FC2ブログ

英国王室御用達のチョコとカップで至福の時♡

20180214.jpg

さぁ、今日はどのコにしましょうか?
1客ずつじっくり集めたお気に入りを眺めながら悩むのは、至福の時でもあります。

様々な時代の人々と数え切れない寛ぎの時間を分かち合ってきたアンティークのカップたち。
その中から今日私が選んだのは、カップを口元に運ぶ度にカップ内側に描かれた可憐な花々が見え隠れする、英国王室御用達の陶器ブランド”ロイヤルアルバート社”のコーヒーカップ。

コーヒーのお供はこちらも英国王室御用達で、毎週バッキンガム宮殿に納められているというCharbonnel et Walker(シャルボネル エ ウォーカー)のチョコレート。
カカオの濃厚な味わいと軽い後味が魅力です。

このチョコレートほんの少しお高いのですが、本当に美味しい!
Charbonnel et Walkerのチョコレートは日本でも買えるので、バレンタインデーの本命チョコにぜひ💕


ロイヤルアルバートとは・・

1896年にトーマス・ワイルドとトーマス・クラーク・ワイルドの親子により、陶磁器の街として有名なイギリスのストーク オントレントで創業。
社名の「アルバート」はビクトリア女王の夫アルバート公と彼らの孫アルバート・ジョージ王子(後のジョージ5世)から拝借したもの。
創業翌年の1897年にビクトリア女王即位60周年の記念品を依頼されえるという幸運に恵まれ、1904年には英国王室御用達の証であるロイヤルの称号を与えられロイヤルアルバートとなりました。


テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2018.02.14 | コメント | トラックバック | お仕事 アンティークで作るテーブル

キリスト様もビックリの復活祭?!~イースターエッグはチョコレート♪~

一ヶ月ぶりのイギリスです~。
(日本へお出かけしていました)

日本のような日々の刺激や便利さはないけれど、クリスマスやイースター等の年中行事・・、そして何よりも春の訪れを心待ちにする地味だけれども温かい暮らし。

イースターといえば、実はワタクシ、正にイースター当日にイギリスに戻ってきたのですが・・
何か美味しいものでも・・と迎えに来てくれたオットとスーパーマーケットに寄ったところ、まだ夕方だというのにお店はすでに閉まっていました(笑)。

うっかりしていました!
日本では日曜祭日・・特にクリスマスなど売上が見込める時は営業時間を延長するのが常ですが、ここイギリスではいつもより早く店じまいをするのがフツーだということをすっかり忘れていました。

ちなみに・・
イースターは十字架に掛けられ死んだキリストが3日後に復活したことを記念するお祝いで、イメージキャラクター(?)は多産な動物うさぎちゃんです。
またイースターの飾り付けに欠かせない色とりどりに彩色されたイースターエッグは新しい生命の象徴なのだとか・・。

もっとも・・
近年では本物の卵ではなく、チョコレートで作られた卵を飾ったり贈りあったりしています。
この時期のイギリスのチョコレート売り場はまるで日本のバレンタインデーのような感じ・・、いえ、老若男女国民総動員(?)な分、日本のバレンタインデーよりすごい事になっているかもです。

それにしても、キリストさん。
まさか2千年後にチョコレートの売り上げに貢献することになろうとは、思いも寄らなかったに違いありません(笑)。


sR0020061.jpg

小さなお友達から手作りバスケット入りの卵をプレゼントされました
もちろん卵はチョコレート(笑)。
うさぎちゃんはHちゃんからのプレゼント。


テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

2010.04.07 | コメント | トラックバック | イギリスの行事やイベント

変わりゆく味覚~イギリスのケーキは美味しい?~

嗜好や味覚・・というものは、年齢や食習慣によって変化していくものなのですね(しみじみ・・)。

最近、ウィスキーの水割りラブ は-と ・・なワタクシです。
ウィスキーの水割りはオジさまの飲み物・・と思い込んでおりましたが、これがなかなか美味しい(笑)。
ン十年ぶりにウィスキーの水割りを頂く機会があって発見!
若い頃、父に連れられて行ったクラブ(若い方の行く「クラブ」とは別モノです~)で頂いたときには全く美味しいと思わなかったのに、う~ん・・、不思議です。

子供の頃美味しいと思わなかった、例えばビターチョコレートのような食べ物が大人になって美味しく感じるのと似ているような・・。
苦味の中に感じる甘さや旨みが心地良いと申しましょうか・・。

