花火はイギリスの冬の風物詩!?~ガイフォークスディー~

20171106_1.jpg

▲火炙りにされるガイフォークス人形を見ている人々

日本人的には花火は夏の風物詩ですが、ここイギリスでは花火といえば冬!
そして11月5日は花火の日・・もとい、ガイフォークスディーです。

1605年11月5日、カトリック教徒のガイフォークス達のグループはカトリック弾圧に反発し、国王ジェームズ1世と議員たちを暗殺する為に国会議事堂爆破を企てました。


20171106_2.jpg

▲イギリス中のいたるところで、こんな景色が見られます♪

・・が、
直前に匿名の密告により彼は呆気なく御用となり、彼らは大逆罪で処刑されてしまいます。

政府は事件を未然に防いだことを祝してこの日を祝日とし、かがり火を焚いて祝うようになったのですが、このかがり火の一番上にガイフォークス人形を据え付けるのがお約束だったりします。


20171106_3.jpg

▲ガイフォークス人形

ところで・・
ガイフォークスは絞首刑台で首の骨を折って亡くなったのだそうですが、なぜガイフォークス人形の方が火炙りなのかは謎です (;^_^A

そしてかがり火が消えた頃、(爆弾と花火の”火薬繋がり”なのでしょうか?)恒例の花火大会が今年もはじまるのでしたー🎆


20171106_4.jpg

▲日本と比べると、花火の位置低いかも?

ちなみに・・
イギリス人に日本では花火は夏のモノだというと、目を丸くして驚いてくれます(笑)。
(もっとも夏は夜の10時近くまで明るいイギリスで、夏の花火大会は物理的に難しいかもですが・・


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2017.11.07 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

執事のいるレディな暮らし!?

面倒臭いですぅ・・。

イギリスではなぜか毎年車検があります。
日本なら新車で購入すれば3年は車検がありませんが、ここイギリスでは全ての車が等しく毎年車検を受けなくてはなりません!
公平なような不公平なような・・、う~ん、何ともビミョーなシステムです。
 
イギリスも新車から3年は車検がなく、その後は毎年車検があるそうです。

さて・・
いつもなら”何でも週末、オットにお任せ~♪”なる裏技(?)が使えるのですが、今回はオットが長期出張で家を空けていた為にうっかり期限ギリギリになってしまい、平日に自分でベム子(妖怪人間みたいです~。ちなみにオットの車は”ベム太”という名前で呼んでます♪)を運転して車検に持っていくハメに・・。

(はっ!)
ここである事実に気がつきました。
今まで私、自分で車を車検に出したことが一度もなかったです☆
毎年オットは自分の車と私の車の2台を車検に出してくれてたのですね(オットは本当にヨイ人ですぅ~)。

そういえば・・
洗剤やトイレットペーパー等の買い置き品の管理や領収書の整理、庭のお手入れ、洗濯、掃除etc.をこなすオットは、私の古い友人からは”執事殿”と呼ばれていました。

そう、執事といえば貴族!
今日からオットには私を”マイ レディ※”と呼んでもらうことにします(笑)。
※使用人が貴族の奥様に呼びかける時に使う言葉

追記
今日オットと車の話をしていたところ、イギリスでも新車から3年は車検がないことが判明!(間違った情報をスミマセン・・)
目を丸くして驚く私に、オットは”何でもオレまかせだから・・”と絶句しておりました(ショボン・・)。


R0039419.jpg
車検後に磨いてもらい、色白になったベム子(笑)。

R0039451+1.jpg
日本とは違って受付の方は若くなくてもOKなのです~。

R0039456.jpg
この車、欲しいですぅ~(でもお値段が800万円近くします・・。お金持ちの貴族のオットが欲しいですっっ!)。

R0039452.jpg
めっちゃカッコイイです(うっとり~)。

R0039453.jpg
待ち時間にいただく飲み物は、全て無料です♪
待ちくたびれて、3杯もおかわりをしてしまいました(笑)。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2014.03.14 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

AGA(アーガ)オーブンのトンでもない弱点!?

憧れのAGA(アーガ)オーブンにこんな弱点があったとは・・。

sP1170022.jpg
我が家のキッチン。

2週間前に全ての荷物を新居に運び入れ、やっとお引っ越しが終わりました~!
家の中はまだ片付いていませんが、早々キッチンだけイソイソとお片付けを済ませたワタクシ。
理由はモチロン、アーガさま♡
・・というわけで始まった、憧れのアーガオーブンライフ。

・・が、しかし、
彼女にはトンでもない(?)弱点が・・!!

アーガオーブンのセールスポイントのひとつが、余熱なしでいつでも使いたい時に使える便利さ。
まさかこの"強み"が"弱み"になるなんて思いもしませんでした・・。
つまり”いつでも使える”は、裏を返せば常にオーブンが熱~い状態ってこと。
冬ならキッチンぬくぬくで幸せ~なのでしょうが、夏は灼熱地獄です。
いくらイギリスの夏が涼しくてもやっぱり暑いです。

フムフム、そうだったのですね。
下手な車より高いアーガオーブンは、ステータスシンボルであると同時に重要なキッチンのインテリア・・というのは有名な話なのですが(我が家のアーガは買ったお家にたまたま付いていただけ)、キッチンにアーガオーブンだけではなく一般的なオーブンセットも備え付けているのは、大切なインテリア(アーガオーブン)を汚さない為だけではなく非常に実用的な理由(夏の暑さ対策)があったのですね・・。
ちなみに我が家には調理器はアーガオーブンしかないので、暑くても我慢して使うか暑い日の料理は諦めるしかありません☆

(矯めつ眇めつ眺めて・・)
う~ん、でも可愛いから暑くても許しちゃいます(笑)。



ssP1170024.jpg
このアーガはローストとベーキング、煮込み、保温を同時にこなす4オーブンタイプで、1トンくらい重さがあるそうです。


テーマ:雑貨・インテリアの紹介 - ジャンル:ライフ

2013.09.03 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

花火は冬の風物詩 in イギリス ~ガイ・フォークス・デー~

冬です~。
花火ですぅ~。

毎年この時期になるとイギリスでは〝ガイ・フォークス・デー※〟にちなんだ花火大会がアチコチで催されます。
日本で花火といえば夏の風物詩ですが、ここイギリスでは冬がお約束!
イギリス人にとって花火は冬のお楽しみ♪なのです~。

もっとも・・
夏は夜10時くらいまで薄明るいイギリス、夏に花火を上げたくても上げられないかもですが・・(笑)。

※今から約400年前の1605年11月5日、ガイフォークスら過激派のカトリック教徒がカトリック教徒を弾圧していた当時の国王ジェームスⅠ世と議員達を建物(国会議事堂)ごと爆殺する計略を立てたが未遂に終わったことから、首謀者として処刑されたガイ・フォークスを模した人形をかがり火に放り投げて燃やすという風習ができた。



R0036236.jpg
お友達に誘われて近くのマナーハウス(お屋敷)で開催された花火大会に行って来ました~。
ガイ・フォークスを模した等身大の人形がシュールですぅ・・。

R0036253.jpg
ガイちゃんが勢いよく燃えています~。

R0036242.jpg
焚き火の周りでは子供たちが花火を楽しんでいます。
(花火を人に向けてはいけませんっ!!・・と言われたのは私達オバ世代まで??)

