100年ぶりの大寒波の影響でイギリスのカントリーサイドは深刻なオイル不足

寒いですぅ・・。
先月の大寒波(最低気温-17度を記録したらしい・・)のせいで家の中が凍りそうです・・。

なぜに先月起こった大寒波の影響を今頃受けているのかというと・・
ズバリ!(←死語です~)
我が家のセントラルヒーティングがオイルを使うタイプだから。
ちなみに一般のお宅のセントラルヒーティングは都市ガスですが、ウチにはガスが(水道も)来ていません・・。

あれは先月の中頃のこと。
100年ぶり(1910年以来!)の大寒波のせいでカントリーサイドの家々の暖房用のオイルが不足し、オイル待ちのリストがすごいことになっている(配送が1ヶ月待ち)というニュースがやっていました。
そのニュースを知ったオット、我が家のタンクには心配ない量のオイルが入っているにもかかわらず、すぐさまオイル会社に注文の電話を入れていました。
もぉ、すぐ乗せられるんだから~とその様子をどこか白い目で見ていたワタクシ。

・・が、

連日連夜のここは北極カモカモ~な寒さのせいでオイルがみるみる減り、とうとうセントラルヒーティングを限りなくOFFに近い状態にする羽目に・・。
(暖炉はあるのですが、ブッキーなワタクシは上手く火を点けることが出来ないのです・・)
Anyway!オットの先見の目(乗せられやすい性格?)に感謝!です~


もっともオイルはまだ届いていないので、寒い日はもう少し(しばらく?)続きそうですが・・。(オットがあの時に電話をしていなかったらと思うとオソロシイですぅ・・)




アフターXマスセールでお気に入りのシャンパンが安くなっていたので1年分ゲットしちゃいました~
出来るなら365本買いたいトコロですが、予算の関係で(月3本x12ヶ月)で36本(笑)。
でも家が寒過ぎてとても飲む気になれないですぅ・・ ・・・汗


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2011.01.11 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

イギリスは大雪!飛行機が欠航してもキジ狩りは・・

昨夜からオットと二人、雪に閉じ込められています。
(今日は欠航する飛行機もあるほど降っています・・)

新婚さんなら肩寄せあってロマンティックに愛を語らうところでしょうが、この12月で結婚20年目を迎えた私たち夫婦の会話といったら・・・

トイレットペーパーのストックはあったかしらん?
とか
食べ物は・・??

・・等めっちゃ現実的なことばかり(笑)。

バキューンッ!

・・と、突然銃声が・・!?
こんなに大雪なのにキジ狩り・・デスカ?
しか~も!どうやってここへ・・??

実はイギリスでこんなに雪が降るようになったのはここ数年のハナシで、
スタットレスタイヤは 全く 普及していません。
・・と思ったら、四駆がずら~っと並んでいました

飛行機が欠航してもキジ狩りは決行なのですね~(しみじみ・・)。



IMG_2017+1.jpg
え・・っと、だから我が家の庭にはフットパスは通っていないんですってば~。

IMG_2020+1.jpg

IMG_2022+1.jpg

IMG_2024+1.jpg

IMG_2025+1.jpg
静けさを取り戻した我が家。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2010.12.19 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

狩猟(雉狩り)~イギリス田舎の冬の風物詩~

IMG_2007+1.jpg

あのぉ~・・
そこはフットパスじゃないんですけど・・(←最近、フットパスに敏感なワタクシ)。
   
今年も銃を担いで犬を引き連れたイギリス紳士たちが我が家の庭に出没!
初めて(10年前)彼らが家の近くで銃を撃っているのを見た時も驚きましたが、

勝手にゲートを開けて 犬もろとも庭へ侵入(?)してきた

時は何が起こったのかが理解できず一瞬思考が停止しました(遠い目・・)。
手には銃を持っていますし・・(笑)。
もっとも彼らは単に撃ち落した雉を回収したかっただけなのですが・・。
(でもウチの庭はフットパスじゃないんですってば~)

さてさて・・
先月始めから狩猟(キジ狩り)は始まっていたのですが、11月中は我が家の辺りはコースに入っていなかったのか、銃声は聞こえるものの紳士たちの姿は見えず・・。
彼らの姿を見ないと冬が来た気がしないなぁ・・なんて思っていたところ、休日の朝っぱらからイキナリ銃声が・・(笑)。
一気に目が覚めました

雪の中でも狩猟はやるのですね~。
そういえば彼らの足元は晴れていても雨が降っていても(そう、たとえ雪でも!)HUNTER(ハンター)の長靴です。
ハンターは長靴にしてはお値段お高めなのですが、何年履いても全然壊れないので結果的には安くなります。
私も愛用していますが、ぐちゃぐちゃ道でも滑らないですし、ガーデニング中にうっかり茨(イバラ)踏んでもノープロブレム(穴が開かない!)なのでめっちゃ重宝しています。
ガーデニングに山歩きに釣りに狩猟にetc.・・ハンターの長靴はイギリス田舎暮らしの必需品なのです~。

ところで・・
撃った雉はどうするのでしょう?
(1回の狩猟で100羽は撃つと思います)
毎週のことですし、紳士たちとその家族、親戚や友人たちに配っても捌ききれるものではありません。
ある時不思議に思って紳士の一人に尋ねてみたところ、なんと!私がよく行くお肉やさんに持って行くと聞いてビックリ!!
いえ・・、毎年冬になるとお肉屋さんの軒先に雉がぶら下がっているのは知っていたのですが、まさかウチの(?)雉たちとは思わなかったです。

う~ん・・
買った事(食べた事)はありませんがビミョーですぅ・・。


R0030817+1.jpg
ウチから一番近い街にあるお肉屋さん

R0030820+1.jpg
・・・・・・。

R0011792+1.jpg
静寂を取り戻した(?)我が家の庭


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2010.12.06 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

狩猟~イギリスの雉(キジ)狩り~

バキュー・・ン!バキュー・・ン!