そういえば・・
イギリスに住み始めた頃、イギリスのケーキは甘すぎて食べられませんでした( ・・・ 遠い目・・)。
甘過ぎて口の中が痺れ、甘味以外の味覚(旨みや酸味など等)を全く感じられないほど(笑)。
(甘味を抑えたケーキが主流な日本では考えられないかもですが、こちらのケーキは飽和状態までお砂糖が入って入るので頬張ると口の中がジャリジャリします)

・・が、

慣れというのは恐ろしいものです。
イギリス生活も10年を迎え、今では甘さの中に隠された(?)ビミョーな旨みやフレーバーを感じることが出来るようになっただけでなく、イギリスのケーキが美味しい は-と とさえ思うワタクシです~。


sR0010258.jpg
「Glenfiddich」のウィスキーの12年・15年18年モノを飲み比べ~。


テーマ:イギリス食生活 - ジャンル:海外情報

2008.12.29 | コメント | トラックバック | ちょっぴりディープなイギリスの話

お菓子の自動販売機 in イギリス

グッドタイミングですぅ!
丁度小腹が空いていたところでした~。

ここはDIYセンターの一角・・。
お馴染みのコーラの自販機の隣にあるのはクリスプス(イギリスではポテトチップスの事をこう呼びます)やチョコレートなどの菓子類を扱う自販機。
コインを入れてボタンを押し・・


・・と

ここで素朴なギモンが・・。
日本の自販機でポテチって買えたかしらん?
イギリスでは菓子類が買える自販機は一般的ですが、日本で見た事はないカモカモ。


そういえば・・
この手の自販機って大抵レジを出たところ・・に設置してあるのですが、これがなかなかクセモノなのです~。
イギリスに住み始めた年、最初の半年で5キロも大きくなってしまった原因はこの手の自販機と自制心の欠如のせいでした・・ ( ・・・ 遠い目・・)
(自制心のないワタクシは、その後5年で13kgほど大きくなりました・・ ・・・汗


最近またジワジワと大きくなりつつあるワタクシ・・。
レジ横の自販機には要注意!なのですぅ~ !絵文字名を入力してください



3年半前、ココロを入れ替えダイエットに励んだ結果、めでたく15kgの減量に成功しました~。
豆電球 ワタクシのダイエットについてご興味のある方は こちら をご覧下さいマセ。


sR0010903.jpg

<店の中に設置された自動販売機>


sR0010904.jpg

向かって左側はチョコレートやポテトチップスなどの菓子類、右側はお馴染みコカコーラの自販機。


sR0010907.jpg

お菓子の自販機ではこんなものが買えます~。

テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.07.01 | コメント | トラックバック | ちょっぴりディープなイギリスの話

イギリスの伝統的なデザート ~トライフル~

不思議な味わいのプディング(デザート)、「トライフル」。

トライフルは大きな入れ物に作って取り分けて頂くスタイル・・が一般的な、イギリスの伝統的なプディング(デザート)です。
慣れるとクセになる美味しさ(?)なのですが、初めて頂いた時は衝撃!でした ・・・汗


作り方を簡単に申しますと・・
大きな容器の底にまずフルーツゼリーを作りその上に薄切りにしたスポンジケーキを乗せ、軟らかめ作ったカスタードクリームを流したら(甘くない)ホイップクリームを絞って出来上がり~!
めっちゃ簡単(単純?)です。


・・が、 

ゼリーやカスタードクリームなど馴染みのある食材だけで作らているにもかかわらず、今までの人生で出会った事のないお味と食感(笑)。

口の中で甘~いゼリーのチュルリンと甘~いカスタードクリームのトロリン・・が甘くない生クリームで中和され、そこにスポンジケーキのモソモソ(イギリスのスポンジケーキは日本の物みたいにしっとりしていません)が絶妙なアクセントとなってグッドな(キミョーな?)ハーモニーを奏でます。


本物のフルーツやリキュールを使った高級バージョントライフルもあるのですが、基本的な構造が同じなので(フルーツゼリー+スポンジ+カスタードクリーム+生クリーム)、高級バージョンとはいえ不思議な味わい&食感は変わりがません(笑)。
モチロン材料が高級になった分、お味は高級になりますが・・。


皆さまもイギリスの伝統的なプディング、トライフルをぜひお試し下さいませ は-と
おニュー(←死語です~)な世界がYOUを待っていますデス~ にかー!