R0036239.jpg
この手のイベントには移動遊園地が欠かせません!
移動遊園地はヴィクトリア時代にはすでに存在した、由緒正しきイギリスの娯楽なのです~。

R0036273.jpg
震えながら眺める花火も新鮮です(笑)。

R0036275.jpg
今日の夕飯は私の大好物のローストビーフのヨークシャープディング添えです♪


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2012.11.06 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

エリ様(エリザベス女王)に恋してしまいました~

エリさまぁぁ~っ

ロンドンオリンピックの開催に当たり、日本の皆様もテレビ等でエリザベス女王を目にする機会も多いと思います。
そう、テレビの中のエリザベス女王は(非常に上品ではあるものの)普通に美しいおばあ様です。
・・が、
〝生エリ〟はハンパ無いオーラなのです。

実は2週間程前にとあるイベントで初めて生で女王様を拝見したのですが、彼女の周りの空気だけキラキラ光っていました(いえ、冗談ではなく!)。
気がつくと私は彼女の乗る車を追って走っていました・・(まるでアイドルの追っかけです~)。
どうやら(多くのイギリス国民同様)私もエリ様に恋をしてしまったようです(笑)。

R0011785.jpg
アイドル真っ青!キラキラのオーラを放つエリ様

当店(ヴィクトリアンキャット アンティークス)でも時々、女王戴冠〇〇年記念のお品を扱うことがあるのですが、今までは〝女王のお顔入り記念グッズ〟をコレクションされている方の気持ちがいまひとつ理解できませんでした(販売をしておきながらスミマセン・・)。
でも今ならココロから、文字通り〝心底〟理解できます(笑)。

あぁ・・
このエリ様も素敵だし、あのエリ様も・・
店のエリ様グッズを買い占めてしまいそうで怖いですぅ~。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2012.07.27 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

エリザベス女王戴冠60周年~ユニオンジャックと記念グッズ今昔~

エリザベス女王の戴冠60周年を祝して、あちらこちらで元気にユニオンジャックがはためいております。

そのキュートな姿にハートを鷲づかみにされてしまったワタクシ、思わずジャック君を買ってしまいそうになりましたが、我が家の玄関にソレを掲げるのは日本人としてビミョーなので、手旗の小ジャック君で妥協することにしました(笑)。 

R0035441.jpg
小ジャック君

そうそう・・
先週お友達のHちゃん(イギリス人)のお家に遊びに行った時に、何らや怪しげな・・いえ、アンティークディーラーとして非常に興味深いモノを見つけました。
それは話題のアノ方のお顔が大きくプリントされたマグカップ。
Hちゃんの天使ちゃん(5歳の女の子)の学校で配られたものなのだそうです。
(実際には学校からではなくカウンシルから贈られたもの)

ふむふむ・・
こうして作られたイロイロがウン十年後にアンティークショップの棚に並ぶのですね~(しみじみ・・)。


R0035365.jpg
エリザベス女王の戴冠60周年を記念して作られたマグカップです。

item_732_2.jpg
これは1953年にエリザベス女王の戴冠記念で作られたティーポットスタンド
王冠のモチーフがとても可愛いです
60年経ってアンティークショップ(ヴィクトリアンキャット)の棚に並んでしまいまいました(笑)。

R0035400.jpg
50年代をテーマにしたショーウィンドーのディスプレー。
エリザベス女王のお顔がめっちゃ若いです(当たり前ですが・・)。

R0035392.jpg
近くの街のティーショップ。

R0035396.jpg
トイレットペーパーもユニオンバージョンです(笑)。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2012.06.05 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリスのロイヤル・ウエディングは30年ぶり!(ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさん)

ウィリアム王子とケイトさんの結婚式です~。
前回のチャールズ皇太子とダイアナ妃以来、実に30年ぶり!のロイヤル・ウエディングなのだそうな・・。(あれから30年も経ったなんて、本当に驚きですぅ~)

しか~も!
今回は約350年ぶりにフツーの家庭からプリンセスを迎えるということ、また結婚式の日(4月29日金曜日)から週末をはさんで翌月曜日まで4連休になるということもあり、(ロイヤル・ウエディングに興味がある無いに関わらず)イギリス国民は大はしゃきなのです~。

パブや友人宅のテレビの前で盛り上がる人※、ロンドンへロイヤル・ウェディング見物に出かける人など等、楽しみ方・・いえ、お祝いの仕方は人それぞれですが、間違いなく言えることは「イギリス人はロイヤルファミリーがお好きなのね~」ということです(笑)。
当然、翌日(と当日の夜)の新聞も見事にロイヤル・ウエディング一色!
今回のロイヤル・ウエディングはイギリス国営放送(BBC)で11時間に渡り生放送をされました。

ありゃりゃ・・
私ったらいつの間にか新聞を買ったんでしょう? にかー!汗
(ミーハーですぅ~)



P1060336+1.jpg
ウィリアム王子とキャサリン妃(2011年4月30日の新聞)

P1060333+1.jpg
チャールズ皇太子とダイアナ妃(1981年7月の新聞)


R0031254+1.jpg
アフター「ロイヤル・ウエディング」セール・・なのでしょうか?
いつも飲んでいるシャンパンがめっちゃ安くなっていたので、大人買いしちゃいました にかー!
今年いっぱいは楽しめそうです (ロイヤル・ウエディングさまさまですぅ~)



テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2011.04.29 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリス人なら夏はお庭でBBQ(バーベキュー)!

夏はお庭でBBQ!がイギリス人のお約束。
週末はモチロン、平日でもあちこちのお庭からヨイ匂いが漂います。

えっ、平日?
日本の方は訝しがるかもしれませんが、一部の仕事ラブなイギリス人以外は残業をしないのがフツーなので、会社が終わってからBBQの準備をしても充分に間に合うのです~。

さてさて・・
今日は我が家もBBQ
イギリス人のお友達ファミリーをお招きしたので、いつものコリアンBBQ(焼肉)ではなく正統派(?)イングリッシュバービー(BBQ)です。


そういえば・・
なぜか周りのイギリス人はバーベキュー(BBQ)のことを“バービー”と呼ぶ人が多いです。
テレビは“テリー”なので、単に縮めているだけでしょうか?
それともこの辺りの方言・・なのでしょうか??
以前、「テリーはテレビの愛称?」と友人(イギリス人)に尋ねて大笑いをされたことがあるので、バービーも愛称でないように思うのですが・・。
う~ん・・、謎です。


今日は曇りで気温もやや低めですが、全員(オットと私以外)イギリス人なのでノープロブレム!
日本人とのBBQは天候(晴れているか暖かいか等)が気になりますが、イギリス人の場合は雨さえ降らなければOKなのです~。


夏はお庭でBBQ♪
寒くたってBBQ♪♪

鳥肌を立てながらビールを飲む彼らにイギリス人の心意気を感じますぅ~ にかー!



sP1000540.jpg
お土産に頂いたビール

sP1000541.jpg
前菜。

sP1000553.jpg
ハンバーガーにはさむのはレタス・トマト・キュウリ・タマネギ・スライスチーズが我が家の定番。
キュウリのピクルス(ガーキン)も欠かせません!