銃声で目覚める週末の朝って・・。
・・などと思いつつ窓から外をのぞくと、予想通り猟銃を抱えたハンチィング帽の紳士たちが・・。
どうやら我が家の冬の風物詩(?)、雉狩りがこの冬も始まったようです。


ところで
耳を劈くような銃声にも慣れっこになっているのか、涼しい顔の猫ムスメたち。
それどころかチョビ(猫ムスメその1)は外へ出してとせがみます。


BUT! BUT!おーごんBAT!!(←死語です~)
弾がビュンビュン飛んでいる危険地帯に可愛いムスメを行かせるわけにはいきません!
雉狩りは犬に雉を追わせて(雉が)飛んだところを撃つ※とはいえ、万が一ということも・・。
何しろ、庭のすぐ隣でバキューン!バキューン!しているのですぅ~。
※銃口は空に向いています(写真一枚目)

ミャ~!(訳:出して~)
ミャ~!!(訳:出してぇ~)
ミャ~!!!(訳:出してってば~)


猫ムスメ 外に出してと 鳴き続け 銃声よりも 騒がしいなり~
五七五です(笑)。



sR0017325.jpg
空に向かって(飛んでいる雉に向かって)発砲する紳士


sR0017326.jpg
あれれ・・雉は何処へ・・?
ボーゼンとする一人と一匹(笑)。



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

2009.11.15 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

グース(雁)の雛に癒されてますぅ~

sR0013684.jpg

毎年庭の池へやって来る雁カップルに今年も雛が誕生しました。

きゃいーん!(←死語デスカ?)
癒されます~。
カワユイですぅ~。

確かにめっちゃカワユイのです が、 少~しばかり迷惑だったり  します。


何ゆえ迷惑なのかと申しますと・・
雁ファミリーは早朝から夕方遅くまで一日中庭のアチコチをウロウロしており、庭ににモモ(我が家のワンコ)を出す為には雁たちを一旦池に避難させなくてはいけないのです。
親鳥だけならモモと遭遇しても飛んで逃げられますが、今は雛を連れているので飛べないのです・・。
(池は深いところで水深10mもあり、モモは行くことは出来ません)

・・というわけで
まずワタクシが庭に出て大きな声を出したり雁たちに走り寄るフリをしたりするのですが、結局近くまで行って追い立てないと動いてくれません・・。
彼らが池に近い場所にいる時はヨイのですが、池から遠くにいる場合は池まで誘導しなくてはいけないのでかな~り大変なのですぅ。


最近、雁ファミリーはなぜかゲートの近くいることが多いです。
ゲートから池までは約100m・・。
うっく・・(←死語です~)。



sR0013708.jpg

ガゼボでランチです~。
ガーリックチャイブが大豊作なので、お花も入れてスパゲッティを作りました。
紫色に見えるのがガーリックチャイブのお花。
手前は中華飯です。


sR0013713.jpg

ほんのり甘くて、でもすっきり~!なシャンパンでした。


sR0013715.jpg

おやつのチョコレート。


sR0013700.jpg

ニラの代わりにガーリックチャイブをたっぷり加えたキムチ鍋。
紫色のお花も食べちゃいます!
白いお皿に乗っているのは、昨日残ったステーキを味噌とにんにくしょうゆマヨに漬けたものです。
(熱い状態で漬けると味がしっかり染み込みます)
ちなみにわかめと盛ってある方がにんにくマヨしょうゆ味。
わかめとにんにくマヨしょうゆは相性バッチリ!(←死語・・ですね)なのです~。


sR0013720.jpg

夜食はイギリスでは高級品(!)なカップヌードルンルン♪



テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

2009.05.26 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

アウトドアリビング日和

イギリスとは思えないお天気ですぅ~ キラキラにかー!キラキラ

今日は朝から青いお空にポカポカ陽気、待っていました~!・・のアウトドアリビング日和です。
日本の住宅に比べてかな~り薄暗い(窓の少ない)イギリスの家、家の中に居るなんて勿体無い。
読みかけの本と冷えたビール アップロードファイル を持ってお庭へゴー は-と
(こんな日はシャンパン・・といきたいところですが、今日はお友達のお家にお呼ばれなのでシャンパンはその時のお楽しみにとっておくデス~)


何気に庭の池(湖?)に目をやると、視線の先には鵞鳥が一羽。
あれれ・・、お連れの方は何処へ??
キョロキョロ・・


sR0013021.jpg

sR0013017_20090412123946.jpg


お連れの方(鵞鳥)発見です~。
去年と同じ秘密の場所(?)で卵を温めていました。
(彼らは毎年この池に子育てにやってくる、常連さんなのです~)
いつ頃からか彼らはソコで卵を温めるようになったのですが、おそらく長年(?)の経験からソコが狐クンに襲われにくい場所だと悟ったのだと思いますデス。

ソコ、“秘密の場所” とはズバリ!(←死語です~)池の中にポツン・・と佇む離れ小島。
鵞鳥たちも賢くなったものです(しみじみ・・)。


sR0013018_20090412123842.jpg


でもでも・・
元来イヌ科の狐クン、モモ(我が家のワンコ)程度に泳げるのはほぼ間違いありません。
(狐クンも生活がかかっている・・というのはよ~くわかるのですが・・)
願わくば鵞鳥ファミリーを襲わないでやってくださいマセマセ 絵文字名を入力してください

ワタクシの勝手なイメージですが、狐クンにはバタフライが似合いそうです~。




アップロードファイル お友達のお宅にお呼ばれ アップロードファイル

sR0013035.jpg
ドイツのソーセージをご馳走になりました~。
久しぶりのパリパリソーセージはめっちゃ美味しかったですぅっ!
メインデッシュはお好み焼き は-と
お天気にも恵まれ、幸せなひと時でした。


sR0013054.jpg
今日のシャンパン
やや酸味があって辛口、軽めです。


sR0013057.jpg
お友達のお宅でご馳走になった、ワタクシ好みの重めの赤ワイン。
買いに行かなくては!です。



テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2009.04.12 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

イギリスは晩夏、ブラックベリーの季節です~

今年もブラックベリーの季節がやってきました~。

イバラ・バラ・バラ・バラ~♪
冬の間はでただの迷惑なイバラ「ブラックベリー」ですが、花が咲き実が生る夏の間だけは後光が射して見えます~ にかー!

