FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
店長宅の ガーデン

イギリスのビンテージカー(レトロカー)~キャンピング・トレーラー~

sP1340120_c.jpg

何年か前に「my cool caravan」という本を読んで以来ずっと憧れていた、ビンテージキャラバンが我が家にやってきました 😍
私の本当のお誕生日からは2か月ほど過ぎていますが、(オットは毎年このくらいの時期にプレゼントをくれるので)きっとバースデープレゼントに違いありません(笑)。

キッチン部分の改装はこれからですが、とりあえず壁の塗り替えや床の張替え等の内装が終わったのでお庭でプレ完成の乾杯🍸
(ここからの眺めは格別で、地平線の先に山が見えるのです~)

💡
キャラバンは日本では”キャンピングトレーラー”と呼ばれているようです。
中にはキッチンやベッド、クローゼットテーブル等が備え付けられていて、動くお家というイメージです。


sP1340096_c.jpg

辛口のモエ・エ・シャンドン、かな~り好みです💕
(シャンパンは合わせる料理を選ばないので便利です~)


お気に入りのお出かけスポットや観光地

イギリスのパブ付きキャンプ場はいかがですか?

今年最初で(たぶん)最後のキャンプです~。

お友達ファミリー4家族、総勢12人でキャンプに繰り出しました。
心配していたお天気も日ごろの行いがヨイせいか(?)大快晴!
でも1日の中に四季がある・・というほど変わりやすいイギリスの天気。
最後まで気は抜けません!(笑)


さてさて・・
今年お邪魔したキャンプ場はイギリス人のお友達が2週間前に行って良かったよ~と教えてくれた、入り口にパブ※のあるキャンプ場。
ワタクシたちはパブには行きませんでしたが、飲兵衛の多いイギリス人的にはキャンプ場の入り口にパブ・・は相当ポイントが高いようです(笑)。
(次回はぜひパブで飲んでみたいです~)
※パブはパブリックハウスの略で、気軽にアルコールや食事をとることができるもう一つの我が家的な場所。

もっともパブを抜きにしても、キャンプ場の敷地内に小川が流れていて水遊びができたり家から車で1時間もかからずに行けたり・・と環境もアクセスもグッドグッドなのです~。
トイレと洗い場はモチロン、(有料ですが)シャワーも完備。
ミドルなお年頃のワタクシは連日の寝袋に耐えられそうもありませんが、お若い方ならそのまま住めるカモ?


そういえば・・
去年のキャンプ場はウサギ穴※があちこちにあって、思わず(ウサギ穴ではなく)妄想の世界に落っこちてしまいましたが、キョロキョロ・・、今年のキャンプ場には一つも見当たりません。
足元を気にせず歩けてそれはそれでヨイのですが、なんだか少し寂しいのはなぜでしょう(笑)。
※ウサギ穴は“不思議の国のアリス”のアリスが落ちた穴で不思議の国へつながっているのです~

去年行ったキャンプ場は≫

おっと!お話がそれてしまいました。
心配していたお天気ですが、天の川が見えるほど夜まで大快晴でした。
満天の空の下美味しいお酒をしこたま頂き、ほろ酔い気分でテントでグースカ(←死語デスカ?)。
やはり日ごろの行いが・・な~んて思っていたら寝ている間に雨が降り、出しっぱなしのイロイロがずぶ濡れになってしまいました・・ ・・・汗


うっく・・(死語です~)
やはりイギリスの天気は侮れませんデス!



今回行ったキャンプ場
名前: The GREEN CARAVAN PARK
住所: Wentnor, Bishop's Castle, Shropshire, SY9 5EF
電話: 01588-650605
HP : www.greencaravanpark.co.uk


sP1000694.jpg
朝食のベーコンエッグバーガー用の目玉焼き。壮観です~(笑)。

sP1000697.jpg
完成です~!
前日食べ忘れたソーセージもはさんでいます(笑)。
ベーコンと卵とソーセージ・・?
この組み合わせってどこかで・・??
おぉぉ~っ!
コレに“トマト”と“マッシュールーム”が加わったら“イングリッシュ・ブレックファースト(英国式朝食)”じゃあ~りませんか?!(←死語デスカ?)

イングリッシュ・ブレックファースト(英国式朝食)についての記事は≫


sP1000698.jpg
さすがお天気が変わりやすいイギリス。雨です・・。しかも大雨・・。

sP1000689.jpg
最近気に入ってよく飲んでいるシャンパン(向かって右)とシャンパンと同じ製法(ビンの中で2次発酵)で造られたフランスのスパークリングワイン(左)の味比べです~。
シャンパーニュ地方で造られていないのでシャンパンを名乗ることはできませんが、同じフランス製で製法もシャンパンと同じ。
期待できますぅ~。
しか~も!お値段は写真のシャンパンの1/4(笑)。

sP1000688.jpg
シャンパン
やや辛口。すっきり美味しいですぅ~。
★★★☆

スパークリングワイン
優しいお味。クセがなくて飲みやすいです。
味に複雑さがなくパンチには欠けますが、このお値段でこのお味なら「余は満足じゃ~」(←死語ですね ・・・汗
★★★☆

★は最高で5個ですが、あくまでワタクシの好みです。
時々同じ銘柄のシャンパンでも星の数が変わったりします(笑)。



該当の記事は見つかりませんでした。