sP1000559.jpg
背高のっぽのハンバーガーです~。
マヨネーズを入れてバーガーキングのワッパーっぽいお味に仕上げます

sP1000576.jpg
デザートのフルーツ盛り合わせ。パイナップル、大好きなのです~。

sP1000607.jpg
我が家で愛用しているBBQマシ~ン。
ハンバーガー用のパテ&ホットドック用のソーセージ、それと豚の味噌漬け(笑)を焼いているところ。


sP1000605.jpg
このシャンパン、2年(3年?)ぶりに頂きました。
記憶の中の味と違っていてビックリ!(笑)


sP1000603.jpg
やや辛口。ほんの少しサワーでビター。
★★★
★は最高で5個ですが、あくまでワタクシの好みです。
時々同じ銘柄のシャンパンでも星の数が変わったりします(笑)。


テーマ:アウトドアライフ - ジャンル:ライフ

2010.08.14 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

キリスト様もビックリの復活祭~イースターエッグはチョコレート♪~

一ヶ月ぶりのイギリスです~。
(日本へお出かけしていました)

日本のような日々の刺激や便利さはないけれど、クリスマスやイースター等の年中行事・・、そして何よりも春の訪れを心待ちにする地味だけれども温かい暮らし。


イースターといえば、実はワタクシ、正にイースター当日にイギリスに戻ってきたのですが・・
何か美味しいものでも・・と迎えに来てくれたオットとスーパーマーケットに寄ったところ、まだ夕方だというのにお店はすでに閉まっていました(笑)。

うっかりしていました!
日本では日曜祭日・・特にクリスマスなど売上が見込める時は営業時間を延長するのが常ですが、ここイギリスではいつもより早く店じまいをするのがフツーだということをすっかり忘れていました。


ちなみに・・
イースターは十字架に掛けられ死んだキリストが3日後に復活したことを記念するお祝いで、イメージキャラクター(?)は多産な動物うさぎちゃんです。
またイースターの飾り付けに欠かせない色とりどりに彩色されたイースターエッグは新しい生命の象徴なのだとか・・。

もっとも・・
近年では本物の卵ではなく、チョコレートで作られた卵を飾ったり贈りあったりしています。
この時期のイギリスのチョコレート売り場はまるで日本のバレンタインデーのような感じ・・、いえ、老若男女国民総動員(?)な分、日本のバレンタインデーよりすごい事になっているかもです。


それにしても、キリストさん。
まさか2千年後にチョコレートの売り上げに貢献することになろうとは、思いも寄らなかったに違いありませんデス~(笑)。




sR0020061.jpg

小さなお友達から手作りバスケット入りの卵をプレゼントされました
もちろん卵はチョコレート(笑)。
うさぎちゃんはHちゃんからのプレゼント。


テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

2010.04.07 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

サマータイムが終わり、イギリスは暗くて寒い冬に・・

急がなくては!です。

日本にお住まいの方には信じられないかもですが、日曜日、イギリスのほとんどのお店は夕方4時には閉店してしまいます。
スーパーマーケットも例外ではないので、日曜の夕方に「今晩何食べたい?じゃ、みんなでお買い物に・・ 買い物カゴ 」 ・・はここイギリスではあり得ません(笑)。


それなのに、それなのに!

午後3時半 にトイレットペーパーが1巻しかないことに気が付くなんて・・。

我が家からスーパーまで車では20分、急げはどうにか間に合うカモカモ?


・・ん?
何の気なしにパソコンの時計を見ると・・
パソコンの時計は午後2時半、壁の時計は午後3時半??


うぎゃ~っ!

パ・・、パソコンが壊れた?!



・・と思ったら、
サマータイムが終わって、1持間、時間が戻っていた※だけでした(笑)。
(家の時計は手動で合わせなくてはいけませんが、パソコンの時計は自動で合うのです~)
10年以上イギリスに住んでいるというのに、オットも私もすっかり忘れていました(笑)。


うふ は-と (←死語デスカ?)
1時間余裕が出来たので、これで慌てないでお買い物に行けます。
な~んて思っていたら、ついのんびりし過ぎてしまい・・


いつの間にか 本当の午後3時半 になっていました・・ ・・・ 汗




※サマータイムは3月の最終日曜の午前1時に始まり(時計の針を午前0時→1時にします)、10月の最終週の日曜の午前1時に終わります(時計の針を午前1時→0時に戻します)。

冬時間の良い点
●サマータイムが終わると今までの朝7時は6時・・ということになるので、1時間朝寝坊が出来るのです~。(・・ってすぐ慣れちゃいますね(笑))
●朝の始まりが遅くなった分(朝が)明るいです(その分夕方早い時間に暗くなるのは困りモノですが・・)。

冬時間の悪い点
●冬至(12月21日)辺りがもっとも暗くなる時間が早く、な~んと!午後3時半には薄暗くなってしまうので、うっかりしているとモモ(我が家のワンコ)のお散歩にペッドライトを点けて行くハメになります。
もう、気分はすっかり「川口浩探検隊」です(笑)。



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル

sR0016533.jpg

sR0016539.jpg

今日のシャンパン、すっぱいですぅ~。
私はあまり好みではないかもです・・。
★★
★の数は最大で5個ですが、あくまでおワタクシの好みです(笑)。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.10.26 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イースター、郵便局は4連休!?

・・な、なんですと~!?

用事があって近くの郵便局へ行ったところ、平日(金曜日)だというのにお休みです。
入口の営業案内を見ると、金曜日は5時半まで開いていることになっています。


sR0012955.jpg


ワタクシの時計が狂っているのでしょうか?
ふ・・と視線を落とすと・・、
営業案内の下にもう一つ営業案内らしきものが・・。


sR0012957.jpg
やじるし↑もしかしたら土曜日は営業している・・??)


どうやらイースターで10日(金)・11日(土)・12日(日)・13日(月)の4連休の模様・・。
ちなみにイースターは12日(日)。
日本人的に考えたら、金曜日は(当然!)通常営業で土曜日半ドン(通常営業)、日・月お休み・・というのがイースターにおける正しい(?)郵便局のお休みの取り方のような気がするのですが・・。


う~ん・・
なぜに金曜日がお休みなのでしょう??
謎ですぅ~。


そのムカシ、イエス・キリストは十字架に貼り付けられ帰らぬ人となったのですが、その3日後に生き返ったのだそうです。
イースターはイエス・キリストの復活を祝う行事で、俗習として復活(再び生まれる)と生命の象徴である卵を結びつけたという“イースターエッグ”が有名なのですが、近年では装飾を施した正統派(?)イースターエッグよりも、“卵の形のチョコレート” の方が人気があるようです(笑)。




sR0012765.jpg
手作りチョコレートエッグをお友達から頂いちゃいました は-と


sR0013081_20090416121453.jpg
キッチンのカップボードに飾ってみました~。
このカップボードはイギリスのビクトリア時代後期のもので、ワタクシのお気に入りなのです イギリス


sR0013092.jpg
割ると中にもミニエッグが・・。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.04.11 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリスはサマータイム

3月の最終日曜日、今年も “サマータイム(夏時間)” が始まりました。

一年にほとんどを鉛色の空の下で過ごすイギリス人にとって、“サマータイムの始まり” は まさに“この世の春の到来”、パラダイスの始まり始まり~!なのです。


ところで・・
一口にサマータイムと申しましても、ほとんどの日本の方には馴染みのない言葉かもしれません。
簡単似申しますと、今まで “朝6時” だった時間が “朝7時” となります。
つまり今までよりも1時間早く1日が始まります。
(1時間早起きをしないといけません)