ブラックベリーには車のタイヤをパンクさせるほどストロングなトゲがあるのです~。


もしスーパーでブラックベリーを買うとしたら小さなお茶碗一杯分で£2.5(約500円)くらいしますが、そのくらいの量ならものの1分で収穫できます。
何しろ庭のいたるところに(勝手に)生えている上、家の周り半径2kmは全ての道の両側でブラックベリーが鈴生りです。
もしワタクシにひたすら収穫する根性・・があれば、ブラックベリー長者も夢でないかもです。
(↑毎年言っていますが・・(笑))


ブラックベリー、それは甘い宝石 は-と
口に入れるとまるで質の良いチョコレートのように舌先でとろけてしまいます。
そのトロ~ンと甘酸っぱいジュースはまさに官能的な美味しさなのですぅ~。

んー・・
(この間のおよそ20秒・・)


トゲを轢いてパンクした過去なんて忘れてしまいそうです(笑)。



sR0013211.jpg
《離れ》
離れは元々は狩猟犬用のケンネル(犬小屋)だったのですが、現在は「眠れる森の美女」状態(笑)。
イバラ・バラ・バラ・バラ~♪(ブラックベリー)で一歩も中へは入れないのですぅ~。


sR0013212.jpg
庭を囲むように野生の《ブラックベリー》が・・。
友人のHちゃんが彼女の天使ちゃんたちとブラックベリー狩りに来てくれました。


sR0013215.jpg
《ブラックベリー》
黒くなったら食べごろです。


sR0013235.jpg
《Z君とAちゃんの収穫》
2人はこの後、すごい勢いで食べていました(笑)。


sR0013208.jpg
お土産に頂いた私の大好物、《ビクトリアンケーキ》・・のミニ版。


sR0013209_20080827050619.jpg
二口で食べられちゃうくらいカワユイサイズです(笑)。
んー・・、美味しいですぅ~。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.08.26 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

ハンモックでユラユラ~

んー・・、カワユイですぅぅ~ にかー!

友人のHちゃんと彼女の天使ちゃんたち(Z君&Aちゃん)が今週も遊びに来てくれました。
先週Z君と約束した、ハンモックの設置もバッチリ!です。

Z君との先週の約束は こちら をご覧下さい


天使ちゃんたちが喜ぶ顔が見たくて、昨夜オットと一緒にハンモックの洗浄&支柱立て頑張りました~。
森の鹿さんアナグマさん狐さん・・、夜中にカンカン支柱を打ち込む音、さぞかしうるさかったと思います。
お休みのところ、どうもすみませんでした~。
(ちなみに1番近い民家は1㎞、2番目に近い民家は2㎞程先なので、人間さんには迷惑をかけていないとは思うのですが・・、少し心配なワタクシです・・)


さてさて・・
頑張った甲斐があって、Z君もAちゃんも思った以上に大喜び
何度も私の手を引きハンモックの前に連れて行き、揺らして揺らして!・・とせがみます。
もぉ~、可愛すぎ!
8月に入ったらHちゃんのパートナー氏とオットも交えて、皆でBBQをする予定


そういえばBBQで思い出したのですが、まだ彼らに子供がいなかった頃、BBQの後に我が家の庭にテントを張って泊まっていったことがあるのです~。
理由は帰りの運転を気にせず心置きなく飲めるから(笑)。
イギリスは夏でも夜は寒いのでゲストルームに泊まる事を勧めたのですが、外の方が気持ちがいいからと(飲み始める前に)庭にテント張っていました・・ ・・・汗
Hちゃんたち、結構ユニークかも・・

・・と書いたところで、

あれれれれ・・? 

同じような出来事がもっと前にもあったような・・??
あれはたしか8~9年前・・、今よりも大分若かった頃の事です ( ・・・ 遠い目・・)
私とオット、Hちゃんカップルで友人の結婚式に参加しました。
・・で、
飲んだくれて運転不能になる事が予め予想された私たちはテントを持参で結婚式に参加、そしてそのまま結婚式の行われた会場の駐車場でキャンプを・・。
(会場に宿泊施設がなかったのですぅ~)
駐車場に張られた2棟のテント、さぞかしキミョーだったと思います(笑)


ハナシがだいぶ脱線してしまいましたが・・、
HちゃんファミリーとのBBQ、めっちゃ楽しみ!です~




sR0011823.jpg
支柱を立て直した《ハンモック》。


sR0011840.jpg
ハンモックでユラユラするZ君。


sR0011832.jpg
モモと水遊びをするZ君。


sR0011852.jpg
Z君とAちゃんが庭で摘んだベリー。



アップロードファイル オットと晩ごはん アップロードファイル
sR0011893.jpg
《前菜イロイロ》


sR0011884.jpg
豚の味噌漬けで作った《トンカツ》
ソースをつけなくてもOKです。


sR0011889.jpg
《わかめのサラダ》


sR0011885.jpg
《ラディッシュのヌカ漬け》と《ひじきの煮物》


sR0011897.jpg
今日のメイン《牛タン焼き》


sR0011901.jpg
牛タンを焼き始めるとやって来る「スズメバチ」。
肉食です。
どうやら牛タンが好きらしいです(笑)。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.07.22 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

今年初めての野良孔雀

生きていて良かったです~ にかー!

