(笑)


sR0017779.jpg

カブの甘酢漬け。
酢・砂糖・塩をナベで煮立て、そこに切れ目を入れたカブを入れ、軽く火を通しそのまま冷まします。
あっという間に漬物の出来上がり。


写真を撮り忘れてしまいましたが、きりたんぽ鍋も作りました~。
鍋は前日に作り味を馴染ませておきます。
当日、きりたんぽ※とネギを入れて仕上げます。
鍋物は準備も簡単で簡単おもてなし料理では大活躍!なのです~。


※きりたんぽの作り方
①炊いたご飯適量と片栗粉をピニール袋に入れて潰します。
②①を細長く握りオーブンなどで焼きます。(棒に付けて囲炉裏で焼くのが正しい作り方です~)

店長宅の ごはん

りんごは我が家の冬の風物詩 in イギリス

この記事はブロとものみ閲覧できます

店長宅の ごはん

荒廃した家の中

最近、家の中荒れてるねぇ~(しみじみ・・)

とうとうオットに言われてしまいました・・ ・・・汗
先週土曜日、オットの誕生日前日のことです。


最近、ありがたい事に買い付けのお仕事が多く、また新しいお仕事(オーダー食器)が始まりそうだったりで少しバタバタしていました。
お外仕事はるんるん(←死語です~)なワタクシですが、事務処理能力が限りなくゼロに近い為に家に帰ってきてから事務仕事に追われ、家事が(思いっきり)疎かになっていました・・。


ところで・・
今年4月、老後の楽しみ&平日お仕事でイギリスにいないオットへの日誌のつもりで書き始めたブログですが、最近は書きたいことはたくさんあるのに書く時間がないジレンマな状態(物理的な時間というよりも、ないのは「気力」かもです~)が続いています・・。


さてさて・・
とにかくこの荒れた状態をどうにかしなくては・・と、ものすごぉぉい勢いでお掃除(大掃除?)をした結果、どうにかフツーの状態でオットの誕生日を迎えることができました(めでたし、めでたし~)。


・・が、
今日、オットが出張から帰ってくるというので、何か作ろうかとガスをひねると・・、あれれ・・、火が付かないです・・。
(我が家のガスはプロパンなのですが、いつの間にガスが無くなってしまったのでしょう?)
そういえば・・
オットが出張に出てから、家ではチョコレートとコーヒーしかいただいていませんでした、ワタクシ。


(ふと、リビングに目をやると・・)
う・・うぎゃ、ぎゃ、ぎゃ、ぎゃ~っ! !絵文字名を入力してください

買い付けた商品が山積みです・・。
家の中が(またまた)荒廃してますぅ~




アップロードファイル オットの誕生日 アップロードファイル

sR0015262.jpg

オットの誕生日です~。


sR0015258.jpg

イヤになるほど食べてみたい~・・とオットにいわれ、「とんかつ」1kg揚げてみました~(笑)。
揚げている私の方がイヤになったかもです・・。


sR0015247.jpg

お馴染み(?)オットの好物「生ハム」。


sR0015249.jpg

「中華春雨」。


sR0015251.jpg

とんかつのお肉の切れ端で作った「トン汁」。


sR0015252.jpg

とってもイングリッシュな一品、「オニオンリング」。


sR0015257.jpg

「マーボー豆腐」


sR0015255.jpg

私の大好物、「ビクトリアンケーキ」。


sR0015272.jpg

ビクトリアンケーキとコーヒー。
日本だと紅茶マシーンとして知られているこの「銀色の物体(日本だと透明)」ですが、イギリスではこれはコーヒー用なのです~。


店長宅の ごはん

オットと晩ごはん ~たこ焼き~

アップロードファイル オットと晩ごはん ~たこ焼き~アップロードファイル

sR0013950.jpg

スーパーでお買い物 ♪今日は焼肉ですぅ~♪


sR0013956.jpg

焼肉の予定だったのですが、オットの強い要望で「たこ焼き」に・・(笑)。


sR0013961.jpg

たこ焼きにはやはり生樽です~


sR0013959.jpg

たこ焼きが焼きあがるまで、昨日の釜飯の残りで作った「なんちゃってチャーハン」を頂きます。


sR0013960.jpg

たこ焼きの材料。
イギリスに「ねぎ」はないので「スプリングオニオン」です~。
たこは中華系スーパーで買った冷凍モノです。



sR0013965.jpg

出来上がりです~ にかー!