当然会社も今までより1時間早く終わることになり(今までよりも1時間長く明るい時間を楽しめます)、ガーデニング は-と ラブのイギリス人たちは、早々家に帰って庭仕事に励みます。
しかも夏(夏至)に向かっては日どんどん長くなるので、彼らの庭仕事はどんどん拍車がかかり・・。
ガーデナー(庭師)を雇う余裕のある一部のお金持ちの方を除き、一般イギリス人の庭はこの “サマータイム” によって支えられていると言っても過言ではありません(笑)。


・・が、

これは “家庭が一番大切、残業なんて以ての外!” という社会風潮があってこそ。
もし “サマータイム” を日本に導入しようとしたら、国民の・・特にサラリーマンの方々の反対に遭うのは間違いありません。
何しろ残業が当たり前(?)の日本社会。
日本でサマータイムを導入したら単純に働く時間が増えてしまいます(笑)。
(明るい時間が増えれば商店も営業時間を延長せざる得ませんでしょうし・・)

日本でも
サマータイムを
やるならば~
まずは終電
1時間延ばし~

字余りです(笑)。


sR0012577.jpg
犬ムスメはフリスビー遊び。


sR0012572.jpg
猫ムスメ達は日向ぼっこです~。
手前のシャム猫(名前:ジャム)は数ヶ月前に脱走※して大変なことになったので、リード付きです。

オットとモモ、そしてワタクシで真夜中までアチコチ捜索。
狐がウジャウジャ(?)のフィールドで遊んでいるところをモモ(我が家のワンコ)が見つけ捕獲しました。
狐は猫より大きな種類のウサギも食べるので本当にヒヤヒヤモンでした・・。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2009.03.30 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリスのバレンタインデー

2月13日の夕方、生花売り場近くのレジは花束とカードを求める紳士たちの長蛇の列です。

そう、2月14日は言わずと知れた(?)聖バレンタインデー は-と
チョコレートを添えて女性から愛の告白をできる日!

・・ということに日本ではなっていますが、ここイギリスでは女性から男性にといったキマリは特になく、モチロン贈り物はチョコレートである必要も 全く ありません。


思うに・・
日本のバレンタインデーは製菓会社の仕組んだ甘い もしくは 陰謀 、そうでなければ年に一度の販売促進キャンペーンに違いありませんデス(笑)!。


こちらのバレンタインデーは恋人同士はモチロン、長年連れ添った夫婦間でもプレゼントを贈りあってお互いに対する関心と愛情を示しあうという感じです。
んー・・、なんかヨイですぅ~。


・・が、

意外なことに(?)イギリスの離婚率は約50%とかな~り高かったりします。
う~ん・・
愛情が無くなったら別れる・・という姿勢は潔いといえば潔いかもですが・・ ・・・汗




sR0011374.jpg

生花売り場の周りをウロウロする紳士たち。
微笑ましいですぅ~。


sR0011373.jpg

紳士たちが長蛇の列を成す、スーパーの生花売り場前のレジ。


sR0011380.jpg

ワタクシも14日は何か美味しいモノでもこしらえて・・と思っていたのですが、長いこと開かずの間になっていた2階の小部屋をワタクシのパソコンルームにするべく、朝からテンヤワンヤの大騒ぎをしていたらうっかりすっかり忘れてしまいました・・。
その甲斐あって(?)ずいぶん部屋らしくなりましたが・・(笑)。


sR0011387.jpg

最近、おままごとグッズが気になるのです~。
これは1950年頃の物で、内蔵されたアルコールランプを使って実際に火を付けることができるレンジ。


sR0011389.jpg

ビクトリアンキャットアンティークスで使っている柔らか包装紙。
実はこの紙には「ビクトリアンローズ」という名前がついています~。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.02.16 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリスの病院に入院して紅茶漬け~

オットが癒着性虫垂炎(正式名称不明)の手術で4日ほど入院しました。
イギリスで入院するのはこれで(たぶん)4回目。
そこで一句です~ にかー!


病室で~ お飲み物はと 尋ねられ~
面食らったは いつの日か~

五・七・五・七・七です(笑)。


皆さんもご存知のように、イギリス人は無類の紅茶好き。
家ではモチロン、職場にもマイカップを持ち込んで1日何回もお茶を飲みます。
傍目には「仕事の合間にお茶を飲んでいる」のではなく、「お茶の合間に仕事をしている」・・、そんな印象です(笑)。
とにかく紅茶がなくては昼も夜も明けない国民、それがイギリス人。


なんと!
そんな紅茶ラブ は-と な彼らの為に、病院にも(食事の時間とは別に)お茶の時間があります。
毎日決まった時間になると、機内のお飲み物サービスのような「お飲み物トロリー」を押したおねーさんが注文を取りながら各病室を回るのです~。


「飲み物はいかがですか?」
「あ、紅茶を下さい」」
「お砂糖とミルクはどうなさいます?」
「お砂糖を2杯、ミルクはいりません」


オット、当たり前のように答えていましたが、よく考えると(考えなくても?)不思議です。
ここは病院、機内ではありません・・ ・・・汗
ちなみに朝食前・昼食前・午後そして寝る前・・の合計4回、お飲み物トロリーはやってくるそう。
コレって機内のお飲み物サービスより回数が多いかもです(笑)。


それにしても・・
ミルクたっぷり(たぶんお砂糖もたっぷり!)の紅茶をすする彼らのなんとまぁ幸せそうなこと!
紅茶の消費量は年々減っていると言われていますが、多くのイギリス人にとって紅茶は空気や水と同じく生活になくてはならないモノなのですね(しみじみ・・)。


紅茶飲む~ 彼らの権利(?) 守る為~
今日も行く行く~ お茶トロリー

字余り(笑)。



sR0010791.jpg

《お茶トロリー》

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.01.31 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

意味も無く~歩く彼らはイギリス人~

初めて見たら驚くかもです・・ ・・・汗

住宅街を歩く家族らしきグループ。
ベビーカーを押しているママの隣を小さな子供を両手につないだパパ。
楽しげにおしゃべりをしながらズンズンどこまでも歩いていきます。
たぶんお散歩なのでしょうが、ワンちゃんの姿はありません・・。


ひぇぇぇ~

家族総出で お散歩デスカ・・?

・・などと奇異の目で眺めたのは今はムカシ。


幼い子供を連れの若いパパママや老人カップル、時には一人で意味の無い道をただ歩いているイギリス人を頻繁に見かけるうちに、彼らにとってお散歩は読書やガーデニングと同じように趣味の一つ、もしくはライフワークなのだということに気が付いたワタクシです。

晴れの日はモチロン、雨が降っても雪が降っても、たとえ旅行先でだってお散歩を楽しむイギリス人。
ワンちゃんを飼ってなくてもノープロブレム!
彼らにとってお散歩はワンちゃんがいるから行くものではなく、まずお散歩に行きたい自分がいてたまたまワンちゃんを飼っていたからワンちゃんも連れて行くものなのです~。


コホン・・
お正月なのでここで一句。


意味も無く~
歩く彼らは
イギリス人。
家族総出で
今日もお散歩~。

五・七・五・七・七ですぅ にかー!




sR0010469.jpg

<2009年元旦>
いつものお散歩コースが寒さで凍って真っ白に・・。
雪ではないです~。


sR0010470.jpg

遊びに来てくれた友人ファミリーとお散歩です~。
友人(Hちゃん)ファミリーはモチロン全員イギリス人。
日本人の友人はこんな日にお散歩には絶対行きません(笑)。


sR0010476.jpg

Hちゃんの天使ちゃん、Z君。


sR0010478.jpg

パパと天使ちゃんたち。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.01.06 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

激甘!イギリスのケーキは美味しい?