オットが今年初めての「野良孔雀」に遭遇しました。
いつも通り(?)走っていたそうです(笑)。

豆電球「野良孔雀(?)に遭遇」は こちら です
豆電球「野良孔雀、再び!」は こちら です


去年我が家の近くに突如として現れてオットとワタクシを驚愕させた「野良孔雀」ですが、今年になってからパッタリと姿を見せなくなり心配していました。
この辺りは狐も多いしイギリスの冬はめっちゃ寒いし・・、正直、もう天国の住人(住鳥?)になってしまったと思っていました ・・・


さてさて・・
孔雀といえば本来お屋敷の庭園などで飼われるポッシュなペット。
いったいカレはどうして「野良」になってしまったのでしょう?
ココロ無い人に棄てられてしまったのでしょうか?
それとも自慢の走り(?)で自力で 脱走??


謎ですぅ~



sR0011417.jpg

<野良孔雀>


テーマ:ペットあつまれぇ~ - ジャンル:ペット

2008.07.08 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

今年最後の「行者にんにく鍋」

我が家から徒歩15分、秘密の場所(?)に群生する日本では高級食材イギリスではただの雑草・・の「行者にんにく」を採りに行ってきました~。


ありゃりゃりゃりゃ・・。
見渡す限り一面、行者にんにくの白い花・花・花になってますぅ・・。
花が咲くと葉っぱが硬くなり食感がイマイチになる上、(葉っぱが)黄ばんで見た目にも美味しくなさそうに・・。
でもでもせっかくきたのだから、なるべく美味しそうな葉っぱを選んで収穫!です。


さてさて・・
毎度おなじみ「行者にんにく鍋」 は-と です~。
具はシンプルに行者にんにくと豚の薄切り肉オンリー。
さっと湯を潜らせて、自家製ポン酢と大根おろし・スプリングオニオン(日本の万能ねぎに似た感じ)で頂きます。


(モグモグモグ・・)

う~ん・・
味はヨイのですが、やはり葉っぱ硬いです・・。
スジスジが口に中に残る感じ?
今日が今シーズン最後の行者にんにくの収穫かもです・・(くすん・・)。


さらば行者にんにく~、また来年もヨロシクです~。



sR0010353.jpg

行者にんにくを採りに行く途中で遇った鹿の群れ。


sR0010376.jpg

行者にんにく。辺り一面、ニンニクのヨイ香りが漂っています~。


sR0010377.jpg

花のアップ。


sR0010383.jpg

今シーズン最後の行者にんにく鍋。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2008.05.08 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

イギリスは春、菜の花が満開ですぅ~

春ですぅ~。

イギリスに本格的(?)な春がやってきました。
ここ数日は気温も20度を越え、お散歩の時のダウンジャケットがいらなくなりました。


さてさて・・
我が家では春の訪れとともにアウトドアリビング(アウトドアダイニング?)の季節が始まります。
今日から朝ごはんは(雨が降っていない限り)お庭で頂くことに決定!です~。
今までよりほんの少し早起きをして、オット、そして我が家の犬ムスメ&猫ムスメたちと一緒に日光浴を楽しみます。


思えばイギリスに住み始めた9年前、上半身裸(女性はビキニ)で庭や公園で日光浴をするイギリス人を奇異の目で眺めたものです( ・・・ 遠い目・・)。
(さすがに真冬に裸で日光浴をするイギリス人を見たことはありませんが・・)
今では自然に同じことをしているワタクシたち・・。
冬の日照時間が短いイギリス、春~夏の間は(暖かければいつでも ハート音符 )晴れたらお庭がお約束なのです(キッパリ!)。


食事が終わったらのんびりコーヒーを頂いて、我が家の犬ムスメ、モモ嬢のお散歩。
この季節いつものお散歩コースは一面菜の花に覆われ、見渡す限り黄色い絨毯。
春風に乗って漂う菜の花の香りが鼻先をくすぐります。
(んー・・、春ですぅぅ~)
至福の時 は-と


暗く陰鬱とした長~い冬のおかげ(?)で春のヨロコビを50%増し(当社比)で感じられるワタクシ、ある意味とても幸せかもです(笑)。



sR0010254.jpg

お庭で朝ごはん <ペスカトーレ>


sR0010285.jpg

庭の桜はまだしぶとく咲いています(笑)。


sR0010286.jpg

食後はワンコと朝のお散歩。


sR0010292.jpg

どこまでも続く菜の花畑。


sR0010298.jpg

菜の花のアップ。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2008.05.06 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

イースターホリディー最終日

sP1140004.jpg

イースターホリディー、最終日です。

21日から始ったお休みも今日(24日)で終わり。
あ・・っという間の4日間でした。


イースターホリディーに旅行に出かける友人も多いですが、4日のお休みで旅行に行けるほど計画性も体力も持ち合わせていないオットとワタクシは家でノホホーン・・としていました。
ホリディー中に出かけた最も遠い場所は(いつもの)スーパーマーケット(笑)。
ムカシはイタリアやギリシャ・スペインなど等、お休みの時にお出かけする事もあったのですが・・( ・・・ 遠い目・・)。

ここ数年、イースターホリディー(4日間)や春休み(1週間)などの短いお休みで旅行に行くのがシンドクなり、オットと庭のお手入れをしたり近くの街にワンコを連れてお散歩に出かけたり・・、のんびり過ごす事を好むようになりました。


これって・・
もしかして 年のせい なのでしょうか・・?



sP1130999.jpg

今日のおやつの「牛タン焼き」


sP1140005.jpg

雨上がり、モモと一緒にお散歩です~。


sP1140008.jpg

道が泥んこです・・ ・・・汗
お家に帰ったらモモを丸洗いしなくては!ですぅ~


sP1140014.jpg

こんなに寒いのに菜の花が咲いています・・。
1月頃暖かかったせい??


sP1140016.jpg

菜の花のアップ。


sP1140020.jpg

なんて素晴らしい景色なのでしょう~ ラヴ ハート


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2008.03.24 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