sR0013966.jpg

庭に生えた(美味しそうだけど)怪しいきのこ(笑)。



ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と押して頂けると励みになりますデス。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

店長宅の ごはん

オットと晩ごはん

アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0013394.jpg


sR0013385.jpg
ファームハウスブレッド with パテ&ペースト

sR0013387.jpg
ハム with 胡椒&蜂蜜 / パルメザンチーズの薄切り

sR0013388.jpg
オリーブ / いわしの酢漬け

sR0013389.jpg
ひじきのキムチ和え


sR0013391.jpg
マカロニグラタン


店長宅の ごはん

イギリスでオランダ土産のトロ握り

アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0013169.jpg

前菜イロイロ。

sR0013140.jpg

生ハム盛り合わせ。


sR0013147.jpg

オットの好物、モッツレラチーズ&トマト。


sR0013150.jpg

焼きマッシュルームのオリーブオイル漬け。


sR0013151.jpg

サーディンの酢漬け。 入れ物は1950年代のアイスクリームカップ。


sR0013166.jpg

ガーリックブレッド&グリルドトマトのオリーブオイル漬け。


sR0013165.jpg

極ウマ、オランダ土産の「トロ握り」。

店長宅の ごはん

家計崩壊の危機です~

シャンパン:スパークリングワイン対決です~。

実はオットは(身分不相応にも!)シャンパンが大好きなのです。
このまま飲み続けられては我が家の家計が崩壊するかも・・ということで、オットにブラインド(目隠し)テストをしてみる事にしました(笑)。
(もしかしてワタクシ、イヂワルでショウカ?)


さてさて、今回用意したのは・・
シャンパンは日本円で1本5000円程度の(シャンパンとしては)やや安めのモノ。
一方スパークリングワインは1本1500円(2000円弱??正確な値段を忘れてしまいました)くらいの一般的な価格帯のモノ・・です。


sR0012075.jpg
対決するお二方です~。


上の写真のスパークリングワインは、シャンパンと同じように瓶の中で2次発酵をするタイプで、もしかしたら・・の期待が高まります。

シャンパンとて生まれがおフランスのシャンパーニュ地方というだけで、スパークリングワインの一種なのです。
恐るるに足りませんデス~

いざ、勝負です~っっ!


飲んで食べて食べて飲んで飲んで飲んで・・・・
この間およそ2時間半・・。


ははー・・っ!(ひれ伏して) !絵文字名を入力してください
ワタクシの惨敗でございますデス。
確かにシャンパン様は美味しゅうございました。




・・・汗 
シャンパンとスパークリングワイン、今回はどちらも瓶内で二次発酵をする製法だったのですが、口に含んだ時の泡の細かさが明らかに違っていました。
ジャンパンの泡の方は口の中で繊細に細やかに弾けるのです。
う~ん・・、どうしてなのでしょう??

でもでも
まだ諦めたわけではありませんデス
我が家の家計を守るべく、次なるスパークリングワインを探しに行くのです~っっ!



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0012065.jpg

対決をサポート(?)する、お料理イロイロです~。


sR0012020.jpg
今日のキッチンガーデンの収穫


sR0012030.jpg
春菊とロースとベジタブルのサラダ


sR0012031.jpg
生ハム


sR0012056.jpg



sR0012056.jpg
タラモサラダのピタパン添え

sR0012055.jpg
牛肉のオイスター炒め


sR0012057.jpg
アタリメ


sR0012038.jpg
キュウリの炒め物


店長宅の ごはん

バーミックスで韓国キムチが超簡単!

ねこの(勝手に)バーミックス3分クッキングです~。


材料
玉ねぎ 3~5個
リンゴ 2個 

予め「スーパーグラインダー」で細かく砕いておくorすりおろしておきます~。
生姜 1カケ
にんにく 5~7カケ

フィッシュソース カップ1/2強
蜂蜜 大さじ4~6
昆布だし(インスタントでもOK。予め少量のお湯で溶いて冷ましておく)
粗挽き唐辛子 カップ 1/2~1
粉唐辛子 1/2~1