sR0010916.jpg

<既製品のトライフル> 上から見たところ。


sR0010917.jpg

横から見たところ。
写真だとそんなに大きく見えませんが、直径17㎝くらいあります。ちなみにこれは6人用。


テーマ:イギリス生活 - ジャンル:海外情報

2008.06.28 | コメント | トラックバック | 伝統的な食べ物やレシピ等

荒廃した家の中

最近、家の中荒れてるねぇ~(しみじみ・・)

とうとうオットに言われてしまいました・・ ・・・汗
先週土曜日、オットの誕生日前日のことです。


最近、ありがたい事に買い付けのお仕事が多く、また新しいお仕事(オーダー食器)が始まりそうだったりで少しバタバタしていました。
お外仕事はるんるん(←死語です~)なワタクシですが、事務処理能力が限りなくゼロに近い為に家に帰ってきてから事務仕事に追われ、家事が(思いっきり)疎かになっていました・・。


ところで・・
今年4月、老後の楽しみ&平日お仕事でイギリスにいないオットへの日誌のつもりで書き始めたブログですが、最近は書きたいことはたくさんあるのに書く時間がないジレンマな状態(物理的な時間というよりも、ないのは「気力」かもです~)が続いています・・。


さてさて・・
とにかくこの荒れた状態をどうにかしなくては・・と、ものすごぉぉい勢いでお掃除(大掃除?)をした結果、どうにかフツーの状態でオットの誕生日を迎えることができました(めでたし、めでたし~)。


・・が、
今日、オットが出張から帰ってくるというので、何か作ろうかとガスをひねると・・、あれれ・・、火が付かないです・・。
(我が家のガスはプロパンなのですが、いつの間にガスが無くなってしまったのでしょう?)
そういえば・・
オットが出張に出てから、家ではチョコレートとコーヒーしかいただいていませんでした、ワタクシ。


(ふと、リビングに目をやると・・)
う・・うぎゃ、ぎゃ、ぎゃ、ぎゃ~っ! !絵文字名を入力してください

買い付けた商品が山積みです・・。
家の中が(またまた)荒廃してますぅ~




アップロードファイル オットの誕生日 アップロードファイル

sR0015262.jpg

オットの誕生日です~。


sR0015258.jpg

イヤになるほど食べてみたい~・・とオットにいわれ、「とんかつ」1kg揚げてみました~(笑)。
揚げている私の方がイヤになったかもです・・。


sR0015247.jpg

お馴染み(?)オットの好物「生ハム」。


sR0015249.jpg

「中華春雨」。


sR0015251.jpg

とんかつのお肉の切れ端で作った「トン汁」。


sR0015252.jpg

とってもイングリッシュな一品、「オニオンリング」。


sR0015257.jpg

「マーボー豆腐」


sR0015255.jpg

私の大好物、「ビクトリアンケーキ」。


sR0015272.jpg

ビクトリアンケーキとコーヒー。
日本だと紅茶マシーンとして知られているこの「銀色の物体(日本だと透明)」ですが、イギリスではこれはコーヒー用なのです~。


テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

2007.11.15 | コメント | トラックバック | 店長宅の ごはん

アフタヌーンティーの真実!?

sR0013426.jpg

↑ダイニングとして使用していますが、本来はスィティングルームです


少し年上のお友達を招いて、アフタヌーンティーパーティーを開きました。

午後1時スタート・・とアフタヌーンティーにしては少し早い始まりだったので、お招きした皆さんにはお昼を抜いてきて下さるように事前にお願いしておきました。


シルバーの3段のケーキスタンドにサンドイッチとスコーン、そして生クリームをはさんだクッキーには粉砂糖をふんわりと振って・・。
スコーンにはクロテッドクリームとジャムを添えます。
ケーキスタンドに鎮座するのは、ビクトリア女王が大好きだったというビクトリアンケーキ(ビクトリアンスポンジ)。
ミルクとお砂糖たっぷりの紅茶を頂きながら、遅い午後にスタートする女性の社交場、アフタヌーンティー。

おぉぉ~
これぞまさにワタクシたち日本人がイメージするアフタヌーンティーです~ にかー!