庭の桜に蕾が・・

sP1130153.jpg

春ですぅ~ 桜

桜の蕾が膨らみ始めました。
桜といえば春。
春といえば桜・・。


春咲く花はイロイロあれど、やはり春は桜です にかー!
この桜の花に春を重ねるという日本人特有の感性は、平安※のムカシから脈々と受け継がれてきたお花見の習慣・・、おそらくはDNAの記憶によるものに違いありませんデス!( キッパリ)

※花見の習慣は、嵯峨天皇(786~842年)が御所内の南殿に桜を植えさせて宴を催したのが始まりといわれています。


さてさて・・
ワタクシたち日本人が心待ちにしているお花見・・ですが、どうやらイギリスの人たちには理解しがたい習慣のようです。
彼らも桜の花をキレイだとは思うそうですが、その下で宴会を開く感覚はわからないのだとか・・。


でも、もしかしたら・・
この感覚の違いは両国の「桜の咲き方の違い」によるところが大きいのかもしれません。
春も寒いイギリスでは、桜はダラダラ咲いてダラダラ散ります(笑)。
(あまり美しくないのですぅ~)
その年の気候によっては満開がないまま、寂しく葉桜を迎える事も少なくありません。
パッと咲いてパッと散る日本の桜だからこそ、ワタクシたち(日本人)は桜を愛でるのだと思います。


ところで・・
庭には桜の木が3本、家の周りにも野生(?)の桜の木が沢山・・という恵まれた環境に暮らすワタクシですが、お花見をするには2つほど問題が・・。
まず1つ目の問題はイギリスの桜の時期はお花見をするには少し(かな~り?)寒いということ、そして2つ目の・・というか最大の問題は桜がいつ満開になるのか(ならないのか)予測ができないことです。
(この家に住んで7年になりますが、満開の桜を見たのは2度だけです)


満開の桜の下、(今年こそ!)お友達を招いてお花見をしてみたいですぅ~。



sP1130142.jpg

イギリスらしい曇り空です~。


sP1130143.jpg

この木のトンネルをくぐる瞬間、めっちゃ幸せ感じます にかー!



sP1130148.jpg

今日はいつもと違う道を通ってお散歩です。


sP1130149.jpg

・・と申しますのも


sP1130144.jpg

キョロキョロ・・


sP1130147.jpg

発見!
イギリスの案山子でございます~。


sP1130157.jpg

お散歩から戻って、庭の池でたたずむモモ嬢5歳。


sP1130156.jpg

一昨年、池の辺に移植した「行者にんにく」。
庭で手軽に行者にんにく狩りです~(笑)。


sP1130162.jpg

スノードロップもアチコチ沢山咲いています。


sP1130163.jpg

ずー・・っと眺めていても全然飽きません~。
川でも海でも、水の側が大好きなワタクシです。

テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2008.02.23 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

祝・初収穫 ~行者にんにく~

寒いですぅ~。

水たまりの氷が溶けないまま夕方になってしまいました・・。
庭の池にも薄っすらと氷が張っています。


暖炉に薪をくべていたオットが、突然、鍋が食べたい!・・と言い出しました。
急にそんな事を言われても具が・・ ・・・汗
日曜日の夕方5時半。
日本でならスーパーへGO!・・の時間ですが、イギリスのスーパーマーケットは(日曜日は)夕方4時で閉店なのです・・。


う~ん・・
シャブシャブ用の豚肉は冷凍してありますが、ネギも白菜もありません。
玉ねぎとジャガイモならありますが、これだとオットの期待している鍋にはならなそうです (ポトフなら作れそうですが・・)


!!
ヨイ事を思いつきました~
「行者にんにく」を採りに行くデス~。
まだ2月中旬なのでそれほど大きくはないでしょうが(10cmくらい)、小さい葉っぱは軟らかいのでシャブシャブにはうってつけなのです~。


籠を片手に、行者にんにくの採れる川原へ夕方(夜?)のお散歩です。
野を越え、山を越え・・
ついでに橋も渡り・・(結構遠いのですぅ~)
川原に到着した時はすっかり暗くなっていました・・ 三日月


懐中電灯を持ってくれば良かったとココロの底から後悔しながらも、暗闇の中手探りでひたすら収穫に励むオットとワタクシ・・。
他人が見たら、そーとー怪しかったと思います(笑)。


(苦労の甲斐あって?)
今夜は行者にんにく鍋でポカポカですぅ~アップロードファイル


sP1120684.jpg

夕方のお散歩です~。


sP1120690.jpg

夕日が美しいです。


sP1120692.jpg

どんどん暗くなっていきますぅ・・。


sP1120696.jpg

行者にんにくの採れる川原に着いた時にはすっかり真っ暗に・・。
フラッシュをたいて、行者にんにくをパチリ・・。


sP1120703.jpg

今日の収穫。
まだ小さいのです~。


sP1120717.jpg

行者にんにくシャブシャブ。
具はシンプルに行者にんにくと豚肉。
タレは出汁醤油とレモン(出来ればカボスが美味しいです)を半々で混ぜたもの。
めっちゃ美味しくて、いくらでも食べられます ラヴ ハート

テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2008.02.17 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

狩猟 ~キジ狩り~

バキュー・・・ン

今年も雉狩りのシーズンが始まりました。
オットと私の住むコテージ、通称「Keepers Cottage」は本来ならば狩りの番人(Gamekeeper)が住む為の家で狩場のど真ん中に建っている為、家の前には狩猟犬を連れ散弾銃を担いだイギリス紳士が毎週末ごとに集います。
(ちなみにオットの職はGamekeeperではありません)


ところで・・
ご存知の方のいらっしゃるかもですが、雉はあまり飛びません(飛べません?)。
追いかけると走って逃げます。
走って走って助走をつけてから、無理やり飛びます(笑)。
その様子はちょっと鶏に似ています。