sR0012011.jpg

玉ねぎとリンゴを適当な大きさに切り容器に入れます。


sR0012012.jpg

バーミックスの「ミンサー(刃の種類)」でウィ・・ーン。ドロドロにします。


sR0012013.jpg

フィッシュソース(アミの代わり)・蜂蜜・すりおろした生姜&にんにく・昆布だしを加えて更にウィ・・ーン。


sR0012014.jpg

粗引き唐辛子と細引き唐辛子を好みの量入れてウィ・・ーン。


sR0012093.jpg

下漬けしておいた白菜とキムチの素を混ぜて出来上がりです~。
向かって右側は余った「キムチの素」です。


「キムチの素」は冷蔵庫で一ヶ月くらい保存できます。
保存中も発酵が進むので、下漬けした白菜と混ぜるだけですぐ美味しいキムチが出来て楽チンです。

ところで
キムチを漬ける&「キムチの素」の保存にはガラスの密封容器が便利です。(うっかりタッパーを使ってしまうと、ウギャーなことに・・)
ガラスには匂いは付きませんが、ゴムのパッキンには(強烈な)匂いが付いてしまうので、キムチ用のパッキンには「キムチ印」を付ける事を強くお勧めしますデス~。



久しぶりのキムチ作りです。
実は、オットが5日ぶりに出張から帰ってきたのですが、なぜか飛行機の中で急にキムチが食べたくなったらしく、飛行場についてすぐリクエストの電話があったのです~(笑)。
飛行場から(会社経由で)家までは約1時間半。
大慌てで白菜の下漬け&ウィー・・ンです~。



店長宅の ごはん

イギリスでインド料理 ~パパドン~

sR0010859.jpg

んー・・、“パパドン”が美味しいですぅぅ~。

インド料理レストランで、(オーダーすると)スターターの前に出してくれる“パパドン”は私の大好物なのです。


そういえば・・
“パパドン”が食べたくてインド料理レストランに出かけ、(カレーだけでなく)つい甘~いインドのプディングまで食べてしまったことも数知れず・・(遠い目・・)。
外食した時は、3コースで頂かないと満足できない身体になっている私です(笑)。



イギリス独特の表現、3コースやプディングなど等について(勝手に)ワンポイントレッスンです。

2コース
スターター(※注1)+メインデッシュ
or
メインディッュ+プディング(※注2)

3コース
スターター+メインデッシュ+プディング

※注1:スターター → 前菜
※注2:プディング → 甘いデザートの総称



ところで・・
イギリスにはインド料理レストランがたくさんあります。
街ではインドの民族衣装に身を包んだ方もよく見かけます。
その昔、インドはイギリスの植民地だったからでしょうか?

マズイと悪評高いイギリスのレストランですが、インド料理はどこで食べてもそう大きく外す事はないように思います。
もっとも、イギリスのインド料理はイギリス人向けにアレンジされているのだそうですが・・。


さて・・
“パパドン”ですが、オーダーは1枚から可能です。
オーダーすると、大抵3種類のチャッツネ(マンゴー/ライム/小ナスなど)とヨーグルトソース&コリアンダー入りの刻み野菜(玉ねぎやきゅうり等)がドバ・・ッと出てきます。
たとえ1枚しか(パパドンを)オーダーしていなくても沢山オーダーしても、付け合せは同じ分量出てきます。

一瞬なにやら得をしたような気分になりますが、実はこれらの付け合せ、マンゴチャッツネ以外は日本の方には不評なことが多いのです・・
(私はどれも好きなのですが・・)


でもでも、
ヨーグルトソースは、ミントが好きな方なら絶対にハマると思いますデス。
一度ハマると、病み付きになること請合いです。
思わず庭にミントを植えたくなるかもです~


お宅でも“パパドン”でイギリス的インディアなスターター(前菜)はいかがでしょう?