嗜好や味覚・・というものは、年齢や食習慣によって変化していくものなのですね(しみじみ・・)。

最近、ウィスキーの水割りラブ は-と ・・なワタクシです。
ウィスキーの水割りはオジさまの飲み物・・と思い込んでおりましたが、これがなかなか美味しい(笑)。
ン十年ぶりにウィスキーの水割りを頂く機会があって発見!
若い頃、父に連れられて行ったクラブ(若い方の行く「クラブ」とは別モノです~)で頂いたときには全く美味しいと思わなかったのに、う~ん・・、不思議です。

子供の頃美味しいと思わなかった、例えばビターチョコレートのような食べ物が大人になって美味しく感じるのと似ているような・・。
苦味の中に感じる甘さや旨みが心地良いと申しましょうか・・。


そういえば・・
イギリスに住み始めた頃、イギリスのケーキは甘すぎて食べられませんでした( ・・・ 遠い目・・)。
甘過ぎて口の中が痺れ、甘味以外の味覚(旨みや酸味など等)を全く感じられないほど(笑)。
(甘味を抑えたケーキが主流な日本では考えられないかもですが、こちらのケーキは飽和状態までお砂糖が入って入るので頬張ると口の中がジャリジャリします)


・・が、

慣れというのは恐ろしいものです。
イギリス生活も10年を迎え、今では甘さの中に隠された(?)ビミョーな旨みやフレーバーを感じることが出来るようになっただけでなく、イギリスのケーキが美味しい は-と とさえ思うワタクシです~。


sR0010258.jpg
「Glenfiddich」のウィスキーの12年・15年18年モノを飲み比べ~。

テーマ:イギリス食生活 - ジャンル:海外情報

2008.12.29 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

郵便局、最後の日。

寂しくなります・・。

我が家から一番近く、よくビクトリアンキャット(ネットショップ)の商品発送でお世話になっていた郵便局が12月3日で閉局しました。


イギリスの小さな郵便局の大部分がそうであるようにこの郵便局も不思議な副業(?)を持っており、郵便業務の傍ら(もしかしたら郵便業務が傍らだったかもですが・・)食料や日用雑貨、新聞などを販売していました。
この郵便局は我が家から一番近い郵便局であると同時に一番近い商店でもあり、急な来客時には牛乳やビスケットを買いに走ったものです。
製造元の表示のないパンや大手スーパーでは見かけないマイナーなお菓子・・、そしていつも微笑みを欠かさないレディー・・、素朴な雰囲気が大好きでした・・。


もっとも・・
本人は(多くのイギリス人がそうであるように)リタイヤが待ち遠しくてしかたなかったようで満面の笑みですが・・ ・・・汗


sR0013256.jpg


sR0013257.jpg


sR0013259.jpg
満面の笑みです(笑)。

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2008.12.04 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

ピーターラビットのビアトリクスポターとビートルズのジョンレノン、イギリス元首相のウィンストン・チャーチルの共通点とは?

見渡す限り自分の土地ってどんな気分なのでしょう?

ナショナルトラストが管理するマナーハウス、アッティンガム・パークに行ってきました。
庭の中に「川」や「鹿公園」があるほど広大な土地ゆえ、走っても走ってもなかなか建物が見えてきません。
見えるのは庭で放し飼いにされているウシだけです(笑)。


さてさて・・
見渡す限り自分の土地・・とお書きしましたがナショナルトラストに管理されているということは正確には「自分の土地」ではないです。
たとえそこに住んでいたとしても・・。


ナショナルトラストは1895年に歴史的建造物の保護を目的として3人のイギリス人によって設立された非営利団体で正式名称を「歴史的名所と自然的景勝地の為のナショナルトラスト(The National Trust for Places of Historic Interestor National Beauty)」といいます。
(トラストは入手したプロパティーを保護管理するだけでなく、一般に広く公開しています)


さて・・
1907年に成立されたナショナルトラスト法によって国はトラストに様々な特権を与えているのですが、その中のひとつに「非課税」があります。
しかしこの「非課税」、ちょっとやそっとの非課税ではございませんデス!
これはナショナルトラストに寄贈された保存対象物件の相続税を免除する・・というものなのですが(ここまではフツーです)、凄いのは寄贈者の子孫が引き続き代々そこに住み続けることが出来るということ。

モチロン寄贈してしまったのですから、たとえ代が変わっても相続税は 全く かかりません。
多少不便があるとはいえ(一定部分の公開を義務付けらます)、未来永劫相続税の心配も修繕費用の心配も無用だなんてまさにアンビリバボー、凄過ぎ!です。
お掃除の方もガーデナーさんも手配して頂けるに違いありません。


ぜひ我が家もナショナルトラストに寄贈をしなくてはですぅ~ にかー!
(・・って何を???)



sR0015814.jpg
建物の入り口付近に突如現れた謎の大型テントの正体は・・?


sR0015811.jpg
この季節のお約束(?)クリスマスショップでした~(ココのはかな~り地味ですが・・)。


ナショナルトラストの保護保存にはトーゼン条件があり、どんなモノでも・・というワケにはいかないようです(笑)。
ウィキペディアによると・・
自然や街並みや歴史的建造物など、「国民の(あるいは世界の)財産として次世代へ引き継ぎたいけれど所有権や法的・経済的な問題により維持が困難なもの」を守りこれを次世代に引き継いでいくこと。
・・とあります。


ナショナルトラストが保護保存している日本人にも馴染みのあるもの
●ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターが暮らしたヒルトップの家と湖水地方の土地
ウィンストン・チャーチルが住んでいた家
●ビートルズのジョンレノンが育った家ポールマッカートニーが育った家  

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2008.11.05 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

10月なのに初雪が・・ in イギリス

早すぎです・・。

暦の上では秋真っ只中の ハズ のイギリスに雪が降ってしまいました。
初雪です。
日中の気温、3℃しかありませんデス。


それにしても・・
今からこんなに寒くて大丈夫でしょうか?
ワタクシの暮らすKeepers Cottage(キーパーズコテージ)が建てられたのはビクトリア時代後期の19世紀末・・と結構古いのですが、古い家にはいわゆる「断熱材」が入っていないのです。
我が家の外壁は見事にレンガの厚みのみ、セントラルヒーティングだけでは寒いので暖炉が欠かせません。
本格的に寒くなる前に(え・・っ?もう本格的に寒い・・デスカ?)薪を調達しなくては!です。


ちなみに新しい家には日本でいう「ブロック」が断熱材として入っている(壁が2重になっている)ので、一旦暖まると熱が逃げにくいです。 やじるし↓


sR0015088.jpg


ひーん・・
それにしても寒すぎですぅ。
実はワタクシ、暖炉の火を点けられないのです・・。
(難しいのです~)


少し(かな~り?)早いけれど・・
湯たんぽと猫を抱いて寝てしまおうかしら?!


sR0015375.jpg
陶器製の湯たんぽ。長時間じ~んわり暖か は-と アンティークです。

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.10.29 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