雉狩りですが
犬が雉を追いかけて飛ばせ、飛び立ったトコロを散弾銃で撃ち落とします。
銃は常の空に向けて撃たれるので(近くでバキュンバキュンしていても)そう危なくはないのですが、位置的な関係なのか撃たれた雉が庭に落ちてくることが多いので、狩りの日は彼らが雉を回収しやすいように家のゲートを開けておきます。
私もオットも雉はいただかないので、庭に雉を置いていかれても困るのです~ ・・・汗



我が家ではいただきませんが、実は羽付き雉の下ごしらえはそう難しいものではありません。
死んだ雉をその辺にぶら下げ放っておくと(腐りかけた頃に)勝手に羽がバサ・・ッと落ちるので、あとはテキトーにローストするだけ。
めっちゃ簡単です。
モチロン腐りかけなので相当臭うらしいのですが、慣れるとその臭い(ニオイ)がたまらないのだそうです。
興味のある方はぜひお試しくださいマセ~。


さてさて・・
今日も手に雉をぶら下げたイギリス紳士たちが、庭を右往左往していますぅ~(笑)。



ssR0016225.jpg



ssR0016197.jpg



ssR0016213.jpg



ssR0016228.jpg

庭で雉を回収するイギリス紳士その1。

ssR0016233.jpg

庭で雉を回収するイギリス紳士その2。


kissDN もっと狩猟の写真をご覧になりたい方はこちらへ・・。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.12.01 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

ハンターの長靴で雨のお散歩

イギリスらしい空の色です。

時々霧雨になるものの、今日は朝からずっと雨。
たとえ雨でもお散歩はモモ(我が家のワンコ、ボーダーコリー)の権利、犬ママ&犬パパの義務です(笑)。
蝋引きの帽子を被り足元をHUNTERの長靴で固めたら、いざ出発!


今日行ったフィールドは、(後日飼料用に集めるのだとは思いますが)刈った後の麦の茎がそのまま放置され、モモはその間をピョンピョン跳ねながら走り回っていました。
その姿に目を細めてしまう私たちは、間違いなく親バカップルです(笑)。


sR0011869.jpg

麦の茎が放置されたフィールド。


ところで・・
この辺りの土地は水はけが悪く、少しの雨でもアチコチに水溜りができる上、一旦水溜りができるとなかなか引きません。
そんなわけで(たとえ雨が降っていなくても)、長靴はお散歩の必需品です。

さて、
この場合、長靴は「HUNTER」でなくてはいけません!
一足£50(約12500円)と長靴とは思えないお値段ですが、履けば違いがわかります(笑)。



イギリスらしい空の色

sR0011872.jpg


sR0011854.jpg


sR0011865.jpg


sR0011892.jpg

お庭の池のほとりで物思いにふけるボーダーコリーのモモ嬢、4歳。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.08.19 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

イギリスは晩夏

ふ~・・、もう食べられないですぅぅ~

まだ緑の実や赤い実があるので収穫のピークは3週間後くらいだと思いますが、家の周りのブラックベリーが鈴生りです。
ブラックベリーは黒くなったら食べ頃です。

sR0011599.jpg
鈴生りのブラックベリー。


モモ(我が家のワンコ)のお散歩道の両側には、数kmにわたってブラックベリーが自生しており、まさに“濡れ手に粟”・・の採り放題。
私は散歩途中にプチプチ採りながらその場で食べてしまいますが、生で頂く以外にジェリー(ジャムのような物)にお菓子にお料理に・・と使い道はイロイロです。


ところで・・、
家から公道まで1マイル(約1.6km)・・という恵まれた(?)環境の為、家の周りでは滅多に人と会うことが無いオットと私ですが、ブラックベリーの季節になると“籠を手にした人々”と頻繁に遭遇するようになります。
“籠を手にした人々”、これは夏の終わりの風物詩です(笑)。


8月なのに夏の終わり?・・と不思議に思われる方も多いと思いますが、大方のイギリス人が5月下旬頃に感じ始める“夏気分”は、一年で昼の時間がもっとも長い“夏至(6月22日頃)”に最高潮に達します。
そして夏至を境にまた昼の時間が徐々に短くなるのですが、7月はまだまだ夏気分です。

・・が、
あれよあれよ・・という間に昼の時間はどんどん短くなり、そして8月麦の収穫の頃、人々は迫り来る暗く長い冬を思い言いようのない物悲しさを感じるのです。


sR0011602.jpg
物寂しさが漂う、麦刈り後(笑)。


我が家の場合・・
ブラックベリーが収穫を迎え、家の周りがにわかに騒がしくなる頃、
「あぁ、今年の夏も終わってしまったのね・・」
・・などと感慨深気に夏の終わりを悟ります(笑)。


さて、
このブラックベリー、実はとぉ~っても高い高級食材(?)で、スーパーではお茶碗一杯分で£2.5(約600円)以上で売られています。
そのくらいの量ならものの数分で採れてしまうのですが・・(笑)。


オットいわく、
「キミも村の市場で売ってきたら?」
・・だそうです。


もしかしたらワタクシ、
ブラックベリー長者になってしまうかもです~キラキラ


sR0011563.jpg
道の両側に“ブラックベリー”が自生しています。

sR0011569.jpg
濡れ手に粟・・の“ブラックベリー”。

テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.08.14 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

川原でチャイティー

オットの春休み最終日です。

怪しい雲行きでしたがどうにか持つだろう・・と、高を括って蝋引きの帽子を持たずに出かけました。
行き先は私のお気に入り、ベンチのある川原まで・・
熱々のチャイティー(スパイス入りミルクティー)を入れたポットとカップ、HOVISのビスケットそして小さなテーブルクロス(?)を持って、いざ出発!です。


あぁ・・
イヤな予感が的中してしまいました ・・・汗
途中で突然土砂降りの雨になり、木陰で2人と1匹雨宿りをするハメになってしまいました・・。
(強い日差しも大雨も和らげてくれる、木陰は本当にエライです~ )