※パパドンは味の薄いポテトチップなどでも代用出来ると思います。



オットと晩ごはん

sR0010874.jpg

晴れたら、ごはんはお庭!なのです。


sR0010852.jpg

キッチンガーデン、今日の収穫。
青のお花は“ボリジ”。食べられます。


sR0010860.jpg

前菜盛り合わせ。
“サテ”や“オニオン・バージ”など等、一般的なインド料理の前菜です。
青いお花は“ボリジ”。食べられます。


sR0010859.jpg

パパドン。私の大好物なのです~。


sR0010884.jpg

“パパドン”の上に、みじん切りの玉ねぎとコリアンダーを乗せ、ミント入りのヨーグルトソースをかけて頂きます。


sR0010885.jpg

これは“パパドン”にマンゴー・チャッツネを乗せたバージョンです~。


sR0010864.jpg

グリーンサラダ。
白いお花は“ボリジ”。食べられます。


sR0010868.jpg

インドカレーを作る予定だったのですが・・、オットの強い要望で日本の“熟カレー”に・・。
私はインドカレーが食べたかったです・・。


sR0010856.jpg

ヨーグルトソース。
材料は、ミント/ヨーグルト/レモンかライムジュース/塩


sR0010846.jpg
庭の池。美しいです~。癒されますぅ~


店長宅の ごはん

お片づけの誓い ~3度目の正直?~ 

大変です~

急にお泊りのお客様がいらっしゃる事になりました。
お客様がいらっしゃるのはとても楽しみですが、お片づけは楽しくないですぅ・・


とにかく・・
ゲストルームのお片づけをしなくては!です。
いつの間にか“買い付け荷物”がゲストルームまで侵略していました・・。
(私はアンティークの買い付けのお仕事をしています)
時間がないので、とりあえず全てをスタディ・ルームに押し込み、スタディ・ルームは“開かずの間”に認定です(笑)。

こんなわけで、
スタディ・ルームは現在全く機能していません・・。
部屋ですらありません。
このままではマズイです。
離れ のお片づけをして“買い付け荷物”を(離れに)移動し、母屋をすっきりさせたいです・・。


ところで・・
離れ は建てられた19世紀当時(ビクトリア時代)のオリジナルの状態で、現代では絶対にお目にかかる事がない面白いイロイロを見ることが出来ます。
離れは時間が止まった異空間なのです~。


かまど
6年前に一度だけ近くまでに行ったことがあるのですが、周りに怪しい動物の骨が散乱していて、それきり足を踏み入れたことがありません・・。


ビクトリア時代のどっぽんトイレ
外から覗いただけで、室内に入ったことはありません・・。

sIMG_6530.jpg


ケンネル(狩猟犬用の犬舎)
“眠り姫”のお話に出てくるような茨が密集していて一歩も入れない状態。
まさに時間が止まっています

sIMG_6532.jpg


keepers Cottage に住んで早6年。
とうとう離れの時間を動かす時が来たのです~



sR0010393.jpg
我が家のゲスト・ルームです。少し模様替えをしました。


sR0010397.jpg
ウェルカムくまちゃんツリー。


sR0010215.jpg
冷菜イロイロ。


sR0010217.jpg
サーモンの(夏なのに・・)スノー・ボール。


sR0010224.jpg
トマトのオリーブ・オイル焼き。


sR0010223.jpg
バンバンジー(ソースはまだかけていません~)


sR0010226.jpg
シーフード・サラダ。レタスは我が家のキッチン・ガーデンからです。


sR0010229.jpg
オリーブの実のオリーブ・オイル漬け。


sR0010411.jpg
固焼きソバ。


sR0010417.jpg
ワンタン。上から熱々に熱した油をジュ・・ッ!お醤油をかけて頂きます



sR0010435.jpg
朝食。焼きたてパンがヨイ香りです


店長宅の ごはん

バーミックスはキッチンお道具NO.1

ギュイ~ン・・、んー・・、便利です~ にかー!

我が家のキッチンのお道具、これが無くっちゃ始まらな~いNO.1は、断然“バーミックス”です~。


前菜からデザートまで・・、お料理の下ごしらえはバーミックスにお任せです。
何しろ、アタッチメントを交換するだけで、生クリームや卵白の泡立てからお野菜のみじん切り&すりおろし、果てはお肉のミンチまで・・、大抵のことが出来てしまうのです~。


しかもお手入れもめっちゃ簡単
使い終わったら、適当な大きさのカップにお水※と洗剤を入れ、ギュイ~ン・・、お水でだけでもう一回ギュイ~ン・・、これで完了です(笑)。

※生クリームなどの油モノ系は、お湯を使った方がいい場合も・・。


実は・・
私はキッチンお道具フェチ(笑)なので、今までに購入した電動ミキサー&フード・フロセッサーは、少なく見積もっても10台は下りません。

そういえば、東急ハンズのビデオ・デモにまんまと騙され(?)、“電動おろし&野菜カッター(商品名失念)”を買ってしまったことがあるのですが、使い終わる度に分解して洗わなくてはならず・・、アレは大失敗でした・・ ・・・汗


・・が、今は全てお嫁に出して(処分して)、バーミックスでギュイ~ン♪ギュイ~ン♪しています。


あ・・、
決してワタクシ、バーミックスの回し者では・・。



sIMG_9554.jpg

ジャムと氷、少量の水を縦長の容器に入れます。


sIMG_9555.jpg

バーミックスを入れて、ギュイ~ン!(この間およそ10秒)


sIMG_9556.jpg

ブラック・カラント・フラペチーノの出来上がりです。
ちなみに昨日のデザートです~



店長宅の ごはん

我が家の常備菜

ん~、幸せです~ にかー!