サマータイムが終わり、川口浩探検隊現る!in イギリス

何年住んでも慣れませんデス・・ ・・・汗

土曜の夜から冬時間になったのを知らず、うっかり早起きをしてしまいました。
いつもならオットが起きてからのそのそと起き出すのですが、今日はお仕事で日本に電話をしなくては!・・な用事があったので、朝6時(夏時間なら日本時間の午後2時、冬時間だと日本時間の午後3時)起きたつもりがまだ 5時 でした・・。


冬時間が始まる日の夜、丁度お友達の家のホームパーティーに招いて頂いていたのですが、冬時間、話題にものぼりませんでした。
皆さんにとってはごくフツーのことなのかもです。

それにしても・・
オットもオットですぅ。
教えてくれてもいいのに~!です(くすん・・)。
ヤツはちゃっかり自分の目覚まし時計だけ1時間遅らせてました。


当たり前なのですが・・
冬時間になると今までの19時が18時になるので、暗くなるのが 急に 早くなるのですぅ~。
うっかりしていると足元も見えないほど真っ暗になり、やむなく(?)川口浩探検隊状態 でモモ(我が家のワンコ)のお散歩に行くハメに・・。
ヘッドライトは家の周りに電燈が全くない、我が家の冬の風物詩です(笑)。

正式な番組名は忘れてしまいましたが、オーバーなリアクションとヤラセ(?)がウリの探検番組がムカシ放送されていたのです~。その隊長が川口浩さんで、頭にヘッドライトを着けて怪しい洞窟などをよく探検していました。


え・・っ?
川口浩さんをご存じない?? !絵文字名を入力してください
うっく・・(←死語です~)
年はとりたくないものです・・。

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2008.10.28 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

デンタル・ファースト・エイド・キット~イギリスの歯医者は・・~

こんなモノを売っているなんて、まったくも~イギリスってば・・。

・・などと思っていたのに、自分自身がコレのお世話になる日がこようとは夢にも思っていませんでした。
日本では見たことありません。
それともワタクシが知らないだけで、日本でも売られているのでしょうか??


コレとは・・
その名もズバリ!(←死語です~)デンタル・ファースト・エイド・キット。

例えば詰め物が取れたとき~
例えば差し歯が落ちたとき~

コレあえあればものの数分で元通りです~ にかー!
資格も難しい技術もなーんにも要りませんデス!


ところで・・
イギリスの歯医者さん、一般的にあまり上手ではありません。
(探せばどこかにゴッドハンドを持つ方がいらっしゃるかもですが・・)
今まではロンドンの歯医者さん(プライベート)にかかっていたのですが、治療した歯が痛んだりブリッジが3度も落ちたり・・。

3度目のブリッジが落ちた時、頭の中でアノ歌がリフレインしました・・。

ロンド橋、落ちた~
落ちた~、落ちた~
ロンド橋、落ちた~


アノ時は急遽日本へ帰って治療しました。
歯が落ちたその週には機上の人になっていました。
今回も出来ればすぐにでも日本へ行って歯の治療をしたいのですが、近日中にコンテナを送らなくては!アン~ド、オットがあまりに忙しくワタクシが日本へ行ってしまったら我が家の動物たちが餓死しそうで・・。

オンラインショップの運営の他にオールドパインを使用した家具とアンティーク等を日本のお店にコンテナで送っています。


ムフフ・・(←死語デスカ?)
この接着剤、なかなか性能(?)がヨイかも・・。
(硬いモノは怖くて食べていませんが)フツーのモノはとりあえず食べられます。
もう少しこのまま様子を見ることにしますデス~。



sR0015111.jpg

とてもグッドな商品なのでビクトリアンキャットに掲載してみようかしらん・・と一瞬思ったのですが、日本にはヨイ歯医者さんがたくさんあるので必要ないですね~(笑)。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2008.10.24 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

ウエディングパーティのドレスコ-ド in イギリス

ウェディングパーティーにお呼ばれです(ワクワク!ドキドキ!)。

でもでも・・
よそ行きのお洋服で出かけるパーティーは去年のクリスマス以来なので、何を着ていったらヨイのかめっちゃ迷いますぅ~。


以前イギリス人のお友達の結婚式に出席した時は教会のお式から参加してそのまま着席式の披露宴に突入~!だったのでドレスコードはいわずもかな・・だったのですが、今回は結婚式無しのウェディングパーティー。
オットが出張中ということもあり、立食式なのか席があるのかさえ さっぱり わかりません。

考えてもどうにもわからないので、一緒にパーティにお呼ばれしている友人に電話で聞いてみることに・・


んー・・
ポッシュなレストランに行く時に着る服を気持ちグレードアップした感じ?

何だかわかったようなわからないような・・、ビミョーな答えです(笑)。


結局、胸元が大きめに開いているシャツにパンツで行くことに・・。
(ふむふむ・・)
ロングドレスだったのは新婦さんだけで、女性はフツーにワンピースを着ている方が多かったので浮かず沈まずヨイ感じ(笑)。
花嫁さんは元モデルさんということもあってスラリと高い身長にロングドレスが良くお似合いです。

・・が、

花婿さんはまるで近所にお買い物に行くようなカジュアルなシャツにスラックス姿。
そこにいる 誰よりもラフな 格好です。


もっともある意味、 誰よりも目立って いたので、主役の装いとしては正解なのかもですが・・(笑)。


sR0014708.jpg
ダンスタイムです~。
イギリスのパーティーには99.9%の確率でダンスタイムなるものがあります。
大抵アバ等の音楽がガンガンにかかりディスコタイムになるのですが、なぜかこの日はスコットランド民謡に合わせて踊るという趣向。
生バンドや(踊りの)インストラクターさんも呼ばれていました。

ところで・・
パーティーは「ビレッジホール」で行われたのですが、これは日本でいうなら「公民館」・・でしょうか?
どんな小さな村にも(たぶん)必ずある公共の施設です。
村の催し物、例えばフリーマーケットのようなことも行われ、ローカルのパブなどと同じくそこに住む住民にとって無くてはならない大切な場所です。

素朴で温かな手作りパーティ、良かったですぅ~(しみじみ・・)。


sR0014721.jpg
このお二人が本日の主役。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.10.01 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリスはインディアンサマー

インディアンサマーです~。

つい先週まで晩秋・・というか、もしかして冬が始まったカモカモ~なお天気だったのにここ数日ミョーに暖かく、日中なら半そででも大丈夫な感じです。


せっかく(?)冬を覚悟して、暖炉の脇に薪を積んだりお庭を片付けたり・・と冬支度を始めたトコロだったのに、このまましばらく暖かいのでは・・などと思わず淡い期待をしてしまいます。
いえ・・、長年のイギリス暮らしでこんな日々は長くは続かないことはよ~く知っているのですが・・(笑)。


さてさて・・
イギリス人はこんな日~夏が終わったのに暖かい日~をインディアンサマーと呼びます。
うーん・・、なぜにインディアン?
今までダレカレかまわず意味を尋ねてみましたが・・、

「意味は知らないな~」・・とか
「みんながそう呼ぶから・・」・・とか
「インドみたいに暑いからじゃない?」
(どう考えてもインドの半分も暑くないです)

・・など等、的を射ない答えばかり。


傑作だったのが昨日家にオットを迎えに来たタクシーの運転手さん。
(オットは昨日から出張なのです~)