元々変わりやすいイギリスのお天気。
20分もすると雲の切れ間から青空が覗きました。
とはいえ、依然灰色の雲が垂れ籠めています。
私達は大急ぎで目的地へ向かって歩き始めました。


それなのに・・それなのにぃぃ~
到着直前、2度目の雨に降られてしまいました・・。
私達は雨のザーザー降る中、凄い勢いで柵を越え川を渡ってベンチ目指してひたすら走ります。
ここまできたら、もう意地です(笑)。
絶対にあのベンチでチャイティーを頂くのです~ ぬぬぬ
(幸いベンチは木陰にあるので、そこまで行けば濡れずに済みます)


んー・・
熱々のチャイティーが身体の隅々まで染み渡りますぅ~ にかー!



sIMG_7057.jpg

チャイティーとHOVISのビスケット。


sIMG_7088.jpg

ボーダーコリーのモモ嬢。


sIMG_7037.jpg

ブラックベリーの花

テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.06.03 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

ハンモックでお昼寝

1日中ぽかぽかで幸せですぅ~ にかー!

ハンモックの季節がやってきましたは-と
オットも私もハンモックでのお昼寝が大好きなのです。
始めは1つしかなかったハンモックですが、後から買い足し、今では2つのハンモックが庭でゆらゆら揺れています。


ランチの後、マスカットフレーバーの白ワインをいただきました。
夏の白ワインは大きなグラスに氷をたっぷり入れて・・がオットの流儀です。
私は普通にワイングラスで・・(笑)。

ふんわり良い気分になった頃、友人夫婦が旅行のお土産を持って訪ねてくれました。
折角なので(?)イギリスの夏の風物詩「ピムスカクテル」を作ってお出ししました。


・・が、 
2杯ずつ飲んではくれたものの、
なぜでしょう? 味についてはノーコメントでした・・ ・・・汗



sP1020024.jpg

庭のハンモックでお昼寝中のオット。


sP1100362.jpg

巣箱の赤ちゃんにせっせと餌を与える親鳥。


sP1100370.jpg

我が家のアイドル(?)、ボーダーコリーのモモ。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.06.02 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

野良孔雀、再び!

孔雀、再び!です。

今度は道路を走っていました ・・・汗
こんな珍しい生き物が何羽もいるとは思えません。
きっと一週間前に見た孔雀に違いありません。

普通は大きなお屋敷の庭園などで飼われているハズの彼らが、どうしてこんな場所に・・、しかもどうして走っているのでしょう?
どう考えても(どう見ても)奇妙です・・。


やっぱり彼は・・野良孔雀!?



sP1100292.jpg


sP1100293.jpg


sP1100294.jpg



テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.05.26 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

現実逃避な1日

今日もお天気です。

昨日の続き、キッチンガーデンの雑草抜き・・をしてしまった方がいいのは、よぉぉ~くわかっているのです。
でも気持ちが全然向かいません。
できれば雑草を見たくないのです・・ ・・・汗

・・見たくはないけれど、
晴れているのに家の中・・は、どう考えても無理があります。
長年のイギリス生活で「晴れたら(何はともあれ)庭!」が骨の髄まで染み付いている私です(笑)。
私は読みかけの本・パソコン・モモのフリスビー、そして入れたてのコーヒーとチョコレートを持って庭へ向かいました。

庭・・と申しましてもキッチンガーデンのある「ゲート側」ではなく「池側」。
ここならキッチンガーデンから100m近く離れているので、気になる雑草も(全く!)見えません(笑)。
もう完全な現実逃避です・・ ・・・汗汗

しか~も!
モモのお散歩も(ゲートを通らずに)そのまま庭続きで行ける「池」へ行ってしまいました。


ところで・・
なぜか池の周りはネトロもトゲトゲ草もあまり生えていません。
・・不思議です。
う~ん・・、何か秘密でもあるのでしょうか?
(残念ながら、何も秘密は見つけられませんでした・・)


・・結論。
雑草はコツコツ一本ずつ抜くべし



sIMG_6826.jpg

庭の池


sIMG_6785.jpg

今にも壊れそうな細い橋


sIMG_6802.jpg

池の水門

テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.05.25 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

スロージンを持ってモモと川へお散歩♪

急に川へ行きたくなりました。

時刻は午後7時30分。
のんびり行って帰っても、まだ明るいうちに戻ってこれます。
イギリスは現在サマータイムの真っ只中。
一年の中で最も昼の時間が長い夏至(6月22日頃)に向かっています。


この川はモモのお気に入りの場所であると同時に、私のお気に入りの場所でもあります。
彼女は川で水遊びをしたい
私は川を渡った先にあるベンチでぼーっとしたい にこ
(目的は違いますが双方の利害関係は一致しています(笑)。
そうと決まれば、川へGO!です~。


途中芝が膝の高さまで伸びて歩きにくくなってはいたものの、フィールドを4つ越えどうにか20分で到着です。(普通は15分くらいで行けるのですが・・)
まずはモモの水遊びから・・。
私が川に投げた棒を泳いで取ってくる遊びです。
投げている方はいい加減飽きてしまうのですが、彼女は(何度やっても!)全然飽きていない様子。
キリがないので川の浅瀬を渡ってベンチへ移動・・。
足元はお馴染み(?)HUNTER(ハンター)の長靴で固めてあるので、川の中もズンズン歩けます~ にかー!