明後日からオットが2週間の出張なので、今日は少し贅沢をして晩ごはんにピンク色のシャンパンを頂きました。


ところで・・、
皆様のお宅の常備菜は何でしょう?

最近我が家で大活躍の常備菜は、間違いなく「ローストベジタブル」です。
にんにくや玉ねぎ、トマトなどの野菜にエクスト・ラバージン・オリーブオイルとお塩をかけてオーブンで焼くだけなのですが、本当の本当にめっちゃ美味しいのです。(自画自賛です~)


しか~も!
お料理の隠し味やソース代わり、また彩り役としてもなかなか優秀なので、いつも沢山作って冷蔵庫に入れてあります。

実をいうと・・
今日の晩ごはんの制作時間は30分ちょっと。
手軽に「じっくり味」が作れる上に手間をかけたように見える、ローストベジタブル様々でございますデス。


あぁ、それにしても・・、
シャンパンが美味しいですぅ~(うっとり~ ラヴ ハート


れれ・・
あ・・っという間に一本が空いてしまいました
もう一本いただいたら、もっと幸せになれるのでしょうか??





sIMG_9381.jpg

キッチンガーデンの収穫。
レタスとルッコラのお花はサラダ用。ミントは食後のミントティー用です。


sIMG_9402.jpg

今日の晩ごはん(前菜イロイロ)


sIMG_9382.jpg

生ハム。お皿に盛るだけ(笑)。


sIMG_9359.jpg

アンティチョークのマリネ。
調理済みで市販されているものに、我が家の常備菜「ローストベジ」から「にんにく」「赤ピーマン」をトッピング。


sIMG_9360.jpg

クスクス。
市販のクスクスに「生トマト」と「ミックスナッツ」など等たっぷり混ぜてお皿に持り、ラズベリーソースをツー・・テンテンでカワユク は-と


sIMG_9387.jpg

ソーセージ。
「粒マスタード」と「ラズベリーソース」を添えます~。
最近、お肉に甘いソースを合わせるのがマイブームなのです。


sIMG_9384.jpg

レタスのサラダ。
「ローストベジ」から「トマト」「玉ねぎ」をトッピング。


sIMG_9361.jpg

オリーブの実。
エクストラ・バージン・オリーブオイルに「潰したにんにく」「月桂樹の葉」「胡椒」「コリアンダーの実」を入れ、そこにオリーブの実を漬けるだけ・・。


sIMG_9418.jpg

食後のミントティー。胃がスーッとします~。


sIMG_9423.jpg

夕焼け。んー・・、美しいですぅ~。

店長宅の ごはん

産地直送!キッチンガーデン♪

聞いてないです~ !絵文字名を入力してください

オットが出張から戻ってきました。
え・・っ、お家で晩ごはん食べるのデスカ??
お外で食べてくると思い込んでいました・・。


うっく・・(←80年代の乙女チック漫画全盛期に流行りました。100%死語です~)
腕がパンパンですぅ・・
今日は陶器類の買い付けに行ったのですが、こんなに重いとは・・
一般的なアンティークショップは店の前や裏などに専用駐車場を持っている場合が多いのですが、このアンティークショップは街中にあるせいか店の前はモチロン、店の近くにも駐車場がないのです・・。

大きな(商品入りの)ダンボールを抱えヨロヨロ歩く私に、道行くジェントルマンが声をかけて下さいます。
(ありがたい事です~)


でもでも・・、
(重いとはいえ)抱えている荷物は一つだけ。
ジェントルマ~ンに荷物を持って頂いたら、私は手ぶら・・。
それは何とも居心地が悪そうです。


ゼーゼー・・
駐車場に到着した頃には、顔はゆでだこ、二の腕もパンパン・・。
荷物運びですっかり精根尽き果ててしまったワタクシ・・。
夕方7時過ぎ、包丁を握る気力は残っていませんが、お腹が空きました・・。


あ! 豆電球

私はハサミと収穫籠を片手に、いそいそとキッチンガーデンへ・・。
晩ごはんは“ニラ玉雑炊”にしよう、これならニラを収穫する時間を考えても10分とかからないし包丁も使わないし・・、卵も入って栄養満点・・


