案外お安いイギリスのクラシックカー!?

20171021_1.jpg

▲日本円で150万円くらい

インスタのフォローワーさんの写真で”英国フェア”なるものを知りました。

ハッシュタグによると阪急梅田で行われていた催し物のようで、そこにはイギリスよりもイギリスっぽい雰囲気が濃厚に漂っておりました。
その中でも特に目を引いたのがゲートらしきものの前に停まっているクラシックカーの写真で、眺めているうち不思議な親近感が・・。
こんな感じの車を以前よく見ていたような・・

えーー(この間、およそ2分半)ーー・・っと、・・そうです、そうです、そうでした!

5年くらい前にクラシックカーLOVEのお客さまのご依頼で、カーオークションに足繁く通っていた・・なんていうことがありました(遠い目・・)。
道交法だったか排ガス規制だかの関係で、そのお客様は輸入を断念されましたが・・。

意外かもしれませんが、イギリスでクラシックカーはそれほどお高くありません。
(写真の車で£10,000、日本円にして150万円くらいです)
古い物を大切にする国民性ゆえか、コンディションも良いものが多いです。
・・というか、普通にちゃんと走ります(笑)。

メカに強いアンティーク好きの皆さ~ん、次の車にクラシックカーはいかがでしょう??


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2017.10.21 | コメント | トラックバック | 暮らし 日常のイロイロ

イギリスでオークション~トイ&ドール(おもちゃと人形)~

やってきました、オークション にかー!

今回は「Toys & Dolls (おもちゃ&人形)」専門のオークションです。
ドールハウス用の家具や小物が出品されると聞いて、始まる前からドキドキ・・。


まずは併設のカフェでお茶をしながら、カタログ片手に入札予定商品を入念にチェック!
ここまでなら・・というラインを予め決めておく為の作業なのですが、オークションが始まると
我を忘れてついうっかり ・・ということも多いです 汗


ラヴハート 
ペアちゃんたちカワユイし、ブリキのおままごとセットのぜひ欲しい!
もう完全に一消費者です(笑)。
アチコチから「私を連れて帰って は-と」の大合唱が・・。
バイヤーのお仕事をすっかり忘れ狂喜乱舞の一日でした。


さてさて・・
熾烈な戦い(?)も終わり、戦利品のブリキのおままごとセットを意気揚々とオットに見せたところ・・

またこんなもの買って・・。
いくつになったっけ?


いいんです!
見かけはオバさんでもココロ(だけ)は永遠の少女なんですぅ!



sR0016164.jpg
このコ、めっちゃ可愛かったです~。


sR0016161.jpg
写真のコたちではありませんが、ベアちゃんを5体連れて帰ってきたので近いうちにショップにお目見えすると思います~。


sR0016160_20081122122018.jpg
欲しかったのですが、あまりに高額で手が出ませんでした・・。
マニア、恐るべし!です・・。


sR0016159.jpg
好きな人は好きかも・・なドールたち。


sR0016211.jpg
この日はやっていませんでしたが、同じ場所で年に4回クラシックカーのオークションも行われます。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.11.22 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

イギリス人と紅茶 ~ボナムスのオークション in マナーハウス~

あのウワサは本当でした。

友人のアンティークディーラーSさんと一緒にイギリス最大のオークションハウスのひとつBonhams(ボナムス)のオークションの下見会に行ってきました。


午後12時、待ち合わせ時間に約束の場所に行ったのですが、Sさんの姿が見えません。
・・ふっと、ボナムスが臨時で開いているティールームのオープンエア席に目をやると・・
掌をヒラヒラさせているSさんが・・(笑)。

ワタクシが席に着くと挨拶もそこそこにSさんは「お茶、どう?」
閉館時間まであと4時間・・、お茶を頂いている場合じゃないような気が・・。
でも結局、Sさんお笑顔につられて紅茶をご馳走になりましたが・・。