!絵文字名を入力してください !!
ベンチに着いてから「忘れ物」に気が付きました・・。
飲み物を持ってくるのをすっかり忘れてしまったのです。
ここでスロージンを頂くのを楽しみにしていたのに・・。
大失敗・・。


スロージンは5年前に自分で作ったものです。
自分で言うのもナンですが、かな~り美味しく出来ました。
作ったと申しましても、森で採ったスローベリー・・を砂糖と一緒にジンに漬けただけですが・・(笑)。
これを小さなカップ付きのボトルに入れて持って行き、ベンチでまったり頂くのです~。
モチロン酔っ払うほどは頂きません。
ほんの少~し、ホンワ~リする程度・・。


う~、残念ですぅ・・。



sIMG_6707.jpg

私のお気に入りの作者不明のベンチ。


sIMG_6702.jpg

ベンチからの景色。


sIMG_6699.jpg

笑うモモ嬢。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.05.23 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

Gamekeeper (狩猟の番人)の家

ssP1040367.jpg


我が家は ムカシ Gamekeeper (狩猟の番人)が住んでいたので、Keepers Cottage という名前で呼ばれています。
Gamekeeper というのは貴族などが所有する土地で 雉などの Game (狩りの獲物の総称)を管理する職業をいうのですが、それにしてもイギリスには何とも不思議な職業があるものです・・(しみじみ・・)。


ところで・・
我が家の台所の梁には、一体何を吊るすんだろう・・な「巨大なフック」が大きなネジで固定されています。
かつては狩りの終わった狩人たちがお礼の獲物をここにぶら下げて帰ったのだそうです。
今はカワユク(←死語です~)アンティークのバスケットが揺れていますが、その昔は雉などのゲームがブラブラしていたに違いありません・・(ホラーですぅ~)。


イギリス人の友人によると、雉はぶら下げたまま放置しておくと風味が増す上自然に羽も抜けて調理が楽なのだそうです。
友人曰く、腐る直前の独特な風味(もしかしたら腐っているかもしれません・・ )が最も美味しいのだとか・・。

独特な風味・・ ・・・汗
う~ん・・、やはり私は食べられそうにありません・・。



sIMG_6526.jpg

何を吊るすんだろう・・なキッチンの「巨大フック」。

sIMG_6532_20071027091521.jpg

敷地内にある「離れ」。
イバラがはびこり、まるで「眠り姫」状態です(笑)。

sIMG_6530_20071027091549.jpg

離れの「どっぽんトイレ」。
100年以上前のものなので、これも「アンティーク」と呼ぶのでしょうか(笑)?


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.05.21 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

野良孔雀(?)に遭遇

家から半径1km以内で遭遇した生き物たちです。

sIMG_6414.jpg

孔雀

家の近くの空き地で不思議な生き物を見てしまいました ・・・汗
いえ、その生き物自体は不思議でも何でもないのですが・・。
どこかのお宅から逃げてきたのでしょうか?
それとも野良??
う~ん、謎です・・。



sIMG_6460.jpg

キジ

家の周りで最も頻繁に遭遇する生き物です。
見ない日はありません。
日本のスズメやカラスよりもよく見かけます(笑)。
我が家はキジの狩場の中にあるので、当然と言えば当然なのですが・・。
何しろ我が家は通称「Keepers Cottage」、本来は狩りの番人(Gamekeeper)が住む為の家です。
今でもキッチンには当時の名残の 「巨大フック」 ・・が天井から下がっています。
狩人たちは狩りが終わると、お礼の獲物をこのフックに引っ掛けていったそうです。
(想像するとホラーです~)



sIMG_6476.jpg

怪しい魚

庭の池の怪しい魚の写真なのですが、背ビレと尾ビレがオレンジ色なのがわかるでしょうか?
蛍光オレンジ・・怪しすぎです~(笑)。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.05.20 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

高級食材「行者にんにく」がイギリスでは採り放題!

高級食材、行者にんにくが採り放題です~。

オットの同僚2人が家族と一緒に遊びに来てくれたので、大人6人と子供3人の総勢9人で行者にんにく狩りに出かけました。
メンバーは全員日本人です。

実はモモのお散歩コース(家の前から続くフットパス)に行者にんにくが群生している秘密の場所(?)があるのです~。
日本では一束500円程で売られている・・らしいのですが、ここイギリスでは食べる人は稀なので濡れ手に粟の採り放題。
見渡す限り、行者にんにくしか生えていません。
毎年この状態を見る度に、もしこれを日本に輸出できたらワタクシも行者にんにく長者かも・・などと思ったりします(笑)。

行者にんにくですが、
味もカタチもニラに良く似ているのですが、煮てもクタッとならないので(ニラよりも)扱いやすいように思います。
私の一押しメニューは、「行者にんにくシャブシャブ」。
モチロンお肉も入れますが、メインは行者にんにくです。
お肉の量の4倍くらい行者にんにくを食べます。

時にはお肉無しでも食べます(笑)。



sIMG_0982.jpg

見渡す限り、行者にんにくです~。


sIMG_0995.jpg

秘密の場所(?)の近くを流れる川。


テーマ:カントリーサイド/カントリーライフ - ジャンル:趣味・実用

2007.04.28 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

雨の日のお散歩 ~蝋引き加工の帽子~

ボーダーコリーの仔犬の写真
<我が家のワンコ モモ(ボーダーコリー)の子供時代の写真>

朝から雨です・・

昨日の続きの草むしりをしようと思っていたのに、今日は朝から生憎の雨・・。
ワンコのお散歩は雨でも「エイヤッ!」・・と行けるのだけれど、草むしりはどうにもやる気が起こりません。


ところで・・
雨の日のモモお散歩は、余程激しい雨で無い限り私は蝋引き加工された帽子を被っただけで出かけてしまいます。
傘は無し。
ロンドンなどの都会はわからないのですが、この辺りでは雨が降っても傘をさしている人と会うのは稀です。
人々は傘などささないことが当然・・といった面持ちで悠然と歩くのです。
モチロン、私とモモも・・(笑)。


・・とはいうものの、
雨の日のお散歩から戻った私たちは、揃ってバスルームに直行です~??? 絵文字名を入力してください


sIMG_5617.jpg
<お散歩用の蝋引きの帽子>


sIMG_5624.jpg
<モモのおやつイロイロ>


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

2007.04.23 | コメント | トラックバック | カントリーサイド

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


10 ≪ 2017/1112
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png