「イギリス人はこんな日をインディアンサマーって呼ぶらしいんだけど、何でそう呼ぶか知ってる?」

私の質問に対して彼は少し考えたフリ(たぶん)をした後、
ニヤリ・・と笑って


「う~ん・・、知らないなぁ~、だって僕はアイリッシュだもん」




豆電球 イギリスをイギリスという一つの国・・だと思ってらっしゃる日本の方は多いですが(え・・っ、私だけデスカ?)、本当はイングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドの4国を合わせて「グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国」といいます。
愛国心溢れる(?)彼らはどの国の出身かということにとてもこだわります。

ついうっかり「イギリス人(イングリッシュ)は・・」と言ってしまった私に対して、彼はジョークで抗議をしたというワケです 汗
どんな時も冗談を忘れない、イギリス人・・、いえブリテン人はスゴイですぅ~。


sR0014592.jpg
秋です~。庭のオーク(冬に葉っぱが落ちるから楢?)の木からどんぐりが・・。


sR0014582.jpg
もう来年の夏までパラソルを広げることは無いと思っていました~。


sR0014585.jpg
庭の池(湖?)、湖面に木々が映ってめっちゃキレイです は-と

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.09.22 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリスはまたまた大洪水

sR0012187.jpg

綺麗な湖ですぅ はぁとvv
・・ではなくて、
またまた洪水です・・ ・・・汗
(1年前にも似たような景色を見たような・・)


sR0012189.jpg

上の写真は我が家から続く一本道の私道を出て、右に曲がってすぐの橋・・があったハズのところ。
橋、水没しています・・。
多分、この辺りのお家は床上浸水していると思います。


幸い我が家は家の建っている場所より低い位置に大きな池(湖?)があるので、(雨水はそこに流れる為)床上浸水の心配はないのですが、我が家の問題は私道をでて右に行っても左に行っても川があるということ。
モチロン川には橋が架かっているのですが、大雨が降ると当然のように橋は水没・・。
こうなるともうどこにも行けません。


ニュースによると、昨日と今日の2日間で1ケ月分の雨が降ったのだとか・・。
しかも天気予報は明日も雨・・。


はー・・
(階段の踊り場に積んだダンボールの山を眺めながら・・)

う~ん・・
コレどうしたらヨイのでしょう・・?
実はこの週末チャリティーショップに行くつもりで、もう着なくなった(着られなくなった?)洋服やモモ(我が家のワンコ)が子供時代に使っていたベッド等をまとめておいたのです~。
その量、なんと!大型ダンボール4個分。
ワタクシ1人ではとても運べそうにありません。

・・となると
来週末のオットの休みまでこのまま踊り場に??
ただでさえ狭い踊り場がますます狭く、身体を横にしないと通れないです・・。


それにしても・・
こんなに大量の不用品、いったいどこに入っていたのでしょう?
さっぱり見当がつきません・・。


謎ですぅ~


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.09.06 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

40歳のお誕生日が特別なイギリス

月日の経つのは本当に早いものです(しみじみ・・)。

あのHちゃんがもうすぐ40歳だなんて・・。
出会った頃は30歳ソコソコだったハズなのに、いつの間にかそんなに月日が流れたのでしょう?


さてさて・・
イギリス人にとって40歳のお誕生日はかな~り特別なようで、パブなどを貸しきって大掛かりなパーティをする人も少なくありません。
どうやら40歳はお酒が飲める年齢18歳のお誕生日に次いで重要なお誕生日らしいです。
18歳(ムカシは21歳)が「大人の入り口」なら40歳は差し詰め「中年の入り口」といったところでしょうか?

18歳・21歳・40歳・・、あとは10歳ごとに年齢のプリントされたバースディカードが販売されています。
  100歳のお誕生日は特に特別なようで、なんと!エリザベス女王からカードが届くそうです。



そういえば・・
オットはイギリスで40歳のお誕生日を迎えました ( ・・・ 遠い目・・)。
その日オットの職場は色とりどりの風船が飾られ、遇う人遇う人におめでとうを言われカードを貰い・・。
何も知らずに職場に行ったオットはさぞかし驚いたこと思います(笑)。


しか~も!
極め付きは高校時代の写真がでかでかとプリントされたケーキ。
(写真がプリントされた部分も食べられます)
ワタクシ自身は事前にオットの友人(同僚)から写真をお願いプリーズされていたので存じておりましたが、オットにはモチロン内緒のサプライズ。
その場に居られなかったのが本当に残念!です(笑)。

本当は子供時代の写真を・・と言われたのですが、高校の卒業アルバムより若い写真がなかったのです~。


ところで・・
イギリスのバースディケーキはクリームをサンドしただけのシンプルなケーキをアイシングで包んだものが主流です。(オットの写真はこのアイシング部分にプリントされていました)
生クリームやフルーツの飾りがないので丈夫で長持ち!・・なのですが、日本の繊細で優美なデコレーションのケーキに比べるとどうしても地味~な感じは否めません。
もっとも・・
多少手荒に扱っても崩れず賞味期限もたっぷり2週間・・、う~ん・・、質実剛健ラブ は-と ないかにもイギリス人らしいケーキかもです ・・・汗


あ・・、 

ちなみにHちゃんはパブの貸切はしないそうです(笑)。



sR0012931.jpg
《象のハンギングバスケット》
行きつけのグリーンショップで見つけて、あまりのカワユサに衝動買い!
象好きのHちゃんへプレゼント・・ は-と

sR0012972.jpg
《ナショナルトラストのエコバック》
今回のバースディプレゼントのテーマは「お料理」だったので、
エコバックの中にお料理の本や珍しい食材・ケーキなど等・・の
イロイロを詰め込んでプレゼント アップロードファイル


sR0012951.jpg
トマトをピックするHちゃんの天使ちゃん、Z君。

2008.08.20 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリスのソーセージは・・

sR0012413.jpg

んー・・、たまりませんデス~ にかー!

イギリス式(?)バーベキューをしました。
メインデッシュはもちろん!ハンバーガー。
今日はオットと私以外はイギリス人なので、日本人にはめっちゃ不評なアレも焼いちゃいます(笑)。


Q..イギリスのバーベキューで最も重要な「焼きモノ」といえばハンバーガーのパテですが、では絶対にハズせない焼きモノといえば・・??

A.それはズバリ!(←死語です~)ソーセージ。
そう、日本人にめっちゃ不評なアレ、です。


このイギリスのソーセージ、日本人が期待し望む、皮パリッ!中身はジューシー・・ないわゆる某シャウエッセンなソーセージとは全く違います。
パリパリしたトコロは微塵もないし、うっかりかぶりつくと上顎にぬちゃ~・・っとへばり付く・・、もしかして日本人的にはもはやソーセージとは呼べない(呼ばない?)ソロモノかもです。
初めて頂いた時はまさに「未知(の食感)との遭遇」でした・・ ( ・・・ 遠い目・・)


・・が、 

実はワタクシ、イギリスのソーセージ ラブだったりします(笑)。
大好物の「ソーセージ&マッシュ」には絶対にこのソーセージでなくては!ですし・・。


あ・・、
ソーセージが焼けたようです


上顎でぬちゃぬちゃさせながら熱々をハフハフ頂くのがたまらないのですぅ~。



イングリッシュなBBQ
sR0012412.jpg
ハワイア~ンなガゼボでイングリッシュなBBQですぅ~。


sR0012393.jpg
イギリスのBBQで一番重要(?)なハンバーガーのパテ。


sR0012385.jpg
2番目に重要(??)なソーセージ。


sR0012382.jpg
イギリスのBBQでは全く重要でない焼肉イロイロ。


前菜イロイロ 
sR0012377.jpg
メインデッシュのハンバーガーが出来上がるまでのつなぎ(前菜)イロイロ。
《オリーブの実》


sR0012376.jpg
《生ハム盛り合わせ》


sR0012410.jpg
ガーリックブレッド with トマトのオリーブオイル焼き


sR0012395.jpg
イギリス人も大好き、《豚のしょうが焼き》。


sR0012392.jpg
《コールスローサラダ》

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.08.09 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリスの電気製品はすぐ壊れる?