さてさて・・
紅茶も飲み終わり、いよいよトレジャーハントの始まり!です。
・・と申しましても、本日オークションが行われるわけではありません。
あくまで今日は下見会。

カタログを見て興味を引かれた商品を、実際の目で見て触って、時にはサイズを測って・・、購入に(入札に)値する商品なのかどうかを入念に調べる日なのです~。
オークション当日は商品を見ることは出来ないので(オークションは庭に設置された大型テントで行われます)、充分な事前チェックはMUST!です。


キョロキョロ・・


ソファーやベッド、ワードローブなど思いつく限りの全ての家具、本、グラス、食器・、カトラリーetc.・・、壁の絵に至るまで目に付く全てにオークション用のNo.が付いていす。
無かったのは洋服や靴、宝石など身に着けるものくらい。
Sさんにお聞きしたところ、どうやらこのお屋敷の女主人はオーストラリア在住の男性と結婚しすでにオーストラリアに住んでいるとのこと。


う~ん・・
信じられない潔さです ・・・汗
もっとも彼女の前職はアンティークディーラーなので売り物(在庫)も混ざっているかもですが・・。


それにしてもヨイのでしょうか?
こんなに何もかも処分してしまって・・。
・・と思っていたら、
たしかに彼女も大金持ちですが、彼女の結婚相手は彼女の何倍も資産のある方なのだそうです。
(あるところにはあるのもです~)


突然Sさん、

あ・・豆電球
そろそろお茶の時間だよね。
行こうか?


な・・、なんですとーっ! 


・・が、
あまりに当然のようにおっしゃるものだから、つい行ってしまいました・・。
え・・っと、30分お茶をしたとして・・、今3時だから4時まで30分・・。
無意識にこんな計算をしてしまうのは、ワタクシがせっかちなのでしょうか?


ティールームは紅茶を飲みながらおしゃべりを楽しむイギリス人で満員御礼状態です。
このヨユーはいったいドコから?
日本人ならこんな時、時間ギリギリまで商品チェックに余念がないハズ(笑)。
なのに彼らときたら・・。


イギリス人はお茶の合間に仕事をしている・・というウワサは本当かもです。
まるでお茶を飲むのが仕事でその合間に他のことをやっているような感じです。
(念の為にティールームで閉館時間について訪ねたところ、今日は5時ですと言われちょっとホッとしたワタクシです)


???
全ての商品を見終わる頃、Sさんがミョーにそわそわしだしました。
時刻は4時40分。

急がなきゃ・・、・・とSさん。


ご察し通り本日3回目のティータイムでした(笑)。
5時にお店が閉まってしまうので急いでいたのです。


断言しますデス!
彼らは仕事の合間にお茶を飲むのではありません。
お茶の時間の合間に働いているのです~。



sR0014656.jpg

《オークションのカタログ £20(約4000円)》
カタログであると同時に入場券の役割も・・。(1冊で2人まで入場可)


sR0014740.jpg

立派なお屋敷です~。


sR0014762.jpg

車もオークションにかけるようです。


sR0014747.jpg

まずは紅茶を一杯アップロードファイル

お庭にテントが張られ、ボナムスが臨時のティールームを開いていました。
まずは紅茶を一杯・・。
写真の女性はSさんの知り合いのアンティークディーラーさん。
お隣の男性は彼女のお友達。


sR0014769.jpg

《ダイニングルーム》
いくつかあるダイニングルームの一つ。


sR0014783.jpg

《ウェッジウッドルーム》・・という名前のお部屋。


sR0014789.jpg

本日2杯目の紅茶アップロードファイル
午後3時のティータイムです は-と


sR0014793.jpg

《ライブラリー》
実は今回のオークションのSさんのお目当てはライブラリーのアンティークブックだったのですが、あまり状態が良くなくてガッカリしていました。


sR0014802.jpg

《ベッドルーム》
モチロンこの部屋のベッドも階段式のオマルもオークションに・・。
オマル(ポータブルトイレ)はビクトリア時代のもので2段目の階段を引き出して用を足すのですが、引き出せないようになっていました~(笑)。


sR0014806.jpg

《メインダイニングルーム》
向こう端がかすむくらい(?)巨大なダイニングテーブルでした。


sR0014828.jpg

本日3杯目紅茶アップロードファイル(笑)。


sR0014820.jpg

入札を迷っているアフタヌーンティー用のケトル。(ランプをセットして使用)