キッチンガーデンでニラを刈って家に戻ると・・、

リーン・・ 電話

オット「今会社に着いたところ、これから帰るから~」
ワタクシ「・・・・・・」


大急ぎで追加の収穫に行かなくては!ですぅ~



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sIMG_9194.jpg

追加の収穫。ベリーはデザート用です 。


sIMG_9217.jpg

今日の晩ごはん


sIMG_9203.jpg

春菊のサラダ。
オリーブオイルをかけてじっくりオーブンで焼いた“トマトとピーマン
を刻んでドレッシング代わりに・・。トッピングはミックスナッツ。
トマトとピーマンのオリーブ焼きは、昨日の晩ごはんの残りです(笑)。


sIMG_9205.jpg

海老蒸し餃子。甘めの中国醤油をつけて頂きます。


sIMG_9199.jpg

ニラと牛肉のオイスター炒め(トウチ/チリオイル/にんにく)。
白ゴマと松の実をたっぶりかけて・・。
本当ならこのニラは“ニラ玉雑炊”になるハズでした ・・・汗



sIMG_9201.jpg

レタスのサラダ。
ラズベリー・ジャムとマヨネーズを半々で混ぜて、
サラダの上に適当に垂らし、その上にポテチ
(写真はフライド・オニオン・チップ)を散らします。
歯触りも彩りもグッドです~
パリパリして塩気のあるものなら何でもOK。


sIMG_9225.jpg

デザート。台はメレンゲです。
一度レストランでこんな感じのモノをいただいたことがあるだけなので
(見よう見まねで作ったので)、何という名前のデザートだったか
全く記憶にないのです  
ご存知の方、教えて下さいマセ~。


店長宅の ごはん

パートタイムシュフ(主婦)

「パートタイムシュフ(主婦)」です~。
(そういえば、ムカシ、「パートタイムラバー」という歌がありました~)


(オットは)6日の夜に戻って来たばかりだというのに、7日からまたまたまた出張です。
今年に入ってから出張が多く、週の半分は家を空けているオットなのです~。


そういえば・・・
今週お洗濯をしたのは、オットが帰ってきた日とその他1日の合計2日だけ。
オットに晩ごはんを作ったのも(7月2日と6日の)2日だけ・・です。
ここ半年ずっとこんなパターンです ・・・汗
まるでパートタイムで主婦(業)をやっているような感じです~。


でもでも・・
たとえ出張に行かなかったとしても、オットと一緒に晩ごはんを食べる機会はそれほど多くなかったりします。

♪黄色と黒は勇気の印、24時間働けますか~?ビジネスマン、ビジネスマン、ジャパニ~ス・ビジネスマ~ン!♪(・・でしたっけ?)

イギリスで働いてはいても、所詮オットは日本人。
(イギリス人は5時半になると、ほとんど誰も会社に居ません)
通常オットは昼の分と夜の分、2つのお弁当を持って会社に行くのです。


・・などと書くと、
朝から甲斐甲斐しくオットのお弁当を作るヨイ主婦・・のようですが、事実は全く違います(笑)。


実はワタクシ、お弁当はまとめて作ってお弁当箱ごと(!)冷凍する派なのです~。
この間「大型冷凍庫(引き出し6段全てが冷凍庫!)」を一台処分したので、今はそんなに大量には作りませんが、最高記録は一日で80個のお弁当を詰めたことがあります
(今の冷凍庫はそれほど大きくないので、作っても16個までです~)


オットは朝、その日の気分で好みのお弁当を2つ選んで、凍ったまま会社に持って行くのです。
食べる直前に会社のレンジでチン!
はい~、“ホカホカ弁当”一丁上がりです~ にかー!


あ・・
これではパートタイム「主婦」・・というより、「お弁当屋さん」ですね・・ ・・・汗




アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sIMG_8765.jpg

今日のキッチンガーデンの収穫。


sIMG_8789.jpg

前菜イロイロ。


sIMG_8767.jpg

餃子。


sIMG_8773.jpg

キッチンガーデンで収穫したレタスで作った、産地直送(!)サラダ。


sIMG_8774.jpg

パプリカと牛肉のオイスター炒め。


sIMG_8779.jpg

ナッツと白ゴマ入りご飯。


sIMG_8796.jpg

食後酒(チェリーブランデー)と乾燥フルーツ&ナッツ。


sIMG_8815.jpg

食後に我が家のミニ果樹園で収穫したラズベリー。


このカテゴリーに該当する記事はありません。