ところが・・
実は現代の一般的なイギリス人の間には、私たち日本人が憧れイメージするようなアフタヌーンティーの習慣は(全く!)ありません・・

モチロン・・
イギリス人の皆さんはスコーンを頻繁に食べますし、スコーンにはジャム・・そして時にはクロテッドクリームを添えることもあります。

・・が、決してサンドイッチやスウィートと共にスコーンを3段のケーキスタンドに盛ってサーブしたりはしないのです~。


友人のイギリス人Hちゃんに尋ねたところ、家でアフタヌーンティーをする習慣を持っていたのは、彼女の祖父母(ビクトリア時代に生まれた親を持つ)世代が最後のようです。
アフタヌーンティーは前時代的な習慣なのです。

彼女いわく、(上流階級の方々はわかりませんが)庶民は自宅でアフタヌーンティーパーティーを開いたりはしないそうです(笑)。


う~ん・・
イギリスの「アフタヌーンティー」は、日本の「茶の湯」に似ているような気がします。
日本人なら誰でも「茶の湯」を知っていますが、ほとんどの日本人は家でお茶を点てたりはしません。


つまりワタクシのやったことは・・
イギリス人がイギリス人を招いて茶事を催すようなもの・・ ・・・汗

ガビー・・ン! (←死語です~)



sR0013427.jpg

ティーセットはすべて私の大好きなウエッジウッドのクイーンズウェアです~。


sR0013430.jpg

ケーキスタンドにサンドイッチ・スコーン・クッキーを盛って・・。


sR0013431.jpg

私の大好物、ビクトリアンケーキです~。
ケーキスタンドはスタンドの下に台のついた珍しい形。アンティークです。


テーマ:簡単おもてなし料理&デザート - ジャンル:趣味・実用

2007.09.22 | コメント | トラックバック | アフタヌーンティー

コンテナ出荷の最終チェック・・

sIMG_6253.jpg

古コンテナで一時的に保管された商品たち。


とうとう・・です。

イギリスで買い付けたアンティーク家具やオーダーパイン家具・・を載せた船は、今週土曜日にイギリスの港を出港して日本へと向かいます。


ところで・・
土曜日出航の船に商品を載せるには木曜日にはコンテナに商品を積まなくてはなりません。
アンティーク家具は何の問題もないのですが、問題はJさんの作るパイン家具です。
品質は素晴らしいのですが、何しろJさんは納期が・・。
実は今日(火曜日)の段階でまだ出来上がっていない商品があるのです。
木曜日・・、どう考えても(何度考えてみても)明後日です。
Jさんの希望で積み込み作業は朝の9時から・・です。
残りの商品は明日下請けさんから届くらしいのですが、明日塗料を塗って本当の本当に乾くのでしょうか?


コンテナはすでに予約済みです。
もうJさんを信じるしかないです・・ ・・・汗
(信じ切れないけれど・・)



sIMG_6261.jpg
 
お気に入りのチョコバー。
でもなぜか日本の友人たちには不評です・・。


sIMG_6263.jpg
 
実物はこの1.3倍くらいの大きさです。
ぬちゃ~っと美味しいのですぅ~。


sIMG_6272.jpg

エコバック


やじるし↑
写真のエコバックは先週行ったアンティークショップでゲットしました~。
古いものではないですが、レトロな感じがカワユイです
お店の方のお話だと「PUKKA」はインド語で「GOOD」なのだそうです。


今日の気分は「PUKKA」とはいきませんが、お気に入りのチョコバーをおやつに頂いて、少しだけ気分が上がった 上 かも・・(笑)。

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

2007.05.15 | コメント | トラックバック | お仕事 おしごと

«  | ホーム |  »

プロフィール

名前: ヴィクトリアンキャット
P1000087s1.jpg
性別:♀
年齢:アラフィフ
家族:犬猫・オット

イギリスでアンティークの買い付けとオーダー家具の受注のお仕事をしています。

私が店長を務める ヴィクトリアンキャット アンティークス にもぜひお立ち寄りください。

 

テレビで紹介されました



読売テレビさんに当店を取り上げていただきました。
上のビデオはさわり部分を5分程度にまとめたものです(初期設定では音声をOFFにしてあるので、ビデオ画面になったら左クリックをしてください)。

詳しい番組内容はグッ!と地球便の番組HPをご覧ください。

 

日記のカテゴリー

 

各月の日記

月を選んでクリックしてください ↓


07 ≪ 2018/0809
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

©Plug-in by ASIA SEASON

           

記事に関連するタグ

 

RSSフィード

 

このブログのQRコード

QRcode.png