大きなお写真やその他のオークション写真をご覧になりたい方は、
イギリス写真館 の「ボナムスのオークションをご覧下さい。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2008.10.03 | コメント | トラックバック | アフタヌーンティー

イギリスで不動産(家)見学です~

不動産(家)を見に行きました~。

近くの家がオークションにかかる・・と友人から電話をもらい、オットと一緒に見学に行きました。
多分ビクトリア時代の家だと思う・・と聞いていたので、もう興味シンシン(笑)。
ビクトリアンハウス、ラブ ラヴ ハート なワタクシなのです~。
(現在住んでいるコテージもビクトリア時代に建てられました)


なんと!
今回は通常の販売ではなく、オークション形式なのだそうです。
オープンハウス(自由に家の中を見られる)は今日と明日(9・10日)の12~2時で、オークションは3月4日の夜7時から。
友人によると、オークションで家を処分するのは、急いでお金が必要な場合なのだそうです。

例えば・・
○住んいた方が急に亡くなった。
○住んでいた方が老人ホームに入ることになった。
○住んでいたカップルがお別れすることになったが、どちらも残りのローンを支払いたくない。
○家のローンが支払えなくなった。
                     ・・などなど。

さてさて・・
お家ですが本当に大きいです。
お家も大きいですが、お庭も広~いです。
お庭にはヨイ感じのグリーンハウスも建っています。
またお家の周りには用途不明な建物(馬小屋?)が3つ(4つだったかも・・)が・・。
1階には3レセプション(リビングルームが3つ)とキッチン。
キッチンの奥には秘密の小部屋(大部屋?)が2つ付いています。
2階にはベッドルームが4つです。

え・・っと、
日本式にいうと何LDKになるのでしょう?
(う~ん・・、表現する言葉が見つかりません・・)


ほんのちょっぴり曰く付き(?)物件ゆえ、オークションで予想されるお値段は通常販売価格の半額ほどの£200.000。
これはめちゃくちゃお得だと思いますデス。


そんなわけで、
若いカップルから子沢山ファミリーまで、とにかくオープンハウスは人で一杯。
皆さん、かな~り真剣にアチコチのチェックをしています。
目が合うとお互いこやかに微笑を交しますが、目が笑っていません ・・・汗


こ・・怖いですぅ・・  
ワタクシたちはスゴスゴ(←もしかして死語?)退散するでございます~。



sP1120397.jpg

建物は道路に面して建っていますが、玄関は裏にあります。


sP1120399.jpg

玄関ポーチ。


sP1120400.jpg

温室付きです。


sP1120401.jpg

向かって左手が外用のトイレ(ちゃんと水洗です)。
右は庭のお道具入れ・・でしょうか?


sP1120414.jpg

玄関ホール。


sP1120404.jpg

この家はリビングが3つあるのですが、その内の一つにグランドピアノがそのまま置き去りに・・。


sP1120406.jpg

キッチンのオーブンコンロ。
めっちゃ可愛いです。


sP1120408.jpg

キッチンの奥にはドアが2つ。
向かって左は半地下の食品庫。
右側も食品庫・・でしょうか??


sP1120410.jpg

左側のドアを開け、階段を数段下りると・・。


sP1120411.jpg

半地下室です~。
私の家にも地下室が欲しいですぅ。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.02.09 | コメント | トラックバック | イギリスの不思議