・・・・・ !絵文字名を入力してください

一年半前に買い換えたばかりの乾燥機が壊れてしまいました。
日本なら修理の方をお願いするところですが、ここはイギリス。
修理費用がお高い上、修理の人が約束の時間に来ないのは当たり前、(なんと!)約束の日に来ない事さえ珍しくありません ・・・汗


しか~も!
修理の直後にまた壊れる ・・は日常茶飯事。
ワタクシ、イギリスに住んで丸9年経ちますが、洗濯機は4台目(最初の2台は洗濯乾燥機)、乾燥機は2台目、掃除機は4台・・いえ5台目だったでしょうか??
ドライヤーも電子レンジも冷蔵庫も・・、買い換えていない家電は無いかもです・・


そういえば・・
夏に冷蔵庫が壊れた時は大変でした・・( ・・・ 遠い目・・)。
当時我が家には大きな冷蔵庫の他に小さな飲み物専用の冷蔵庫があったのですが、その小さい冷蔵庫にマヨネーズなど室温ではヤバ~な食品を全て詰め込み、野菜や果物、卵などは涼しい勝手口の軒下にぶら下げ・・、まるでキャンプ状態でした(笑)。
(冷蔵庫は大き過ぎてお持ち帰りが出来ず・・、一週間ほどこんな生活を送りました~)


う~ん・・
もしかして 240ボルト の電圧(日本の2倍以上!)が電気製品にめっちゃ負荷をかけているのでしょうか?
高い電圧で酷使された分、寿命が短くなる・・とか?


BUT!BUT!黄金BAT !!(←死語ですぅ~)
でも今回は心配無用なのです~。
実は別料金(1万3千円くらい)を支払って、乾燥機に保険※をかけちゃいました(笑)。

※商品を購入してから5年の間に商品が壊れた場合は無料で修理。もし修理しても直らない場合には新品の商品と交換。



sR0012074.jpg
電気屋さんの洗濯機&乾燥機売り場です。
オットが定員さんに欲しい商品の在庫があるかどうかを確認してもらっています。


sR0012077.jpg
店員さんが商品を運んできてくれました。


sR0012082.jpg
車に積んでお持ち帰りです~。


sR0012085.jpg
今日買った乾燥機。
7kgを一気に乾かせます。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.07.28 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリス発(?) いなり寿司の缶詰

コレ、日本でも売っているのでしょうか?

日本食を扱っているスーパーで見つけた「いなり寿司の素」の缶詰。
以前日本で真空パックのモノは見かけた事があるのですが、(日本でも)缶詰バージョンってあるのでしょうか?


さてさて・・
秋葉原の「おでん」の缶詰くらい不思議な「いなり寿司の素」の缶詰。
発見(笑)した時はあまりのショーゲキに買うのを躊躇しました ( ・・・ 遠い目・・)
ところがドッコイ(←死語です~)試してみると・・
疑ってゴメンナサイの美味しさなのですぅ~。
以来我が家のストック缶に認定 は-と


いなり寿司ぃ~
思い立ったら
すぐ出来る~
今日のお昼も
いなり寿司ですぅ~
(五七五七七ですぅ~)


最近では食品庫に コレ が入っていないと、ミョーに不安になってしまうワタクシです・・ ・・・汗



sR0011099.jpg

<いなり寿司の缶詰>

我が家での使い方
①甘めに作った寿司飯に白ゴマを混ぜます~。
②「いなり寿司の素」の缶詰開け、缶の中の汁適量を①に加えます。
③②を油揚げに詰めて出来上がり は-と

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.07.04 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

お菓子の自動販売機 in イギリス

グッドタイミングですぅ!
丁度小腹が空いていたところでした~。

ここはDIYセンターの一角・・。
お馴染みのコーラの自販機の隣にあるのはクリスプス(イギリスではポテトチップスの事をこう呼びます)やチョコレートなどの菓子類を扱う自販機。
コインを入れてボタンを押し・・


・・と

ここで素朴なギモンが・・。
日本の自販機でポテチって買えたかしらん?
イギリスでは菓子類が買える自販機は一般的ですが、日本で見た事はないカモカモ。


そういえば・・
この手の自販機って大抵レジを出たところ・・に設置してあるのですが、これがなかなかクセモノなのです~。
イギリスに住み始めた年、最初の半年で5キロも大きくなってしまった原因はこの手の自販機と自制心の欠如のせいでした・・ ( ・・・ 遠い目・・)
(自制心のないワタクシは、その後5年で13kgほど大きくなりました・・ ・・・汗


最近またジワジワと大きくなりつつあるワタクシ・・。
レジ横の自販機には要注意!なのですぅ~ !絵文字名を入力してください



3年半前、ココロを入れ替えダイエットに励んだ結果、めでたく15kgの減量に成功しました~。
豆電球 ワタクシのダイエットについてご興味のある方は こちら をご覧下さいマセ。


sR0010903.jpg

<店の中に設置された自動販売機>


sR0010904.jpg

向かって左側はチョコレートやポテトチップスなどの菓子類、右側はお馴染みコカコーラの自販機。


sR0010907.jpg

お菓子の自販機ではこんなものが買えます~。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.07.01 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

まるで積み木なイギリスの家

sR0010408.jpg

イギリスの家はまるで積み木です。

見た目そのまま、レンガを積んでセメントで留めていくだけ・・ ・・・汗
モチロン鉄骨なんて入っていません。
もしかして子供でも作れるかもです(笑)。


日本で家を建てる時は柱・梁・屋根部分など基本的な構造をまず作りそれから細部に取りかかるのが一般的ですが、ここイギリスではイキナリ下から建て(?)始めます。
出来上がるまでは2階建てなのか3階建てなのか、さっぱりわかりません。
(写真の家は増築なので最大でも2階建て・・という事は予測できますが・・)
また何もない地面からまるで植物が育つかのように建物が日々成長していく姿・・は何ともキミョーです(笑)。


さてさて・・
とっても積み木~なイングリッシュハウスですが、最近の家にはレンガの内側に断熱材としてのブロック(日本ではよく塀に使われている)を入れるので少しは強度が増しているかもしれません。
もし外壁が何らかのアクシデント(地震など)で崩れても、内壁(ブロック)が部屋を守ってくれるかも・・


あ・・

100年以上前に建てられた我が家の壁にはブロック入っていませんでした・・。
(壁はレンガそのものの厚さしかありません)


うっく・・(←死語です~)
最近見つけた外壁の亀裂が気になりますぅ・・。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.06.22 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


10 ≪ 2017/1112
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png