イギリスでオークション3

ssR0013096.jpg

3度目のオークションです。
アンティークディーラーSさんに連れられ、またまたオークションに行ってきました~。(1回目と同じ会場です)

にこ 2度目のオークションは こちら です。 


3度目ともなるとワタクシも場の雰囲気に慣れ、あっちにウロウロこっちにウロウロ・・、会場を自由自在に歩き回れる余裕が出てきました。
トイレの場所だって、もうバッチリ(←死語デスカ?)です
(年のせいか、トイレが近いのですぅ~)


さてさて、オークションですが・・
前回前々回と同様、今回もガラクタからアンティークまで何でもあり~・・の宝探し気分を思い切り満喫できる、血湧き肉躍るめっちゃ楽しいオークションでした~ にかー!
ワタクシもノートとペンを片手にルンルン(←完全に死語です~)と会場を回り、気になる商品の番号を控えていきます。


そういえば・・
会場に入って真っ正面の壁に鎮座した掛け軸を筆頭に、なぜか日本のアンティークもチラホラ・・。
しかも素人目にも価値がありそうなものばかり・・。
こんな田舎で一体なぜ?



Sさんの戦利品リスト

鎧兜の武将の絵が描かれた大皿
浮世絵っぽい絵の描かれた花瓶
久谷焼きの小さな花瓶×2

今回のSさんの戦利品は、全て日本のモノ。
もしかしてSさん、日本贔屓なのでしょうか?



ところで・・怪しい英語 を巧みに操るワタクシですが、

日本語もソレに負けないくらい怪しい
です・・


どうかワタクシに漢字の意味を尋ねない下さい~っっ
Sさん、お願いプリーズですぅ・・ ???絵文字名を入力してください




ssR0013099.jpg
私の今回の戦利品。ビクトリア時代の小さな瓶イロイロ。

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.09.10 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

イギリスでオークション2

アンティークディーラーSさんと2度目のオークションに行ってきました。

新品からアンティーク、そして使えそうもないガラクタまで・・、何でもアリのオークションです。

初オークションについてお知りになりたい方は・・
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=508677867&owner_id=11162351


会場は3つ。
野外に1つと室内に2つ。
3つのオークションの内、2つは同時進行なのだそうです。
(忙しそうです~)


sR0012250.jpg


さて・・
まずは腹ごしらえです~(笑)。
私たちは会場内にあるカフェ(売店?)でコーヒーとサンドイッチを買って、店の前のベンチでモグモグ・・。
食べながら、Sさんのウンチクに耳を傾けます。
(Sさんは教えたがりの素敵なオジさまなのです~)
Sさんがおっしゃるには・・、
このオークションは良い時と悪い時の差がめっちゃ激しいのだそうです。


え・・、
今回のオークションですか?
どうやら「rubbish(ガラクタ・ゴミ)」・・らしいです(笑)。
Sさん、がっかりした表情で「rubbish」を連発していました。


ところで・・
この日はお天気も良かったので、オークションへの参加を取りやめた私たちは野外会場に置かれた出品商品「ピクニックベンチ」に移動してのんびりとコーヒーをすすっていたのですが・・、このピクニックベンチも勢いよく腰掛けたら「ベキ・・ッ!」・・といきそうな感じで、誰が見ても完全に「rubbish(ガラクタ)」でした(笑)。


ピクニックベンチ、売れたのでしょうか?
もし売れたのだとしたら、一体どんな方が買われたのでしょう??
うー・・、気になりますぅ~(笑)。



sR0012247.jpg

Sさんのお店の入っているアンティークセンターで待ち合わせです。
彼のお店に通じるこの階段、お気に入りの場所なのです~。


sR0012248.jpg

イロイロなものが出品されています~(笑)。


sR0012251.jpg

アンティークもガラクタもごちゃ混ぜです。


sR0012252.jpg

この古い扉、ちょっとココロ惹かれました。
「家からちょっくら外してきました~」・・に見えるのは私だけでしょうか(笑)。

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.08.29 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

祝・初オークション

下がったり 手書き風シリーズ矢印下 上がったり 手書き風シリーズ矢印上 上がったり下がったり 手書き風シリーズ矢印上 ・・でまた上がったり 手書き風シリーズ矢印下

まるでジェットコースターみたいです ・・・汗
もしかして神様に試されているのでしょうか?


先週木曜日、Sさんのお店が入っているアンティーク・ショップに行った時、とても私好みのカップボードを見つけました。
時代はビクトリア時代後期、我が家と同じくらいの年齢です。

う~・・
可愛い、欲しい~、でも高いですぅ~ 手書き風シリーズ矢印下


結局・・
悩んでいるうちにアンティークショップが閉店してしまいました。
この後、Sさんのお店で「オークション」の話で盛り上がり、近いうちに一緒に行こうというハナシになったのですが・・、Sさんと私の予定が上手く合わず・・


週が明けて、月曜日。
やっぱり欲しい!
どうしても欲しい !!


量産体制が整った(?)1930年以降のモノならまだしも、100年以上前のモノになると、次にお会いできるのはいつになるかわかりません・・。
アンティークは一期一会なのです~


お店に着くと・・
おぉぉ~手書き風シリーズ矢印上
£20(日本円で5000円ほど)値引きになっています。
ちょっと嬉しい


ところで・・
今日は月曜日、Sさんはいらっしゃらない日です。
彼のお店の商品ではないので、ワタシ的にはその方が都合がヨイのですが・・
「?????」
なぜかSさん、レジで支払いをする私に向かって手のひらをヒラヒラさせています。


聞くとSさん、この近くで急なお仕事が入り、ここから10マイルの場所で開催される(本当は参加予定ではなかった)オークションに急遽参加をすることにされたのだとか・・。

はい~
モチロン、私も誘って頂きました 手書き風シリーズ矢印上
祝・初オークション!です~。

先週木曜日、オークションについての講義(?)は受講済みなので、知識はバッチリ(←死語デスカ?)です。


さて・・
私が選んだのは、「野菜ラック(アンティークと呼べるほど古くはないです~)」です。
とても私好みで可愛いのですが、ただ一つ(大きな)問題が・・。
実はこの商品、全然私の趣味ではない椅子やテーブルなどと5点一緒に出品されているのです・・。

でも欲しいのは「野菜ラック」だけ・・。
悩んだ末に、Sさんの「必要ないモノは後でオークションに出品すればいいのでは?」・・に納得して入札をすること決定ーーっ!


その商品がオークションにかかるまで随分時間があったので、私達はお隣の部屋でコーヒーとサンドイッチをいただきながら待っていました。
・・が
待ちすぎて、気が付いたら“野菜ラック”は他の方が落札されてました・・ 手書き風シリーズ矢印下
Sさんのお話が面白過ぎるのがいけないのです~(くすん・・)。


??
気が付くと、Sさんの姿が見えません。

な・・なんと!!
Sさんが“野菜ラック”を持って再登場です~
例の「5点セット」を落札された方は、「野菜ラック」はお好みではなかったらしく、私は(オークションで)考えていた価格よりもグッとお安く、しかも欲しかった商品だけを手に入れてしまいました~ 手書き風シリーズ矢印上


とりあえず・・
神様、感謝!ですぅ~ にかー!




sIMG_9860.jpg

ビクトリア時代後期のカップ・ボードです。


sIMG_0230.jpg

結局どうしても欲しくて、買っちゃいました~(笑)。
手持ちのチェストの上に置いてみました。んー・・、ヨイ感じです~。


sIMG_0213.jpg

野菜ラック。初オークションの戦利品(?)です~。

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.07.23 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティーク

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


10 ≪ 2017/1112
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png